今月末の9月27日は特別に大きな中秋の名月です!

 今月末の9月27日は特別に大きな中秋の名月です!また翌月の10月15日(土)は「栗名月」です。この栗名月は、中秋の名月のように満月近くではなく、結構欠けています。二つの名月を見る事はとても縁起が良いこととされています。

この「中秋の名月(芋名月)」と「栗名月」ですが、今回はそのお話しをしたいと思います。


『中秋の名月』芋名月↓(撮影 青山さん)

「中秋の名月」は満月に近く、地球から見て、ほぼ正面から太陽光があたるので、天体望遠鏡で観察すると月面の地形やクレーターの起伏は影がなくのっぺりと見えるのが満月近い中秋の名月の特徴です。それでも今年は、満月の前日が「中秋の名月」なので月の縁の部分を観察すると、ごつごつした地形が見えるはずです。満月を天体望遠鏡で見ても退屈だという方もいますが、月の表面の濃淡や、クレーターから四方八方に広がる光条(レイ)はとても鮮明に見ることができます。

 太陰太陽暦で8月15日の夕方に出る月は中秋の名月と呼ばれます。今年の中秋の名月は9月27日(日)になります。

今年の十五夜は特別です。平年と比べて特段に大きく見えるのです。理由は翌日28日にいつもより地球に近い場所で満月になるからです。(注1) 地球に近い時の満月は、それと反対に地球から遠い場所で満月になる時と比べると14パーセントも大きく、30%も明るく見えるのです。

 自分のこどもの頃は、お月見団子を作り、その脇にすすきや秋の草花を添えてお月見をした覚えがありますが、最近はそうした風習も少し縁遠くなってしまっているのではないでしょうか。

 今年はこどもたちとお月見団子を作り、改めてお月見をしてみるのも良いかもしれません。レシピはインターネットに譲るとして、今回はこのお月見団子から、月という天体を考えてみましょう。実はお月見の団子の大きさというのは、だいたい大きさが決まっています。十五夜の15という数字にちなみ、一寸五分(約⒋5センチ)の大きさの団子を15個お供えをします。

 普段、夜空にぽっかり浮かぶ満月を見て、その大きさが実際どれほどのものであるか知っている方は少数だと思います。月の大きさは直径3,474kmあります。(地球の大きさは直径12,742km)

地球から月までの距離は、楕円軌道であるために、約35万7000kmから40万6000km(注2)で変化します。といっても数字が大きすぎて感覚的にさっぱり分からないと思います。

食べてしまう前に直径4.5センチの月見団子を実際の月に見立ててお話ししたいと思います。
月の大きさをこの月見団子の大きさとすると、一体全体地球はどのくらいの大きさがあるのでしょうか?普通の方は考えた事もないかもしれませんね。
地球は月の4倍弱の大きさで、答えは16.5センチ メロンや小さめのハンドボールの球程の大きさになります。

今年の中秋の名月は、この「メロン」から4.7メートル離れた場所に月見団子があるイメージですね。

ちなみに月と地球の重さを比べると、月見団子約80個分の重さになります。地球は月と比べると密度が高いのでずっしりと重く、その大きさの差以上に重さがあるのです。

そんな事を考えながら、お月見するのもたまには良いかもしれません。

さてさて、煌々と輝く月を眺めていると、月の表面は一様に白く輝いているのではなく、なにやら模様が見えてきます。昔から世界各地で、この明暗模様を地上のいろいろな生き物などに見立ててきました。
『餅をつくうさぎ』(日本や中国)「カニ」(ヨーロッパ)「女性の横顔」(ヨーロッパ)「本を読むおばあさん」(ヨーロッパ)「吠えるライオン」「ろば」(南米)ワニ()ヒキガエル(中国)バケツを運ぶ少女(カナダ)薪をかつぐ男(ドイツ)二宮金次郎(日本)などとてもユニークなのもあります。




栗名月↓(撮影 青山さん)

「栗名月」は満月の二日前なので、月の東側が欠けていて、欠け際に沿ってクレーターや起伏のある地形が良く見えます。中秋の名月や、二日後の満月と見比べてみてください。




また中秋の名月 (十五夜) に並ぶ名月として、古くから太陰太陽暦9月13日には十三夜のお月見が行われてきました。栗名月、豆名月などとも呼ばれます。

日本では、栗名月や豆名月とも言われる十三夜は、10月15日(土)旧暦9月13日。十五夜か十三夜の両方観るのがとても縁起が良いとされています。

(注1)ここであれっと思われた方もいるかもしれません。「中秋の名月の翌日が満月なの?」と。陰暦では月の満ち欠け周期の約半分にあたる15日が満月であると考えられていました。天文学的な満月と陰暦上での満月がずれているのです。そのため中秋の名月と天文学で意味する満月は暦上でずれることがあるのです。

(注2)ジェット旅客機のスピードで20日掛かる距離です。

スポンサーサイト



先日のブログ内容ではすわ超新星爆発?だったのですが....

 検出されたニュートリノは超新星と無関係だったらしいです。ニュートリノ検出の10時間後SWIFT衛星が観測したX線は、ニュートリノの飛来方向とはすこしずれた場所の別の恒星の磁場活動によるX線フレアだったみたいです。
 とても残念ですが、仕方ありません。400年以上銀河系内では超新星は観測されていないので、そろそろ次があっても良いころです。
 今回分かったことは、世界のどこかで超新星爆発に伴うニュートリノが検出されれば、それが肉眼で輝き出すより早く、情報は世界をめぐり、我々一般人も超新星が最も明るく輝く前の段階でそれを観察できるであろうということです。

楽しみに待ちましょう!

下の写真は、M1カニ星雲 西暦1054年の星全体を吹き飛ばす超新星爆発のガスの広がりです。
地球からの距離は7000光年。ガスの広がりは5.5光年に達する。
 超新星の出現当時は金星ぐらいの明るさになり、23日間にわたり昼間でも肉眼で見えた。夜間はその後2年間も見えていたという。

日本の明月記などや中国の文献にも記録が残り、アメリカのネイティブ(原住民)により、壁画でも記録が残っています。

1731年にイギリスのアマチュア天文家が、超新星爆発の後のガスの広がりを見つけ、それがこの写真のカニ星雲です。とてもESOの8m反射望遠鏡で撮影された写真ですが、ちいさな望遠鏡でもいびつな白い星雲状に観察することができます。本当に空が澄んだ場所ですと双眼鏡でも光のシミとして見ることができます。場所はおうし座の角の先にあります。

爆発から1000年が経過した今でもこのガスは毎秒1000キロ以上のスピードで広がりつつあり、爆発の衝撃がいかに凄まじいものであったかを物語っています。





©ESO/VLT


来たか?400年ぶりの超新星爆発!

今日の午後6時過ぎ、フェイスブックのタイムラインに気になる情報があがりました。西はりま天文台の鳴沢真也先生の書き込みでした。「ニュートリノが検出された」と

 超新星爆発とは、太陽よりずっと大きな恒星がその一生を終える時に起こす星自体のほとんどを吹き飛ばしてしまうほどの大爆発です。その明るさは、銀河一個分に相当するほど激しい爆発で、超新星爆発の瞬間の核融合反応で、鉄より重い元素が一気に生成されると言われています。その大爆発が起こると、光よりも先に、星からはニュートリノが放出されるのです。

 ついに銀河系内に超新星が出現するかもしれません。9月1日世界時午前7時38分、ニュートリノが観測されたそうです。方向はさそり座アンタレス付近(アンタレスはありません。)このニュートリノが超新星爆発由来の場合、ニュートリノ検出後2~3日で光学的増光があるはずなので、そろそろとのことです。

もし今回のニュートリノ検出が銀河系内の超新星由来だとすると、銀河系内の超新星は約400年振り、15世紀のケプラーの新星が最後です。

 銀河系の伴銀河内(大マゼラン)に超新星が発生したのは1987年。超新星1987A(明るさ最大約3等級)として知られれいます。その時日本の東大宇宙線研究所のカミオカンデで、はじめて超新星爆発に伴うニュートリノを検出。検出後に増光した超新星1987Aが発見されました。

 今回ニュートリノを検出したのはフランスの装置だそうです。カミオカンデなど他の装置からの報告は無いのは気になるところですが、10時間後衛星Swiftが観測したら先のニュートリノ検出装置の観測誤差の範囲内にX線が検出されたとのこと、期待は高まるばかりです。

場所はさそり座アンタレスの直ぐ近くとのこと、今晩からにらめっこが続きそうです。もしそれが仮に本当に超新星爆発だったとすると、肉眼でも楽に見えるかなりの明るさの超新星が観測できることになるかもしれません。


大沼 崇



写真は、1987年に私たちの銀河系のお供の銀河『大マゼラン雲』に現れた超新星1987Aの超新星残骸です。ハッブル望遠鏡による撮影です。



弊社の長焦点屈折(F20)での月面の直焦点撮影

白黒写真に見えますがカラーです。

カメラ:パナソニック LUMIX DMC-GM1
天体望遠鏡 スコープテック NAGAMITSU 60MAXI 60mmFL1200mmアクロマート屈折式望遠鏡

この下弦の月は、山口県のM氏が撮影した下弦の月の写真です。僅か口径6センチの望遠鏡による撮影です。アンシャープも掛けていないjpeg撮って出しの画像です。もちろんスタックもしていません。弊社の長光の比類なきシャープネスの片鱗をご覧ください。

クリックして拡大して見てください。(ブラウザによっては二度クリックしていただかないとピクセル等倍で表示されません。)

 先々月の7月に出荷を開始した、弊社の新型望遠鏡の長光は順調に出荷台数を伸ばし、FACEBOOKのグループなど各種SNSで話題となったり、お買い上げ頂いた方のブログに記事や写真がアップされたりしております。

長光はこちらで販売中です>こちらをクリック

 また星祭りの会場でも、ご購入頂いたお客様から長光の見え味について想像を超えるものだったという感想や、他の望遠鏡との比較結果をご報告頂いたりしました。

 そもそも長光はなぜ対物レンズの空気面全てに6層のマルチコートを採用したのか、内面の艶消しや遮光環の配置にこれまで以上にこだわったのか理由をお話ししたいと思います。

 対物レンズというものは、F値が大きくなればなるほど各面の曲率は浅くなります。実は曲面が浅くなればなるほど、レンズの空気面における反射が視界のコントラストを下げる大きな要因となります。コントラストを上げるには、各空気面の反射をできるだけ抑える必要があり、レンズ表面に施されるARコートの質が問われるようになるのです。
 
 また、国内国外でF20もの口径比の長焦点アクロマートが作られるのはほぼ40年以上ぶりの事であり、せっかくこのような望遠鏡を企画するのであれば、当時の企画には無かった高品質なマルチコートを施したいというという思いと、小口径ゆえに集光力が限られる中でできるだけ対物レンズで集まった光を無駄にしたくないという考えもありました。もちろんこの6層マルチコートは高価であり、コストアップの要因ではありましたが、試作の段階で、コートなし、モノコート、通常のマルチコートなどを施した上で実施観測で比較検討をしたところ、有意な差があり、EDアポクロマートも含め一般向け天体望遠鏡にはほとんど採用例がない6層マルチコートという高度なARコートを長光の対物レンズに施すことを決定したのです。

また、長光は望遠鏡内部の迷光防止にもこれまで以上に気を使っております。内面の艶消し塗装の塗装方法を変え、対物レンズ側から覗いても、接眼部側から覗いても、内部の反射がより少なくなるように、これまでとは塗装方法を変え、一部は艶消し塗料を手塗りすることまでして筒内の反射を無くしています。

また組み立て時の光軸に関しても、対物レンズのセル部分に修正ネジを付ける事で、組み立て時より一段と正確な調整が可能になっただけでなく、より狂いにくい構造としました。

対物レンズの研磨においては、一段と研磨精度を高め、対物レンズ最周辺部までダレのない高精度な研磨をしました。

長焦点のアクロマートレンズは、アポクロマートより球面収差が少ないこともあり、少し過剰倍率気味であっても、対象物のエッジは崩れません。

光量の豊富な月面は特に見事で、クレーターのエッジは、山脈の急峻な地形の解像感は同口径のアポクロマート鏡筒を完全に凌駕しています。せひみなさんにもF20という長焦点のみせる切れ味鋭い視界を一人でも多くの方に体験頂きたいと思います。

(株)スコープテック 
代表取締役社長 大沼 崇

 

プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR