3体のLEGOのフィギュアが木星探査機ジュノーに乗せられ木星に向かっています。。

3体のLEGOのフィギュアが探査機に乗せられ木星に向かっています。
右からローマの神様 雷を鷲づかみにするジュピターと その奥さんの真実を探す虫眼鏡を持つジュノー そして初めて天体望遠鏡を作り宇宙に向けたイタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイは左手に手製の天体望遠鏡、右手で木星を抱えています。
フィギュアの大きさは高さ4センチ程度です。NASAとLEGO社の展開する教育プログラムの一環のようですね。


(C)NASA/JPL-Caltech/KSC
この新しい木星探査機ジュノーは、2011年8月に地球を飛び立ち、約5年の歳月をかけ来年の7月には木星に到達する予定です。この探査機を見て「あれ?」っと思った方は、かなり注意深い方です。
木星以遠の探査をする惑星探査機は、例外なく電力の発生に太陽電池パネルを使わず、原子力電池(プルトニウムの崩壊熱で電力を生み出す)を電力源とする探査機ばかりだったからです。木星を探査するジュノーの三枚の電池パネルを広げている外観は、歴代の木星以遠の探査機としてはかなり異質なものなのです。

これまでの木星以遠の探査機は、なぜ太陽電池を使わなかったのでしょうか?
それは.....木星から太陽までの距離は地球から太陽の距離に比べて平均すると約5.2倍も遠いのです。5.2倍遠いという事は....太陽の光は1/27まで暗くなってしまうのです。(5.2の二乗になりますからね)。

同じ太陽電池パネルを持って行っても、地球で使う1/24しか電力を生み出さない事になります。実際今まで打ち上げられた探査機を見ると水星から火星探査機は、太陽電池が主流で、それ以遠は原子力電池が主流になっています。

実際、ジュノーの搭載している太陽電池は、20年前のものに比べ50%も発電効率が高いものなのです。また、探査機が木星を回る軌道に入った後も、木星の影に入る事がないような軌道になっていてさらにすべての観測が太陽電池パネルを太陽に向けたままの状態で行えるように計画されています。

下の写真は、今木星に向かっている木星探査機ジュノー、その下の写真は、以前打ち上げられた木星探査機ガリレオです。

ジュノーの探査目的
木星の大気にどれほどの量の水が含まれているか。
木星の大気の詳細を明らかにする。成分の構成、温度、雲の動き
木星周辺の磁場や重力場のマッピング
木星の極のオーロラの観測、磁場と大気の相互作用の探査

以上の探査や研究を通して、太陽系の形成の理解を深めるのが目的である。

ジュノーは木星到着後、20ヶ月に渡る期間探査をし、2018年2月に最後は木星の大気圏に突入し探査を終える予定です。



木星探査機 ジュノー NASA/JPL
新型の木星探査機ジュノー 太陽の光を電気に変える太陽電池を搭載(太陽電池:探査機から三方向に伸びる板状のもの)








木星探査機 ガリレオ(C)NASA/JPL
プルトニウムの崩壊熱を熱電対で電気に変えるプルトニウム電池を搭載 (プルトニウム電池:探査機から右上に伸びるアームの先に搭載された円筒形の物体)


ジュノーの木星到着は2016年7月5日、望遠鏡で見ても縞模様や衛星の動きが楽しめる惑星なので、一層の注目が集まることでしょう。

もちろん、私たちが地上から天体観測に使っている小さな望遠鏡では、探査機が撮影して来た写真のように細かい模様まで見える訳ではありませんが、謎の多い木星や衛星に新たな発見があれば、いつも見ている惑星が更に興味深く思えることでしょう。

とくに、小型望遠鏡でも観察できる四大衛星の中には、氷の大地の下に海がある衛星があるとされいますから、今後の地球外生命探査の検討にも使われるというジュノーの探査には大いに期待が集まるところですね。




(C)NASA/JPL
2011年8月5日に打ち上げられ、2013年10月5日に地球の重力と探査機のロケットを使って加速、木星へ向かう軌道に乗った。木星には来年2016年7月5日到着予定。

スポンサーサイト



オリオン座流星群の美しい流れ星



↑2012年の美しいオリオン座流星群の流れ星 神奈川県の三浦半島にて青山さん撮影です。

写真の下、中央やや右寄りの輝星は木星、写真下、やや左の赤い星がおうし座の一等星アルデバラン(距離66光年、赤色巨星で太陽の直径の44倍の大きさ)写真上中央やや右寄りの星の集団が散開星団のすばる(距離443光年)


今月下旬にオリオン座流星群が月明かりのない最高の条件で観察できます。夜半前は上弦の半月が見えていますが、オリオン座が程よい高さに来るころには、西の地平線に没し、夜空は流れ星を見るのに最高の条件となります。できれば、夜空の暗い場所で見て頂きたいのがオリオン座流星群です。もともとの流れ星の数が、暗い星まで見える星空の美しい場所でも、一時間の流れ星の数が、10個からせいぜい20個と少ない流れ星なので、市街地ですとかなり数が少なくってしまうのです。一時間に多いと100個以上もの流れ星が数えられる12月のふたご座流星群なら、その一割が市街地でも見られる明るさの流れ星なら、一時間に10個も流れ星が市街地でも見られるのですが、分母が少ない分、オリオン座流星群は、ぜひとも少しでも暗い場所で見て欲しいのです。市街地であれば、できるだけ街灯が少ない場所を探してみてください。

オリオン座流星群  21日の夜から22日明け方にかけて、オリオン座流星群が極大になります。半月が西の地平線に沈むのが23時32分(東京)なので、月が見えている間は月明かりに邪魔され流れ星も見にくいですが、月が沈む頃より明け方までが流星観察のベストタイムとなるでしょう。
 オリオン座流星群は、流星の元となる流星物質が比較的大きく、そのため明るい流れ星が多いのが特徴になっています。クリスマス前に見られる、一時間に60個から100個の流れ星を飛ばすふたご座流星群に比べると流星の数は、多くても一時間に10個から20個程度と少ないのですが、比較的明るい流れ星が多いので、天気が良ければ楽しめると思います。

オススメ観測日 10月21日23:00~夜明け
当日悪天候の場合 10月20日もしくは、22日の23:00~夜明け


流れ星の正体とは

 流れ星の正体は、太陽系内を漂う直径1mmから数センチ程度のチリ(砂粒や小石のようなもの)です。流星は、そのチリが秒速数十キロの猛スピードで地球の大気に飛び込んできた時に、上空100km程のところで高温になってチリが気化するときに、気化したチリと大気の成分がプラズマとなって光る現象です。

 ふたご座流星群は、あの有名なハレーすい星が軌道上にばらまいた帯状のチリの大集団が地球の軌道と交差しているのですが、毎年決まった場所にあるので、地球がそこを横切るころ(12月中旬)にたくさんの流れ星が空の一点から放射状に飛び出してくるように見えるのです。

 流れ星の中でチリのサイズの大きいものは、特に明るく輝いて見えます。中でも特に明るいものを火球(かきゅう)と呼んで区別します。火球の中には地面を照らし出す程明るいものもあります。また明るい流れ星の中には痕と呼ばれる飛行機雲のような光跡を残すものもあります。


プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR