ふたご座流星群観測準備速報です。

ふたご座流星群 速報

今年はふたご座流星群は2晩に渡って楽しめそうです。
月が出るまでが、好条件ですが、月は大きく欠けているので月が出ても楽しめるでしょう。

一番沢山の流れ星が見えるのは、下記の時間帯 明日と明後日になります。

12月13日の夜から14日未明にかけて 東京月の出午前2時40分 日が変わった14日午前0時すぎからどんどん流れ星の数が増えます。
12月14日の夜から15日未明にかけて 東京月の出午前3時36分 日が変わり14日午前2時過ぎくらいから数が減り始めると思います。

本日夜も太平洋側は天候が良いですが、月が上がってくる0時44分より前ならば、上記2日程ではないですが、結構流れ星が見える筈です。

天候は冬型の気圧配置なので、太平洋側は13日夜半から14日明け方までは概ね雲に邪魔されることなく観測できそうです。14日夜から15日明け方は、日が変わるころから徐々に雲が増えてきそうな感じですので、夕食をたべたら観測を始めると良いと思います。

両日とも宵の口は、東の空を中心に、天頂にかけて、夜半は天頂付近、明け方は西の空から天頂を見ていると良いと思います。たくさん流れ星を見るには、できるだけ視界の開けたところで楽しんでください。

一番見える時間帯であれば、1時間あたりに見える流れ星の数は、1等星しか見えない都会の空で1から5個、3等星が見える市街地で1時間に5個から10個未満、4.5等星が見える郊外地で、10個から15個、6.5等星が見える星空の美しい理想的な観測値で、30個から多くて50個以上の流れ星が観測できると思います。

下記は晴れの区域が分かる卓越天気です。観測地を移動される場合の参考にどうぞ。日にちと時間をクリックする晴れの区域(オレンジ色)が分かります。

https://www.imocwx.com/guid.php?Type=0

12月の星空情報のブログにも、ふたご座流星群に関して詳しく書いてあります。
先月のメールマガジンを読んでいない方はごらんくさい!
https://blogs.yahoo.co.jp/solunarneo/56144409.html

国立天文台 ふたご座流星群情報ページ
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2017/12-topics02.html

抽選でプレゼントがもらえる、国立天文台のふたご座流星群を眺めようキャンペーン
見えなかった報告も立派な観察です。
http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/201712-geminids/

ぜひ皆さんでふたご座流星群を観察しましょう!

(株)スコープテック
代表取締役社長 大沼 崇







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR