弊社の望遠鏡作りの奮闘がカラーでなんと6ページの記事に



インプレスムックで新雑誌PONZO(ポンゾー)が創刊になりました。

レギュラーコンテンツの「職場の馬鹿力」で弊社(株)スコープテックと大一光学と久保田光学の三社の望遠鏡作りの奮闘がカラーでなんと6ページの記事になりました。生産拠点である岩手県花巻市のフローライトレンズやEDアポクロマート対物レンズ、大手カメラメーカーのレンズも磨く久保田光学の久保田千尋社長、大一光学の小原工場長と大沼の三つ巴の暑苦しい程の情熱を是非是非お読みください!

全国配本ですが、書店店頭に無い場合は書店でもアマゾンでも注文できます。

http://www.amazon.co.jp/PONZO-インプレスムック/dp/4844375172/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1348655646&sr=1-1


また最近、Facebookも本格始動しました。
こちらも是非友達申請してくださいね。

https://www.facebook.com/takashi.onuma.7

他にも下記Facebookページを始動しました。

乙女高原星空観望会 Facebookページ

https://www.facebook.com/otomekogen?bookmark_t=page

(株)スコープテック Facebookページ
スポンサーサイト



第31回 乙女高原星空観望会(2012/9/14~17)

先週末に行なわれた、毎月恒例の乙女高原星空観望会。運営ボランティアスタッフの
「一体全体今迄に何回やったのでしょう。」
という投げかけがきっかけで、日記などの記録やブログの記録などを発掘し、かなり大変な作業でしたが集計してみました。

2007年を初回とし、なんと今回が31回目の開催という事が分かりました。思えば最初は数名の参加者に過ぎなかった乙女高原星空観望会ですが、参加者は年々増え、今回の乙女高原星空観望会も延べで60人を超える参加者となりました。

乙女高原星空観望会は、冬期を除き毎月行なわれるようになり、遠くは、和歌山県や広島県、関西や中部地方、東北地方、北陸地方などの遠方から参加する人も居ます。

これからも、初心者が手ぶらでも参加でき、天の川や流星を見た事が無い人がふらっっと気軽に参加できる「星空観望会」を目指したいと思います。



明け方の東空から昇る、冬の星座達。木星と金星が華を添え煌びやかな星景色となりました。




雲が掛かるとタープの下で星空談義に花が咲きました。今回は両日とも天候に恵まれ素晴らしい星空を初心者の皆さんに楽しんで貰う事が出来ました。



金峰山荘に新しく設置されたコミュニティールーム前のウッドデッキ。夜の星座案内に備えプロジェクターと100インチのスクリーンが設置されています。



こども達から大人迄、初心者を中心とした星空解説の様子



昼間は太陽を特別な太陽望遠鏡で観察したり、キャンプ場でくつろいだり、みなさんそれぞれ楽しんでいます。

8月の総括



今年の夏は例年に比べ晴れ間も多く、美しい星空が見られた日も多かったですね。
今年の8月は、岩手への出張が二回、「星の鑑賞会」関連の仕事で群馬県みなかみ町へ二回、原村星祭りのブース出店、国立天文台水沢キャンパス特別公開「奥州銀河フェスタ」のブース出店。乙女高原星空観望会など多数の出張が重なり、総走行距離は5500kmにも達しました。

また間もなく、天体望遠鏡に付属する天体観測のリーフレットなども従来品から切り替え時期となり、9月になっても忙しさは増すばかり。

また年内に新製品の発売も予定をしております。

そうそう、弊社の社名が変わりました。今迄の社名は(株)スターライト・コーポレーションですが、(株)スコープテックとなります。

こちらももう間もなくwebサイトで発表の予定です。


大沼 崇


プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR