太陽と星空のサーカス@二子玉川ライズショッピングセンター

二子玉川に先ごろオープンしたライズショッピングセンターの中央広場にて、4月24日から5月6日までの13日間、縁日(ENNICHI)が行われています。
さまざまなワークショップ、ライブ、そして選りすぐりの小さなこだわりショップが青空市を連日行っています。
南部線武蔵中原駅と武蔵小杉駅の近くにある、 おしゃれな cafe TEMO さんが、この縁日に出店されています。日の出光学の双眼鏡から、弊社の天体望遠鏡、そしてカールツァイス イエナの双眼鏡などなど、ビンテージものの双眼鏡。星グッズなどを販売しています。

そして晴れれば連日、月や惑星の観望会もやっています。これが大注目で長いと20人近い行列が出来ていて、皆さん歓声をあげています。

 通常の星空観望会のように告知している訳ではないので、望遠鏡を覗かれる皆さんは、今までほとんど望遠鏡を覗いた事が無い方ばかりです。覗いた先には予想外によく見えている月や惑星が。大きな歓声があがりそれがまた望遠鏡に並ぶ列を長くしています。

自分もできる限り現地に足を運びたいと思っていますが、店の営業との兼ね合いもあり.....というところです。

みなさんも是非足を運んでみてください。











ライブも随時行われていて、とてもにぎやかな雰囲氣です。



これは、靴職人のブースです。手ずくりの見事な革靴が並んでいます。革靴を職人指導のもとで作る教室もやっているそうです!


スポンサーサイト



これから初夏にかけて金星が夕方の西空で観測の好機です。

昨年末、金星が西空低くに見え始めましたが、ここ最近は日没後の高度もかなり上がりかなり観測しやすくなっています。年末は、地球から見て太陽を挟んで向こう側に位置していた金星は、月で言うと満月に近い形で、ラプトル50などの小さな望遠鏡で見ると、芥子粒のような小さい丸っこい姿で見えていました。地球からの距離も遠いため、小さくしか見えなかった訳ですが、ここ最近は少し欠けているようすが観察できます。

金星観測は、ここから7月終わりに掛けてがとても面白い時期で、地球との距離もどんどん縮まって来て大きく見えるようになり、太陽と地球の間に入り込むに従って大きく見えるようになると同時に、大きく欠けて三日月のような形に見えるようになります。

400年前、イタリアの天文学者のガリレオは、この金星の満ち欠けする様子を観察し、地動説を確信するに至ったと言われています。

たしかに、地球が宇宙の中心、太陽系の中心であればこのような満ち欠けと見える大きさの変化が起こる事は考えにくく、ガリレオが自身の望遠鏡で観察した金星の満ち欠けを地動説の有力な証拠のひとつとしたのはうなずけることですね。

↓二度クリックすると拡大します。10日ごとの金星の満ち欠けと、日没30分後の見える位置の図版(アストロアーツのステラナビゲーターにて作成しています。)



次の図版三枚は、金星の地球との相対位置と満ち欠けの関係です。地球と太陽の間に深く入り込むに連れ大きく欠けていくのがわかります。


クリックして拡大しないと小さすぎて何の図版か分からないので、よくご覧になってください。


今年の1月15日の地球と金星の位置関係と満ち欠けの様子、まだ地球から見て太陽の向こう側ということもありほぼ満月の状態です。距離も遠くかなり小さく見えていました。


今年の3月10日の状態、かなり欠けてきています。地球にも近ずいてきたので、一月に比べるとかなり大きく見えるようになっています。


これは今年の7月10日の様子です。見える位置は太陽にどんどん近づいて来ています。地球にとても近づいて来ているので、望遠鏡で観察する木星よりも大きく見えるようになっています。大きく欠けていて細い月のような形に見えています。


金星は、これからが観察シーズン、形の変化が面白いです。理由を上の説明などを参考に色々と考えを巡らせながら観察してみてくださいね。


明日は皆既月食、晴れそうな雲行きに!

星空観察をするにあたり天気はとても重要です。
まずは晴れないと話になりません。雲を通して星を見る事は出来ないからです。

天気予報での晴れは、雲量が2割以上8割以下の時を言うので、全天の8割が雲に覆われていても晴れということになってしまいます。

ですから、天体観測をするにあたって、テレビの天気予報はそれほど参考にならないのです。

天体観測での気象情報は、雲量がとても重要です。スーパーコンピューターに依る数値予報です。

下記のサイトをごらんください。

左側のメニューで「雨量・雲量」を選び、上のスライドバーで日時を設定できます。
詳細は39時間前まで、広域は264時間後までの演算結果を見ることができます。

近くなるほど、精度があがりますが、山間部では食い違うこともあります。

天文現象の起こる6時間くらいまえに、GPVを確認してから観測地を決めるのも良いと思います。

しかし私たちが星空観望会を行っている、乙女高原は、GPV上で晴れていても、南風が優勢の時は、甲府盆地から湿った空気が上がってくる形になり、雲が上空を覆ってしまうことが多いようです。

ですので、局地的な地形の影響などは、普段からGPVと観測地での相関を知っているとより良い天気判断が出来るようになります。

研究熱心で有ることは、何事に於いても重要だと思います。

明日の晴れを祈っています。







************************************************************************************************************

その他気象情報に関しては、後日書き足します。本日はここまでとします。
4月4日 午前1時



ASTRO GPV


国際気象海洋 卓越天気予報







tenki.jp 星空指数 


国土交通省・気象庁


風が見える気象サイト


高層気象NCEP200





プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR