11月の星空情報

⚫おうし座南流星群(11月上旬)
オレンジ色の字でおうし座南と表示しているところから放射状に流れ星が飛びます。数は一時間に5個程度と少ないですが、活動期間は長く、10月終わりごろから11月中頃まで、極大日の11月6日とさほど、変わらない流れ星が飛びます。ながれは比較的ゆっくりで、比較的明るいものが多いようです。今年は、月明かりの邪魔もなく、好条件で観察できます。



大きな満月!スーパームーン(11月14日)
月は地球の周りを公転する衛星ですが、その軌道は真円ではなく楕円軌道です。月が一番地球に近づくと、35万6400キロで、もっとも遠い時で40万6700km(ちなみに地球一周は4万km)と結構距離が変化します。当然地球に近い時の満月と遠い時の満月の見える大きさは結構違います。
10円玉と500円玉を机の上に出してみてください。地球から遠い時の満月を10円玉の大きさとすると、地球から近い時の満月は500円玉の大きさになります。
11月14日の月と地球の距離は、35万6509kmですから、地球と月の距離がぐっと近づいた時の満月ということで、大きな満月、スーパームーンという事になります。


⚫アルデバラン食(11月16日午前2時過ぎ)
(観測時間間違えないようにしてください!11月16日午前2時過ぎとは、11月15日の深夜0時の2時間後です。翌日17日の午前2時と勘違いしないようにご注意ください)

11月16日午前2時過ぎから、ほぼ全国で晴れればアルデバランが満月過ぎの月に隠されます。このような現象を星食といいます。このアルデバラン食ですが午前2時には、月は南西の空高い位置(地平線からの仰角65度)に見えていますが、その月の近くを見ると明るい星が見えます。それがおうし座の1等星アルデバランです。
月の背後に完全に隠れて見えなくなるのが、福岡で午前2時8分ごろ、東京で午前2時23分30秒ごろ、札幌で午前2時18分30秒ごろになります。隠されていたアルデバランが月の反対側から出てくるのが、福岡で午前3時9分ごろ、東京で午前3時27分30秒ごろ、札幌で午前3時28分40秒ごろになります。



午前2時に双眼鏡(視野7度)で見るとこんな感じに見えます。




ラプトル50に接眼レンズはK20mm30倍で天頂プリズムを付けずに観察すると、像が逆さまに見える(倒立像)なので月の右下から潜入します。潜入3分前の午前2時20分頃の様子です。



こちらもやはりラプトル50に接眼レンズはK20mm30倍で天頂プリズムを付けずに観察した場合の出現の様子です。少し欠けている部分から出てきます。午前3時28分ごろの様子です。月の上の方からアルデバランが出現しているのがわかります。

月の位置が高いので、見やすくするために天頂ミラーや天頂プリズム付けて観察する場合は、これらのシミュレーション画像と見え方が違うので、良く月の模様を見比べてどこにアルデバランが潜入し出現するのか考えてみてください。天頂プリズムや天頂ミラーで観察すると見える月の像は、上下は肉眼で見たままで左右が反転した正立鏡像になります。




このアルデバラン食ですが、いくらアルデバランが1等星の明るさがあるとはいっても、満月過ぎのまばゆいばかりに明るい月に近づくため、その光芒にじゃまされるので潜入時間ぎりぎりに見ても特に肉眼では見えにくくなります。少なくとも潜入時間の1時間前くらい前に位置を確認しておいた方が良いと思います。1時間前であれば肉眼でも月とアルデバランが並んでいるようすが確認できることでしょう。

あと注目頂きたいのが、月が移動する速度です。満ち欠けを繰り返しながら星空を移動していく月のスピードを感じる事ができると思います。アルデバラン食の前日や翌日に空を見上げ、月とアルデバランの位置関係を確認してみましょう。
スポンサーサイト



弊社初の天体望遠鏡の製品カタログが完成しました。





ついに弊社初の天体望遠鏡カタログが完成した!

創業から10年となるが、弊社製品にはカタログが存在しなかったのだ。自社で工場は持たないが、製品を企画し、工場と一緒になって真剣に入門用の天体望遠鏡作りをしているという自負もあり、販売店として取り上げられる事もある弊社ではあるが、自分自身は「スコープテック」という自社ブランドを持つメーカーであると考えている。

カタログの無いメーカー。普通は考えられないが、弊社の天体望遠鏡の販売は、95%以上がネットショップでのダイレクト通販という事もあり、これまでカタログの必要性は感じていながらも必須では無かったのだ。

しかしながら、近年、科学館のミュージアムショップやセレクトショップでの販売などが徐々に増えてきている。また、星空観望会などで弊社の天体望遠鏡が使われる機会が増え、観望会のスタッフが参加者に望遠鏡の相談を受けた時に、弊社の望遠鏡を薦めたいがその時に渡すパンフレットなどは無いのか、という問い合わせを受ける事が多くなり、カタログの必要性が増してきていた。

色々と思案しながら、A3二つ折り4ページという限られたスペースでカタログを作成する事になった。この中に、作り手の想いと弊社製品の特徴、スペック、入門機に対しての弊社の考えをまとめ上げなければならない。

なにしろ弊社としては初のカタログである。外部にデザインやイラストを外注し、商品撮影もプロのカメラマンに委託した。力を入れて足かけ3ヶ月を戦い抜いて製作をした。
本来なら8ページあると綺麗なレイアウトができるのだが、大部数を印刷し広く頒布することを考えるとコストを抑えなければならない。4ページであるが、表紙には製品の紹介はできない。表紙は、イメージのラフと弊社の顧客層(ファミリー、こどもたち、入門機)を伝え、柔らかいデザインでとお願いした。

まずはコンテンツの割り振り。
pとpはラプトルシリーズとアトラスシリーズの4機種を紹介。それぞれのシリーズと機種の特徴を明確に書き出した。こどもが望遠鏡を欲しいと言い出して何を選べば良いのか困惑するご両親や、初めて天体望遠鏡を買う初心者が、カタログを見ればただちに最適な望遠鏡が選べるように配慮して説明文を作成した。

4pは、2pや3pで出てくる専門用語を解説するとともに、入門用の天体望遠鏡を選ぶ際のチェックポイントを図版をいれて解説した。
日本製の入門用望遠鏡自体が少ないこともあり、このチェックポイントを全てクリアできるような望遠鏡は量販店やホームセンターにはほとんど無いはずだ。また、多く出回っている外国製の入門用望遠鏡でも全てのチェックポイントをクリアするのは相当厳しい。

そして
最後は、スコープテックの天体望遠鏡に対する理念と覚悟を余すところなく伝える事を目標として製作した。

とても饒舌だが、情熱的なカタログができたと我ながら思う。ぜひお手に取って頂き、沢山の人に見て頂きたいと考えている。


*カタログ送付ご希望の方へ重要なお願い*

ご希望の方は弊社のメールアドレスに、下記のタイトルと項目を記入の上メールをお送り下さい。お守り頂けない場合はカタログをお送りできません。
くれぐれもお電話でカタログ送付を依頼するのはお止め下さい。弊社の電話は、弊社製品を御愛用頂いているお客様の質問電話と受注電話という役割が重要なので、その点ご理解下さい。

カタログを観望会などで頒布して頂ける方は、別途ご案内しますので、備考欄に「観望会での頒布を希望するので連絡下さい」と記入して下さい。。ご希望部数が多い場合、発送まで時間が掛かる場合がございます。悪しからずご了承下さい。


宛先 webmaster@scopetown.jp


メールタイトル:「カタログ送付希望」

郵便番号

 
ご住所:

お名前:

お電話番号:

備考欄:



注意 *同業他社のカタログ請求はご遠慮ください
今まで、弊社は弊社の商品写真やウェブサイト、商標、アイディア盗用など、安易なコピーに直面してきました。それらの件に関しては弁護士に依頼し、法的手続きを取らせて頂いた事もあります。行動は慎重にお願いします。
けしてカタログのアイディア盗用や文章流用、コピーなどなさらぬようお願いいたします。

プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR