来年!2016年5月22日 火星が衝 6月2日には土星がそのすぐそばで衝

 火星が来年2016年5月30日に中接近となります。その2年2ヶ月後の2018年7月31日には火星大接近となる。その次はオリンピック後の2020年10月6日も大接近となるので個人的にはとても楽しみにしています。すなわち大接近が二回も続くのです!(詳しい理由はまた機会を改めて...)

 2003年の火星大接近の時の大騒ぎが懐かしい。あの時はこの業界の外から火星大接近の盛り上がりを眺めていた。なにしろみんな大接近のその日には、火星が夜空に月より大きく見えると勘違いしている人までいた程だ。
 
 望遠鏡は売り切れ続出で、ホームセンターや量販店、どこを探しても在庫はない。沢山望遠鏡が売れたから良いではないかと思うが、業界にとっては大変だった。そのあと一年位は需要を先取りしたせいで望遠鏡は全く売れなくなっていた。

 当時、火星が夜空に月より大きく見えると勘違いする人大勢。次回の大接近も三年後に迫る中、またあれが繰り返されると思うと「うんざり」でもある。実は、火星大接近時に見える大きさは、リングを取り除いた土星本体の玉っころより少し大きい程度でしかありません。

月の直径の2倍位しかない小さな惑星「火星」それがもっとも地球に近づく火星の大接近の時でも、月の150倍も遠くに来るだけなのだ。月よりでかく見える訳もない。

ここまでがっかりさせて置いてなんではあるが、「火星の観測はとにかく面白い!!」

火星の表面模様の観測は、一朝一夕には出来ない。ブームに踊らされて準備も無しにいい加減な望遠鏡を買った人間が楽しめる対象ではないのだ。また忍耐も要します。火星の模様は淡いので、惑星観測に慣れているのと慣れていないのでは同じ望遠鏡を使っても、慣れている人には見えて慣れていない人には見えないというような事が良くあるのです。

ですから望遠鏡の大きい小さいよりも重要な事、それは.....

○次の火星接近までに「あなたの観測眼」を鍛える事。

○シャープでコントラストの高いちゃんとした望遠鏡を手に入れる事。

○これから大接近までの三年間、出来るだけ頻繁にじっくり各惑星を観察し続ける事。>これが観測眼を鍛えるという事です。

前回の大接近時には、ビクセンの日本製カスタム60鏡筒(D60mmFL910mm)150倍で太陽湖の真ん中の黒い点が見えましたからね。シャープな光学系と鋭い観測眼があれば、6センチの小口径でも大接近時には、毎日少しずつずれていく主だった模様、極冠の大きさの変化、大まかな気象現象は観察することができます。

もちろん、口径が大きいに越したことはないのですが、一番重要なのは、観測眼を鍛える事だと肝に命じてください。、小さくてもシャープな鏡筒を手にいれる事ですね。



火星は望遠鏡で見ると下の画像のように見えます。黒い部分は岩の多い山がちな部分。オレンジ色の部分は砂が多い砂漠や平原。下側に見えている白いのは極冠というドライアイスや氷で覆われている部分(地球でいうところの南極や北極にあたる部分)ですね。






これは来年2016年5月30日0時ごろ、火星が中接近する日の様子です。さそり座にマイナス2等のとても明るい火星が見えます。その数日後に火星のすぐ側で土星が衝になります。この時の土星のリングを除いた本体の見かけの大きさがほぼ土星と同じになります。望遠鏡で同じ倍率で見るとほぼ同じ大きさに見えるという事です。



画像はアストロアーツの星空シミュレーションソフト・ステラナビゲーターにより生成しました。


スポンサーサイト



超長焦点屈折望遠鏡『長光』滑り出し極めて順調!

超長焦点屈折望遠鏡NAGAMITU(長光)60MAXI弊社サイトでの予約販売を開始いたしました!最初の24時間で20台ほどの予約が入っています。ありがとうございます。

予約販売サイトはこちらです。>CLICK HERE

 この長光(ながみつ)ですが焦点距離が 1200mmありますが、APS-Cサイズの一眼デジカメで月面を直焦点撮影するのにぴったりの焦点距離です。

月を直焦点撮影すると得られる月面像はマスターレンズの焦点距離の1/100の大きさの焦点像が得られます。

APS-Cサイズの撮像素子の縦のサイズに余裕を持って治る感じになります。(マイクロフォーサーズでもぎりぎり収まります。)

「各デジカメの撮像素子のサイズ」

36.0×24mm - 35mmフルサイズ
24.0×16mm - APS-C (x1.5)
22.5×15mm - APS-C (x1.6)
17.3×13mm - フォーサーズシステム



みなさんの月のプライムフォーカスでの撮影を楽しみにしております。長光による月の写真のコンテストでもやろうかなと思います!
直焦点部門とその他部門が良いでしょうか.....考えてみたいと思います。

一席の賞品は........なににしましょうかね。




NAGAMITSU 60MAXI発売します。販売価格は....







NAGAMITSU(長光)-60MAXI 

specifications

対物レンズ

久保田光学製高精度アクロマートレンズ

銀箔分離

4面6層フルマルチコート(HTM SUPERコート)

対物レンズコバ塗り

有効径60mm

焦点距離1200mm

口径比 1:20.00

鏡筒内遮光環 3枚 ドローチューブ内遮光環2枚

鏡筒塗装色 アビエーショングレー(灰色)
鏡筒バンド

ビクセン互換アタッチメントプレート付き

削り出し覗き穴ファインダー

ビクセン互換アリ溝ファインダー台座付き

31.7mmアメリカンサイズ/36.4 p1mmねじ込み対応 ラック&ピニオン接眼部

保証は長期3年間保証

販売価格 30,742円(税込)

 2011年のMURAMASA-60MAXI の発売以来、実に四年の歳月が掛かりましたが、ついに念願のNAGAMITSU 60MAXI60mmFL1200mm鏡筒の新発売に漕ぎつける事ができました。とりあえずは限定少量の生産となります。

 アストロ光学、五藤光学、ケンコーなどにより発売された過去のF20鏡筒でした。よく見える鏡筒が多かったと言われる過去のF20鏡筒でしたが、それらの鏡筒を調べて見るとレンズのカーブが浅いため安定した研磨が難しく、一部メーカーのものを除いてかなりバラツキが多かった事が分かりました。それでもFが長い事に助けられ、見え味に大きな問題は抱えているものは少ない事も分かりました。

 しかしながら、恐らくは今後弊社以外では作られる事が無いと思われる口径比が1:20にも及ぶ長焦点アクロマートを生産するにあたり、私自身がレンズ製造時の要望は、精度の安定でした。短焦点のレンズを磨く事が多い昨今の望遠鏡のレンズに置いて、レンズカーブの浅い球面を磨く経験の少ない工場にこのようなカーブの浅いレンズを精度よく安定して磨くのはとても困難な事です。小岩井農場に設置されているF200の空気望遠鏡のレンズ研磨を成し遂げた久保田光学の久保田千尋社長の経験を生かし、研磨工場は久保田光学に依頼しました。

 また対物レンズの空気面すべてに、高価な6層のマルチコートを採用しました。これは、口径の小さなアクロマートで少しの光も無駄にしたくないことと、各面の曲率が極めて浅いD60mmFL12 00mmの対物レンズに置いては、F値の短いレンズ(曲率の深い)と比べても視界のコントラストの向上に透過率の高いARコートは極めて有効だという事も採用を決めたポイントでした。高い精度のレンズと高性能なARコートは、この限られた口径の対物レンズから性能を絞り出すために是非とも必要な事だったのです。

 また過去に作られたD60mmFL1200mmの対物レンズを同じような仕様で作っても面白くないというのもありました。当時のアクロマート対物レンズは下手をするとノンコート、良くてもMGF2の単層コートであった事を考えるとコーティングの効果も最大限盛り込みたかったのです。

 今回のNAGAMITSU 60MAXIを生産するにあたり、さらに見直ししたのは内面の艶消しと筒内迷光の処理です。弊社のここ数年に及ぶ大手レンズ専業メーカーへのコリメーター納入で培われた、筒内の迷光対策と艶消し塗料は独自にブレンドされ社外秘のレシピで、今や某施設系光学メーカーの光学機器の内面塗装に使われているものです。(ラプトル50をはじめとする弊社製望遠鏡にはもう二年以上前から使われています。)今回その塗料を、鏡筒内面やレンズの側面にさらに入念に塗装することにより、光路上に配置された5枚の遮光環との相乗効果で筒内の反射は少なく、筒内を覗き込んでも誰もがびっくりするほど迷光や筒内反射が抑えられています。

 とにかく丁寧に丁寧に一本一本仕上げていますので。一ヶ月で組み立て出来る本数は30台以下です。各工程のスペシャリストが本当に丁寧な作業をし、それを積み重ねて一本の鏡筒を作りあげています。

 税込3万円を切りたかったのですが、どうしても切ることはできませんでした。塗装工程の一部と検査項目を少し省くことで3万を切る事はできましたが、考えに考え抜いた末、一つの妥協もしたく無かったのです。その結果が3万円を超える価格設定となってしまいました。

 自分自信、この望遠鏡を時間がかかったにせよこの世に出せた事、とても感謝しています。そして幸せも感じています。これは会社や従業員、取引先に無理を強いる事でした。弊社としては、台数の上がる他の企画など優先すべき仕事が沢山ある中で、今回はレンズ研磨工場、組み立て工場、自分の会社、社員たちにわがまま聞いて貰いました。

 自分として何がしたかったか。いずれED鏡筒などの構想もある中で、アクロマートでどこまで出来るのか、EDだから良く見えるのではなく、アクロマートでもEDでも、ちゃんと作られたものは良くみえる事を再確認し、弊社のカスタマーにもそれをはっきりした形でお見せしたかったのです。ここでちゃんとした礎を築く事、望遠鏡メーカーとしてこれからやって行くなかで、重要なマイルストーンであると考えています。まさにアクロマートの頂点、此処を経ずして次のステップは考えられないのです。

 そういう意味で、ちいさなちいさな見る人によっては取るに足らない望遠鏡かもしれませんが、どうか少しでも多くの方にお買い上げ頂き、この望遠鏡を通して宇宙を覗いて頂きたいと考えています。

株式会社 スコープテック 代表取締役社長 大沼 崇

プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR