12月10日は皆既月食です。近年で最良の好条件

今回の皆既月食は近年で最も条件良く観測できる皆既月食です。
この月食に勝る好条件の月食は2018年まで見られません。是非見逃さずに観察してください。

皆既月食は太陽と地球と月が一直線上にならび、地球の影にすっぽり月が隠れることにより起こる現象です。地球に大気が無ければ月は完全に真っ暗になるはずですが、地球には大気があることから太陽からの光の一部が地球の大気で屈折して影の中にまわり込むことにより、そのわずかな光で月面が照らし出され完全に影に入った後もぼんやりと月が見えるのです。これは本当に幻想的な眺めです。

月食中の月は赤っぽい色に染まりますが、月にあたる太陽の光が地球の大気の中を長距離に渡って通過することにより起こる現象です。簡単に言えば、夕日は赤く見えますが、夕日が月面にあたっているのと同じ原理です。 皆既月食のときの月の明るさや色で、地球の大気の様子(汚れ具合など)を知ることもできます。以前大規模な火山が噴火した時は、皆既月食の際に月が極端に暗くなりほとんど見えなくなったこともありました。今回の皆既月食中の月の明るさや色はどうでしょうか。興味深い観察対象です。

また皆既月食になると、月の明るさは普段の満月の1/2000以下になります。今迄月明かりに隠されていた星や天の川が浮かび上がる様に見えてきます。この現象を観察するには、天の川の見えるような星空の下で皆既月食を観察する必要があります。時間が許せば是非そのような場所まで行ってみてください。

晴れ間探しはこちらのページが便利です。オレンジの色の部分が晴れの区域になります。
http://www.imocwx.com/guid.htm





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Scopetech

Author:Scopetech
2020年初頭より、スコープテックの天文情報やリリースなどは、ワードプレスベースの新ブログへ移行します。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR