間もなく今年も終わりです。



 

 間もなく今年も終わりを迎えます。
30日から31日にかけて、私、大沼は諏訪に出張。ビジネスホテルの一室よりこのブログ記事を書いています。とある学習雑誌の編集部より星空の写真の依頼を受けて来年1月6日が締め切りなので、氷点下12度の霧ヶ峰へ氷結した道路を車で駆け上がり撮影したものの一枚です。今年最後の仕事を終え肩の荷がおりました。

会社は今年も順調に成長。弊社製品をご愛用頂いている皆さん、弊社製品を支持して頂いている皆さん、弊社製品を生産して頂いている皆さんに感謝しております。

 今年は様々な出来事がありました。東北地方を中心に未曾有の災害、東日本大震災、それに伴う原発事故は大きな傷跡を残しました。
日本人としての意味を問われ、考え直す機会も数多かったと思います。

 福島第一原発の事故は、私にとっても大きな衝撃でした。特に原発事故の様々な報道の中で気になったのは、「科学技術への信頼の失墜」という表現でした。1960年代からのアメリカからの技術導入により完成した福島第一原発は、東京電力初の商用原子力発電所でした。
それ以来設計寿命をも超え運転されて来た原子力発電所の危険性や、福島第一原発の津波に対する防護の甘さも科学者から度々指摘されて来ました。

しかしながら、完成以来40年間、科学の発展により得られた知見を無視し、経済性や効率ばかりを追い求めてきた原子力行政自体に問題があると言わざるを得ません。

「科学に対する信頼の失墜」ではなく、「原子力行政に対する信頼の失墜」なのです。


来年は辰年

志を同じくする者、力を併せて乗りきって行こうと思います。


良いお年を!

「こころをひとつに、がんばろう日本!よみがえれ東北!」
スポンサーサイト



コメント

No title

色々あった2011年だけど、私達に大切な事を教えてくれた、忘れられない一年の締めくくりですね~!来年は、新たに飛躍の年になりますように祈りたいですね~!
非公開コメント

プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
2020年初頭より、スコープテックの天文情報やリリースなどは、ワードプレスベースの新ブログへ移行します。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR