地球と惑星の位置関係







2月7日に木星は衝となり、木星の観測シーズンも中盤となりました。これからは子供たちの起きている時間に見やすい位置に来ますから、こども達にとってはこれからが木星の観測シーズンと言っても差し支えないでしょう。

ところで、地球に対して、どの位置に惑星がいるかという事を、惑星を観測するために把握しておく事はとても重要です。

惑星の分類方法には色々ありますが、ことに天空上での惑星の見える位置を考察する場合には、地球の軌道を基準にその内側の軌道か外側の軌道かによって二種類に分けて考えるのが便利です。地球の内側に軌道をとる惑星を内惑星といい、外側に軌道をとる惑星を外惑星といいます。



★内惑星と地球の位置関係

すこしごちゃごちゃしているので先ずは地球と内惑星だけを取り出した図版を用意しました。

とは地球から見てある惑星が太陽とほぼ同じ位置に見える事を言います。
実際は太陽がとても明るいため、の前後の惑星はとても観測が難しくなります。内惑星の場合、は、地球と太陽の間に惑星が入り込む内合と、太陽の向こう側へ回り込む外合があります。

内合の時、最も地球に近づき外合の時もっとも地球から遠ざかります。

内惑星の水星と金星は太陽から見かけの位置が最も離れる最大離角時が最も観察しやすくなります。特に水星の場合は最大離角の前後数日から長くても10日程が観測のチャンスです。

最大離角ですが、太陽より内惑星が東側にある時を東方最大離角、西側の場合を西方最大離角といいます。

ちなみにこの場合の東方は、太陽との相対位置で、東方とは、太陽の東側という意味であるので、東方最大離角時は夕方の西空に、西方最大離角時は朝方の東空に見える事になります。

金星の太陽との最大離角は47度、水星の太陽との最大離角は最大で28度ほどなので、水星と金星は、日の昇る前の明け方や日没後の夕方に見え、真夜中の時間帯に見えることはありません。
また内惑星は、地球と太陽との位置関係により、月のように満ち欠けをします。内合付近では、地球からの距離も遠いので小さく、満月のように丸く見え、内合に近づくに連れ大きく三日月のように欠けた姿が見えるようになります。

外合の位置にあった内惑星は、
外合→東方最大離角→内合→西方最大離角→外合の順で地球との相対的な位置関係を変えていきます。

水星の暦~水星は太陽の周りを365日で一周する地球に対して、わずか88日で一周してしまうので、一年の内何度も現象を繰り返します。

東方最大離角 2015/1/15 離角19度・内合 2015/1/30・西方最大離角 2015/2/25 離角27度 外合 2015/4/10  ・東方最大離角2015/5/7 離角21度内合 2015/5/31西方最大離角2015/6/25 離角22.5度・外合 2015/7/23・東方最大離角 2015/9/4 離角27度内合 2015/9/30・西方最大離角2015/10/16離角18度・外合 2015/11/18


金星の暦

東方最大離角 2015/6/7 離角45度
内合 2015/8/14
西方最大離角 2015/10/26 離角46度




外惑星と地球の位置関係

地球にとっての外惑星とは、地球の外側に軌道をを持つ惑星。すなわち火星、木星、土星、天王星、海王星の事です。
合 地球から見て、太陽を挟ん反対側に位置する時を合という。
外惑星は合の時、地球から最も遠く、太陽と同じ方向に見えるため、太陽に邪魔され観測は困難です。

西矩
外惑星が、地球から見て太陽の東側90度の位置に来る事。日の出時に南の空で南中(地平線からの高度がもっとも高い位置に来る)


衝(しょう)とは、地球から外惑星を見た時に、その天体が太陽と180度反対方向にある状態をいいます。
地球からの距離が最も近くなるので、もっとも大きく見え、明るくなります。太陽と180度反対方向にあるので、太陽が地平線に沈むと、東から昇って、深夜に南中し、日の出時に沈むまでほぼ一晩中観察出来ます。

また、地球から見てある外惑星が衝の位置にある時、その外惑星上の観測者から地球を見ると地球は内合の位置にあることになります。

東矩 
外惑星が、地球から見て太陽の東側90度の位置に来る事。日没時に南の空で南中(地平線からの高度がもっとも高い位置に来る)



合の位置にあった惑星は、次の順番で地球との相対的な位置関係を変えていきます。

合 → 西矩 → 衝 → 東矩 →合

火星の暦 
合 2015/6/14
衝は2016年

木星の暦
衝 2015/2/7
東矩 2015/5/10
合 2015/8/27
西矩 2015/12/16

土星の暦
西矩 2015/2/20
衝 2015/5/23
東矩 2015/8/17
合 2015/11/30

天王星の暦
東矩 2015/1/2
合 2015/4/7
西矩 2015/7/10
衝 2015/10/12


スポンサーサイト



近くに見えてる水星と金星と地球の実際の位置関係は?



夕方の西空で接近して見える水星と金星が地球とどのような位置関係にあるか、太陽系の視点で見てみましょう。

私たちは地球にいますから、地球から見ると金星と水星は非常に近くにいるように見えます。
実際は地球からの距離が図版右側に書いてありますが、かなり離れている事が分かりますね。

ちなみに1億5000万キロという距離を時速800キロのジェット旅客機のスピードで進むと到着まで21年半もかかる大変な距離です。



↓クリックすると拡大します!



水星がよく見えています。(金星と水星が近づいて見えてます!)


ここのところ、日没後の西空低くに金星が見えていますが、その金星の近くに水星が見えています。
水星は単独だと、かなり見つけにくいのですが、ここしばらくの間は、金星のすぐ近くにいますので見た事のない人はぜひチャレンジしてみてください。

見る場所は、太陽の沈んだ方向(西空)の低空なので、西が地平線近くまで見える開けた場所を探して下さい。

今回いつもは見つけるのが難しい水星の観察をオススメするのには理由があります。

⚫︎とても明るい金星の近くに見えているのでとても見つけやすい。
⚫︎空気がとても澄んでいる時期なので低い位置の水星が霞みで遮られない。(太平洋側)
⚫︎水星の軌道の近日点に近い位置での東方最大離角(東側にもっとも離れる)なので離角は小さいが、明るく見える。



本日から3日ほど17時30分ごろから18時ごろがチャンスです。大阪や九州方面では、その15分から30分後位が見頃になります。

太陽の一番近くを周回しているので、太陽から離れず、天文学者のコペルニクスも見た事がないと言われている水星。ここから二から三日、コペルニクスを超えるチャンス!です。

ぜひお見逃しなく。

昨日行われた田奈星空観望会でも、水星が良く見えていましたよ。

田奈星空観望会はこちらをクリック








↓クリックすると拡大します。(下記図版はアストロアーツステラナビゲーターで生成し、イラストレーターで図版に矢印や文字入れをしています。)







新年あけましておめでとうございます。

みなさん、新年明けましておめでとうございます。

旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。
昨年の初心者用の望遠鏡市場は、6センチで900倍というような粗悪な品質
の望遠鏡が発売されたり、売れ残り在庫が積み上がった天体望遠鏡の無理な処分価格での販売など、8パーセントの新税率導入後の経済状態の悪化に伴い厳しい状況にありました。

その中で多少の影響は受けたものの、12月もほぼ平年と同様の売れ行きを示した弊社製の望遠鏡は、「日本国内生産」の本物の光学機器を常にぶれずに市場に10年近く続けて来たことがどんなに大切な事か、僕らに教えてくれました。


本年も一層のサービス向上、信頼感のアップを目指し、社員一同誠心誠意努める覚悟でございます。なにとぞ本年も倍旧のご支援のほどお願い申し上げます。

せっかく星空に興味を持った子供たちが粗悪望遠鏡を手にする事がないようにするためにみなさんの協力は欠かせません!



株式会社 スコープテック 代表取締役社長 大沼 崇







2015年 田奈星空観望会の日程が送られてきました。

田奈星空観望会の関係者より、今年の田奈星空観望会の日程が送られて来ました。
新年は早速1月10日(土)より行われるとのことです。
通常は19時から19時30分くらいにいらっしゃる方が多いようです。


2015年1月10日 水星と金星、プレアデス、月齢10の月、重星:リゲルの伴星 など 
2015年2月28日 金星、木星と月など 重星:しし座γ星(アルギエバ) など
2015年3月28日 金星、木星、上弦の月 重星:おおぐま座 ミザール など
2015年4月25日 金星、木星、上弦の月 重星:りょうけん座:コル・カロリなど
2015年5月23日 金星、月齢5日の月、木星、土星が衝 など
2015年6月27日 木星、金星 月齢11太めの月 土星 など
2015年7月25日 西空に金星と木星、上弦の月 土星 など
2015年8月29日 満月ちょっと前の丸い月、土星 重星:はくちょう座 アルビレオ など
2015年9月19日 月齢6、土星など 重星:こと座ε星(ダブルダブル)など
2015年10月24日 月齢11太めの月 アンドロメダ銀河 重星:アンドロメダ座γ星 など 
2015年11月21日 月齢10 重星:おひつじ座γ星 など
2015年12月19日  上弦の月 オリオン星雲 二重星団、重星:リゲルの伴星 など

各回の天候などによる、GOorNO GO判断は掲示板をご覧ください。

掲示板はこちらです

以上宜しくお願い申し上げます。



プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR