2019年12月26日(木)に全国で部分日食が観察できます!

2019年12月26日(木)に全国で部分日食が見られます。
食分は東京で0.39 太陽面の27%が月に隠されます。午後2時半ごろから始まり午後3時半ごろに最大食となり、16時30分ごろ日食が終わります。静岡から新潟より東の地区では、太陽が欠けたまま日没となる『日入帯食』となります。そこより西側では、日食の全経過が見られます。欠けたまま山並みに沈む太陽は、良い被写体になるでしょう。

この日食、日本では部分月食ですが、中東からインド、東南アジアでは金環日食となります。その地域にお住まいの方は特に見逃さないでください。アラブ首長国連邦の首都ドーハや、シンガポールなど、人口密集地域を通るので多くの人が金環日食を楽しむ事でしょう。
金環日食は、太陽と月が地球から見て完全に重なりますが、月の方が太陽より小さいため太陽が月の淵からはみ出て、輪ゴムのように見える日食です。皆既日食のように、太陽面が全て月に覆い隠されて、光がほとんど完全に遮られ空には星が輝きだし、真珠色のコロナや鮮紅食のプロミネンスが見えるようなドラマッチクな感動はありませんが、それでも見える地域の方にとっては、とても印象深い天文現象になるでしょう。

日食の観察には特別な注意が必要な事を書き加えておきます。日食メガネ(太陽を安全に観察するための専用の遮光メガネ)をお持ちでない方は、肉眼での観察は絶対にやめましょう。また日食メガネをお持ちの方も、古いものは遮光フィルターが劣化し濃度が薄くなっている場合もありますので、できれば望遠鏡販売店や量販店で新しいものを買い直した方が安全です。

日食メガネを入手することが出来なかった方でも、安全に観測する方法があります。

国立天文台の『日食の観察方法』をご覧ください。注意点とともに、日食メガネなしで安全に観察する方法が書いてあります。
https://www.nao.ac.jp/phenomena/20090722/obs.html

『警告』
また弊社の天体望遠鏡、ラプトル50、ラプトル60、アトラス60、アトラス80、SD-80ALでは、いかなる太陽観察もしてはいけません。望遠鏡本体が
樹脂製なので、火災の恐れがあります。また失明の危険もありますので絶対に天体望遠鏡で観測を行わないでください。
望遠鏡で直接太陽を覗いたら、一瞬で失明するほどの熱と光が望遠鏡の焦点に集まります。弊社はいかなる望遠鏡や双眼鏡
での日食観察をお勧めしません。


どうしても望遠鏡で日食観察したい人は、科学館やプラネタリウムへ行きましょう!
博物館や科学館の先生が、望遠鏡で太陽を見せてくれる時は、何重もの安全策が取られていますから、望遠鏡で太陽の観測をしたい時は、そうした場所で見せてもらうのが一番安全です。

大沼 崇20191226日食修正





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
2020年初頭より、スコープテックの天文情報やリリースなどは、ワードプレスベースの新ブログへ移行します。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR