明日は皆既月食!

明日2014年10月8日は、全国的に宵の口に皆既月食が見られます。
お天気も比較的良さそうなのでみなさん是非お見逃し無く。

皆既月食ですが、肉眼で楽しめるのはもちろんですが、ぜひ双眼鏡や望遠鏡でもご覧になってみてください。肉眼で見るよりさらに鮮明に色の変化や美しい色彩を楽しむ事が出来ます。

特に皆既中(月が地球の本影にすっぽり入る19時20分過ぎから20時30分の間)は月面が赤く美しく染まり特に見事な眺めに成ります。
特に本影に入る19時20分から19時30分ごろや本影から出る20時20分kら20時30分頃は本影半影の境界が月面にあり色の変化が激しく皆既月食のハイライトとも言える時間帯で素晴らしい眺めになりますので、じっくりと色の変化を楽しんで下さい。

また、今回は近くに太陽系の第七惑星天王星も月食中に月から1度内外の近くに居るので、見つけてみるのも良いでしょう。通常満月の近くですと天王星は月明かりに邪魔され見つけにくいですが、皆既月食中は満月の光は数百分の一まで暗くなるので見つけやすくなるのです。

皆既月食中に注目してもらいたいのは、月の周りの星達です。双眼鏡で覗くと皆既月食中の月の周りには沢山の星達を見る事ができます。これも通常の満月では見られない眺めです。星空の中にぽっかり浮かぶ赤い月はとても幻想的です。5倍から10倍程度の双眼鏡で良く見えますので是非ご覧になってください。

望遠鏡の場合も月がゆったり入る程度の、低い倍率で観察するのがオススメです。




部分食の始まり18時15分 皆既食の始まり19時24分 食の最大 19時54分皆既食の終わり20時24分 部分食の終わり21時34分


下の図は、日食と月食の起こる時の地球と月の位置関係です。月食は地球の影に月が入る時に起こる天文現象です。地球に大気が無ければ、地球の影の中は真っ暗で月食中に月が見える事はありませんが、地球に大気があるので太陽から来た光が大気を通過し、屈折した僅かな赤い光が月面を赤く染め上げるのです!



明日の皆既月食に関して更に詳しい情報は、下記リンク先をご覧下さい!




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
2020年初頭より、スコープテックの天文情報やリリースなどは、ワードプレスベースの新ブログへ移行します。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR