5月10日から12日に行われた乙女高原星空観望会



桜が満開だった今回の乙女高原星空観望会、残念ながら週末の天気予報は雨でした。2日目の夜明け前には晴れるかもしれないという淡い期待は有りましたが、金曜日の夜は星空を望むには、ほぼ絶望的な気象状況でした。

キャンプ場に大型のタープを張り、雨の中如何に楽しむか。お酒やジュースを酌み交わしながら、ポップコーンを爆ぜたりして、星空や車談義楽しかったです。

ご夫婦で初日だけ初参加のNSXご夫妻、星空を望めず残念でしたが、またの参加お待ちしております!



今回は週刊予報も雨や曇りの予報だった事もあり金曜日は参加者少なめでしたが、色々と深いお話もできました。



さて2日目の土曜日、乙女高原から甲府盆地を望むとすっぽりと雲海に覆われていました。この状態で晴れたら甲府盆地の街明かりが遮られさぞかし素晴らしい星空が見えるだろうとボランティアスタッフのOK氏と話をしておりました。まさかその日の夜それが現実のものとなろうとは思いもせずに。


二日目土曜日の晩は、一部参加者が入れ替わり、人数も増え、金峰山荘にて焼き肉の夕食。キャンプ組の三名もこの時は一緒に食事に加わります。(キャンプ場で自炊も可能)




夕食後は、望遠鏡の使い方の基本や、天体写真など、各々好きなワークショプに参加します。初心者からベテランまで、講師役をしたり、生徒になったり。雨ならではの一時です。




夜が更けても天候は雨、雨が止んだと思うと今度は濃い霧が立ちこめて来ました。星空は絶望的な状況のようでした。ところが午前二時を過ぎたころ、雲越しに星空が見え始めました。みるみる霧が晴れ、素晴らしい星空に。普段も星空が美しい乙女高原ですが、この日は一段と澄んだ星空が見えています。参加者一同息を飲むような星空でした。
甲府盆地の大部分を雲海が覆い、市街地の光を遮ったため見事な星空に成ったためです。



南の空から天の川が立ち上る煙のように見える天の川と夏の星座が見事でした。この日初めて天の川を見る学校の先生も感激していました!そして沢山の人工衛星が視界を横切り、痕を残すようなマイナス等級の見事な流れ星も!


東の空からは、アンドロメダ銀河も見えてきました。低空が明るいのは夜明けが間近に迫っているためです。日の出を控え明るくなるまで、わずか一時間弱の星空でしたが、参加者一同大満足の星空でした!


翌朝、テントからはい出すと、素晴らしい青空が広がっていました。紺色の濃い青空が広がり、清々しい朝の乙女高原。本当に素晴らしい場所です。

最後に参加者一同で記念撮影!予報が悪天候でも、これだから毎回来てしまいます。
来月は 06/07(金)夜 ~ 06/09(日) の2泊で行なわれます。
ぜひ奮ってご参加ください。

詳細は下記リンク先まで


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR