メディアから注目を浴びる乙女高原星空観望会

 第59回乙女高原星空観望会 8/21~23 が行われました。今回は山梨市民の皆さんを招いての乙女高原星空観望会になりました。20数名の山梨市の皆さんが参加されました。

 当日はあいにくの空模様でしたが、観望時間になると雲は切れ、土星や月や星の輝きを見る事ができました。牧丘小学校の分校の校舎を利用しての星空のレクチャーも行われました。








 また、現在乙女高原星空観望会で行っている反射望遠鏡の鏡面研磨教室を見学と研磨作業の体験もして頂くことができました。二枚の厚いガラスの間に泥水に見える研磨砂をスプーンで撒いて、一生懸命こすり合わせると、ガラスが削れ真ん中が凹んできて、最終的に反射式天体望遠鏡の集光ミラーになるという説明に本当に?と納得出来ないようすでしたが、自分でガラスを擦り合わせてゴリゴリとガラスを削る感触が分かると、大人も子供も関係なく楽しんでいらっしゃいました。














 このイベントは終始テレビ局の取材が入り、私たちの乙女高原星空観望会の星空観望会のようすをテレビカメラに収めていました。来月もメディアの取材が入りそうで、乙女高原星空観望会のそのユニークな存在が注目を浴びつつあるようです。


スポンサーサイト



今日から数日間は流星ナイト!楽しもうペルセウス座流星群!!

ペルセウス座流星群、既に一昨日あたりからかなりの数が流れています。晴れていれば、これから数日間は夜空には普段と比べて沢山の流星が見られるでしょう。特に13日午前1時から3時すぎまでと14日午前1時から3時すぎ、空が白んでくる前までが一番沢山の流星が見られます。3等星が見えるか見えないかという条件の都内でも1時間に数個、3等星が楽に見えるが4等星がギリギリ見える郊外の市街地で1時間に10個弱、天の川が見えるような海や山の星空の美し場所に行けば、1時間に数十個の流星が見られることでしょう。

重要なのは、暗闇に十分目を馴らすこと、街灯の明かりなどが直接目に入らない場所で見ること。できるだけ視界の開けた場所で見ることです。そして姿勢を安定させることもとても重要です。

アウトドアチェアにどっかりと腰掛け(リクライニングが出来るとなお良い)、一番良いのは、サマーベッドや地面にシートを引いて寝っ転がって見ることが良いですね。ペルセウス座を中心に四方八方に飛びますので、見る方向はあまり気にしなくても良いです。できるだけ視野を大きく取ることの方が重要ですね。

注意点としては、車が絶対にこない場所で見る事です。車が入ってくるたびにライトで照らされて折角夜空に慣れた目が、一発で元になってしまいます。再び暗いところまで良く見える状態になるのに20分くらい掛かってしまいます。
そしてなにより、車の入ってくる場所はとても危険です。そうした場所にアウトドアチェアを出したり、シートを敷いて寝るのはとても危険です。

ペルセウス座流星群は、12月のふたご座流星群に次いで沢山の流星を見る事ができる流星群で、今年は8月14日が新月なので月明かりの影響を受けないのでとても観測条件が良く沢山の流星見られるのです。

流星群は極大時刻といって、地球が流星の元になる、ちいさな砂つぶが沢山落ちている場所に差し掛かる日時が毎年天文学者によって計算されています。
今年の極大時刻は日本時間で8月13日の15時ということです。(多少の誤差があります。)今のところ、日本ではおひさまが高い15時に極大時刻となってしまい、一番流星が流れている時間が昼間になってしまうのです。

ペルセウス座流星群は、極大時刻だけに沢山流星が流れる訳ではなく、その前後もかなりの流星が流れる流星群ですので、極大時刻からプラスマイナス12時間にあたる、8月13日の夜明けまえと翌日の14日夜明け前とも沢山の流星が見られると予想されているのです。
また、この天文学者の極大時刻の予想は、ややズレることもありますので、余裕があれば、8月13日の夜明けまえ、翌日の14日夜明け前ともに夜空を見上げることをおすすめします。

天文学者の予想通り、8月13日の15時に極大があったとすると、13日午前1時から3時すぎまでと14日午前1時から3時すぎのどちらが沢山の流星が見えるかというと、ペルセウス座流星群は、極大前の流星の数の増え方より極大後の流星が減るスピードがやや早いことが多いので、13日の方がすこしだけ有利かもしれません。

さあ、こんやから数日間の流星ナイト!みんなで楽しみましょう!



SZさん撮影の流星

プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR