12月の星空案内

ここからリンクを張っている星図は、アストロアーツの星空シミュレーションソフト ステラナビゲータ10を使用して画像を生成しています。画像がマス目になっているものは、マス目一つの角度は10度になります。
2度クリックすると拡大し見やすくなります。








スポンサーサイト



今年最終の第70回乙女高原星空観望会が行われました!

今年度最終回となる、第70回乙女高原星空観望会が行われました。

乙女高原星空観望会の詳細はこちらを>>クリック

山梨市牧丘町柳平で行われている乙女高原星空観望会。冬の12月から2月を除く、年に9回から10回行われている星空観望会です。最近は山梨市の協力で、山荘と道を挟んで反対側にある休校中の小学校分校の教室を利用して、反射望遠鏡の研磨教室が行われるようになりました。このような星空観望会は他に類を見ないこともあり、
山梨テレビや雑誌『星ナビなどからのメディアの取材も入るようになりました。
今回は11月25日金曜日から11月27日日曜日まで開催された乙女高原星空観望会ですが、これまでも何度か乙女高原星空観望会に参加してくれている、私の親しい友人でもある自動車ジャーナリストのマリオ高野氏が、星空観望と取材を兼ねて今回の観望会にいらっしゃいました。
乙女高原星空観望会と絡めた取材ということで、カメラマンの
ダン・アオキさん、SUBARUが参戦しているGT選手権のレースクイーン・霧島聖子さんもご一緒でした。
取材も兼ねて望遠鏡を覗きに来たということでしたので、星や宇宙の話をさせていただいて、それから説明した天体、星雲星団、
金星を見たり、実際の星空で冬の星座を幾つかご案内しました。

霧島さんはもともと星に興味をお持ちで、双眼鏡や望遠鏡を使うのが初めてにもかかわらず、望遠鏡で二重星団やアンドロメダ銀河を見た後に、双眼鏡ですぐにそれらを視界に捉えて周囲を驚かせていました。
とても勘が良い方なのだなと思いました。

また皆が寒い寒いを連発しているにも関わらず、我々より薄着で氷点下5度の中を長時間に渡り一言も寒いという言葉を発する事なく、周囲を気遣いながら撮影されていたのには驚きました。厳しい選抜を経て、トップチームの一角であるスバルのレースクイーンというものが、単に容姿だけでなく、そうした周りに対する気遣いまで至るところは厳しい審査をくぐり抜けて来た人なのだなと感じた次第です。

もう何から何までびっくりでした!


左から霧島聖子さん、大沼(本人)、金峰山荘の水上オーナー、マリオ高野さん。



富士重工(スバル)がディーラーを通じて販売するスバル純正の天体望遠鏡『メローペ80A』。


サービス精神旺盛な自動車ジャーナリストのマリオ高野さん(^^)
土曜日の夕食は、水上オーナーのぶどう畑を荒らしていたイノシシをくくり罠で仕留めた「しし鍋」でした!



今年の乙女高原星空観望会は、地球規模の気候変動の影響をもろに受け、例年になく星空が雲や雨に遮られることも多かったのですが、この金曜日はほぼ一晩中晴天に恵まれ素晴らしい星空を満喫できました。

取材の撮影も順調に進んだようで、誌面が楽しみなところです。発行されましたらまたこのブログでご紹介するので楽しみにお待ち下さい。

名前の通り、これまで観望が主体の乙女高原星空観望会でしたが、最近は天体写真を始める参加者もいます。モザイク合成を始めた方もいらっしゃいます。

それではまず今回の乙女高原星空観望会で撮影された写真をいくつか見てみましょう。今回は夜が更けるほど透明度が高くなり、大変美しい写真が沢山撮れたようです。


スバル星団 青山さん撮影



オリオン星雲 青山さん撮影



馬頭星雲 青山さん撮影



西空に傾いた天の川~中央左側にアンドロメダ銀河が小さい写っています。天の川に浮かぶ二重星団も! 田中さん撮影。



オリオン座三つ星周辺のガス星雲の広がり。見事ですね。 長瀬さん撮影


2016年度の乙女高原星空観望会もとうとう終わりましたが、来年は3月下旬から始まります。今年も沢山の新規参加者もあり、回によっては満員御礼となってしまい参加できない人もいらっしゃいました。来年も沢山の新規参加者があるよう運営一同さまざまな企画をこの冬に考えたいと考えております。


(株)スコープテック 代表取締役社長 大沼 崇

プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR