スバルメローペ天体望遠鏡がクラブ・レガシィ 2010年12月号に掲載








↑写真が不鮮明で記事は読めませんが、書店にてご購入の上お読み下さいね



Club LEGACY
クラブレガシィ)(三栄書房)

10月26日発売 定価1500円
クラブ・レガシィVol.054 / 2010年12月号

今月の特集は

特集|新BOXER ENGINE FBシリーズに迫る!!
NEW ENGINE for NEW FORESTER


弊社がスバルディーラーを通して販売している天体望遠鏡SUBARU Merope80Aの紹介記事が掲載されました。

レガシィでTry! 快適車中泊


この雑誌、車に関心があるスバルレガシィユーザーなら、本屋さんで見かけ購入している方も多いはず、スバルディーラーさんの店頭にもよく置いてあります。

スバルユーザーさんは、私も含めアウトドアー好きの人も多いので、スバル車でキャンプを楽しむ方も多いはずですが、今回は、車中泊の特集。私のインプレッサは後席を倒しても少し足が窮屈で、星祭りの会場に早くついた時に仮眠するくらいしか使ったことがないのですが、レガシィーには快適に寝るためのグッズが色々と用意されているそうなのです!

車中泊の公共マナーを含めたルールや、キャンプ場でキャンプ用品を利用した応用編まで実に充実した内容です。

その中で、スバルメローペが夜に楽しめるアイテムとして大きな扱いで記事掲載頂きました。今迄にない切り口の記事、弊社としては感謝の念に耐えません。

ところでスバルと言えば、最近ステレオカメラを使う運転支援システム「EyeSight(アイ サイト)」が話題になり、オプションでわずかプラス10万で付けられるレガシィの70%近くがアイサイト付きでお客様の手に渡っているそうだ。この手の運転支援システムは、もっとプリミティブなものでも数十万円もの価格がしていただけに、プラス10万円という価格設定は衝撃でした。

このアイサイトの開発リーダーのスバル技術本部電子技術部担当部長の野沢良昭氏は、天文ファンで、弊社が富士重工さんと関わるずっと前から天体望遠鏡STL-80A MAXI(スーパーのっぽさん)も愛用頂いてそうです。もちろんスバルメローペの開発の際にも、ご助言、ご協力頂いたのです。原村星祭り会場でお会いした時は、感激したものです。

レスポンス スバルアイサイト記事

スポンサーサイト



11月5日~7日、乙女高原星空観望会


 皆さま こんばんは
来る11月5日~7日、乙女高原星空観望会を開催することになりました。詳しくは乙女高原 星空観望会 ホームーページhttp://otome.sblo.jp/ をご覧下さい。

申し込み受付開始が遅くなってしまい申し訳ありませんが、皆さまのご参加をお待ちしております。

第一回SUBARU メローペ80Aユーザーズ&ファンミーティング@乙女高原

第一回SUBARU メローペ80Aユーザーズ&ファンミーティング@乙女高原

イベント名
第一回SUBARU メローペ80Aユーザーズ&ファンミーティング@乙女高原

日時
2010年11月13日から14日の1泊2日のイベント

参加資格 
天体望遠鏡SUBARU Merope80A ユーザーの方、天体望遠鏡SUBARU Merope 80Aに興味がある方

イベント内容
メローぺユーザー同士での交流を楽しみましょう!SUBARU Merope 80Aで月や木星やアンドロメダ銀河(距離210万光年)スバル星団(○光年)冬の散光星雲、散開星団を観察を観察しましょう。星空観察の楽しみ方、SUBARU Merope80Aの使い方など、座学も行います。
プロジェクターを用意しました。パソコンプラネタリウム、天体写真、各種天文関連ムービーなども上映予定
注意点 標高1500mなので朝方は氷点下5度から氷点下10度まで冷え込みます。本格的な冬装備が必要です。

参加費用
金峰山荘宿泊費のみ
宿泊費は1泊2食付で6300円  お子様は5500円です。


質問など連絡先
メローぺオフ事務局(株式会社スターライトコーポレーション内)10時から19時(月曜定休)
042-795-7687
        

開催場所の地図
宿泊場所 金峰山荘
現地への地図

参加申込は、下記をご覧の上メールにてお申し込み下さい。申込にあたり注意事項などもございますので、良くお読みください。

プライバシーポリシー
宿泊イベントのため、宿の予約上、個人名や住所などご登録頂きますが、頂いたプライバシーデータは二次的使用は一切しませんのでご安心ください。
本オフミに置いては、基本的にネット上でのハンドルネーム、本名など御自分の好きな方で名乗って頂いて構いません

いまのところ参加の注意点などは、下記ページに準じます。
近くにレストランや商店はありません。夜食などの食料品の入手は山に登って来る前に町中で(最寄りで車で約40分)ご用意ください。

今回のイベント後に(仮称)SUBARU メローペ80Aユーザーズ&ファンミーティング@乙女高原のウェブサイトを構築予定です。

星空観望会の場所
金峰山荘隣接牧場キャンプサイト
タープやテントも張れます。アウトドア用の椅子、机などはご自分でご用意下さい。

携帯電話
ドコモのみ通じます。AUとソフトバンクは圏外になります。

日程表

集合時間 11月13日 金峰山荘に14時(遅れる場合は宿にご連絡ください。)
金峰山荘(キンプサンソウ)
住所:山梨県山梨市牧丘町柳平41 電話:0553-35-4375

タイムスケジュール

11月13日(土曜日)

14時集合

14時30分ごろから、
星空教室
内容 SUBARUメローぺの話
天体観測の楽しみ方
今夜の星空解説など

1時間強の予定

15時から望遠鏡の設置

日没16時30分ごろ

夕焼け 月や惑星の観望会の開始(夕食まで)

夕食
19時半から、到着が遅くなる方がいらっしゃるのでそれに合わせます。
(夕食時間変更)

21時頃から夕食後観望会の開始
22時位まで
対象は月と木星など。

冬の星空解説(室内での座学を30分位)

23時ごろ月没

月明かりの無くなったところから、観測会を再開します。
月明かりの影響の無い、乙女高原本来の素晴らしい星空が楽しめると思います。
冬の星座解説と月明かりがあると良く見えない星雲星団を中心に観測します。

深夜まで観測会

14日(日曜日)

朝9時  朝食
朝10時 モーニングセッション
10時半 解散
希望者は、軽登山ツアー(無料)
14日昼食オプション
温泉オプション 塩山温泉や金峰泉(最寄り)に日帰り温泉があります。

天候、この時期の天候は、例年秋雨前線もなく通常比較的安定しておりますが、曇りや雨で星空が見えない場合もあります。
山の天気は局地的に変化が多く天気予報で晴れの予報でも星空が見えない場合もあり、また雨の予報でも星空が見える場合もあります。
基本的に雨天決行とします。災害が生じるような大荒れの天気が予想される場合は、前日にイベント開催の可否を運営チームにより判断させて頂きます。

申し込みの手順/キャンセル規定

申し込みの締切は11月7日深夜午前零時とさせて頂きます。基本的に雨天決行ですが、10日の正午12時までのキャンセルは、キャンセル料が発生しません。天候により参加を決めたい方は、ご自身で天気予報などをご覧になりご自身でご判断の上、10日の正午12時までにキャンセルして下さい。10日正午以降のキャンセルのキャンセル料一人あたり1600円に関しては、宿の口座に直接お振込ください。

宿のキャパシティの関係上、参加者の家族構成にもよりますが定員があります。定員は、参加人数だけでなく、家族やカップル、女性などの参加で個室優先度の高い人の参加の割合により20人から30人が上限となります。

期日以降のキャンセルの場合のお振込先
↓後日記載します。
○○銀行
○○支店 普XXXXXXXX
口座名 ○○


参加申し込み
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
申込はメールにてお願いします。申込メールアドレスは、下記になります。

solunarneo@yahoo.co.jp

メールのタイトルは、「メローペオフ参加申し込み」でお願いします。
●代表者氏名
●代表者住所
●代表者連絡先
●自宅
●携帯
●緊急連絡先

●他参加者氏名

●大人 子供の種別と人数
大人○名  こども○名
合計○名

●お車の台数
○台

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


参加費用
一泊二食付き、宿泊費は1泊2食付で大人一名6300円  お子様は5500円です。(当日宿に直接お支払い下さい。)


メローぺ持ち込み 有り・無し

上記宿泊代金は、14日朝に宿に直接お支払いください。

集合場所と宿泊地の住所・電話番号

金峰山荘(キンプサンソウ)
住所:山梨県山梨市牧丘町柳平41 電話:0553-35-4375

注意!

長野県にも同名の宿があります。ネットで検索しても一番に長野県の金峰山荘が表示されるようです。ですが私たちがお世話になっているのは“山梨県の金峰山荘”です。どうかお間違いのないようお願い致します。

必須な物

保険証(怪我や急病に備えて)、防寒具 防寒ジャケット・防寒パンツ・防寒下着・防寒帽子・防寒手袋・防寒靴(当日の最低気温は、低いと氷点下5度から10度)・使い捨てカイロ
照明器具 携帯型赤色LED照明が最適ですが、一般的な懐中電灯に赤色セロファンを貼り付けたものでも可、アウトドア用テーブルや椅子もご用意ください。
望遠鏡を保護する大きなビニール袋やテレスコープカバー(ゴミ袋でOK!)
山岳部のため天候が激変する場合があります。不意の降雨や降雪から望遠鏡を守るためです。

おやつ・飲み物・夜食

(宿泊場所近くには商店やコンビニなどいっさいありませんので現地調達は不可能です。夜食なども各自で調達お願いします。)




国立天文台三鷹・星と宇宙の日にブース出展させて頂きました。





毎年秋に行っている三鷹キャンパスの施設公開「三鷹・星と宇宙の日 (旧名称:三鷹地区特別公開)」が、今年は10月22-23日の2日間にわたって開催されました
22日 (金) は16-19時の天体観望会は曇天でビクセンさんも弊社も出展を見合わせましたが、聞くところによると、金曜日しか都合が付かなかったお客さまが、弊社やビクセンさん目当てで来られていたとのことで大変申し訳ございませんでした。23日 (土) は10-19時で、講演会、施設公開、研究紹介、天体観望会といった内容で、秋恒例となった三鷹のこのイベントとしては、7年ぶりの晴天となり雲は多かったものの沢山の方が月や木星を観察でき、イベントに出展した私として大変嬉しかったです。

会場からは、短時間ですがツイッターを利用し、iPhone経由でライブ動画の配信の実験を行いました。この種のイベントでは忙しく、もっと充実した内容のライブ配信を行いたいところでしたが、スタッフの人手不足で、短時間のライブ配信しか行うことができませんでした。

もっとこのイベントの魅力を皆さんにお伝え致したく、来年以降のライブ配信はもっと力を入れてやりたいと考えております。

また、沢山のラプトル50や60、アトラス60のユーザーさまや弊社が生産する富士重工のSUBARU メローペ80Aのユーザーさまの弊社ブースへの訪問、メローペ注文して今到着待ちのご報告を頂くなど、沢山感激させて頂きました。

年々、弊社のファンが増えていることを実感します。私としては、高級機ではありませんが、弊社の得意とする入門者用望遠鏡のトップブランドを目指し、日々慢心する事無く、着実な努力を続けることをみなさまにお約束いたします。

望遠鏡をはじめて手にする人達のファーストステップの敷居を下げ、正直に作り込んだ本物の望遠鏡の提供を追求して行きます。

みなさん、いつもいつも本当にありがとうございます。

(仮称)SUBARU メローペ80Aユーザーズ&ファンミーティング@乙女高原


SUBARU メローペ80Aユーザーズ&ファンミーティング@乙女高原

今回の企画の趣旨

弊社としましては、メローペをきっかけに星に興味を持った皆さんが、より楽しく充実した趣味の世界を理解して頂きたく、富士重工さん、スバル用品さん、他各社のみなさま、そしてなによりメローペユーザーの皆様に感謝を込めてこのイベントを企画したもので、この企画を天体望遠鏡の販促イベントにしたり、集金イベントにしたりする意図は全くありません。

今回、SUBARUメローペ80Aのお話が、弊社へ持ち込まれた際にSUBARUというブランドが、天体望遠鏡という全く車とは、かけ離れた分野の製品をユーザーにライフスタイルとして提案し、商品化する際にも、SUBARUのもつ、モノづくりに対するポリシーとユーザーに本物を提供しようとする姿勢に大きな感銘を受けました。SUBARUグループ社内から、様々な人達の力が結集し、そのまとめ役として大きな責任とやりがいを感じながら商品を企画し試作し製造しました。発売以来数百台のメローペを出荷してきましたが、今も変わらず工場側も含め一台一台を大事にお客様にお届けしようと心を引き締めております。

何かみなさんにお返し出来るものはないか。考えた結果が今回のイベントの開催でした。製造側、ユーザー側に心が通じ合えるイベントになればと考えております。弊社自体は、零細企業ですから、大きな会社のイベントのように、大きなものはなにも用意はできませんが、私の星空知識や星空観察の楽しみ方をみなさんと共有できたらと考えています。純粋に星空の楽しさを伝え、メローペの素晴らしさを理解頂き、この商品を世に出すにあたり、私が感じたSUBARUのグループ各社のものづくりに掛ける思いをみなさんに伝えたいと思います。

第一回ということで、弊社、メローペ製造元である(株)スターライト・コーポレーションが今回のイベントの企画立案を行います。今後の運営や企画も今回同様バックアップしていきますが、今後は「SUBARU メローペ80Aユーザーズ&ファンミーティング』の名の通り、ファンのみなさんで運営チームを組んで頂き、それをお手伝いする形を取りたいと考えています。事務局業務など面倒な事は弊社でお手伝いします。
弊社は、既に社会貢献事業として、小学校や街角、乙女高原など各観測地で星空観望会を数十回に渡り、企画しておりますので、色々お手伝いやアドバイスを出来ると考えております。

株)スターライト・コーポレーション
代表取締役社長 大沼 崇



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



イベント名 (仮称)SUBARU メローペ80Aユーザーズ&ファンミーティング@乙女高原

※※下記は暫定スケジュールです。時間などは変更に成る場合があります。

※※イベント参加への申し込み受付は数日内に行う予定です。



日時

2010年11月13日から14日の1泊2日のイベント



場所

宿泊場所 金峰山荘

現地への地図




いまのところ参加の注意点などは、下記ページに準じます。


今回のイベント後に(仮称)SUBARU メローペ80Aユーザーズ&ファンミーティング@乙女高原のウェブサイトを
構築予定です。


星空観望会の場所
金峰山荘隣接牧場キャンプサイト

集合時間 11月13日 金峰山荘に13時



タイムスケジュール

14時から、

星空教室

内容 SUBARUメローぺの話

天体観測の楽しみ方

今夜の星空解説など



1時間強の予定



15時から望遠鏡の設置



日没16時30分ごろ



夕焼け 月 観望会の開始





18時から夕食



20時から夕食後観望会の開始



対象は月と木星など。



23時ごろ月没



月明かりの無くなったところから、観測会を再開します。

冬の星座と星雲 星団を中心として観測します。



深夜まで観測会



14日



朝9時 朝食



朝10時 モーニングセッション



10時半 解散



希望者は、軽登山ツアー(無料)



14日昼食オプション

温泉オプションなど

11月13日から14日第一回SUBARUメローペオフを開催します



弊社が富士重工ディーラーを通して販売をしている天体望遠鏡SUBARU Merope 80Aは発売以来数百台規模のユーザー様にご愛用頂く迄になりました。来る2010年11月13日から14日に掛け、山梨市牧丘町の乙女高原周辺で第一回SUBARUメローペオフを開催する予定です。
イベントの詳細を詰めているところですので、詳細発表は後日となりますので今しばらくお待ち下さい。富士重工プレスリリースが昨年の12月1日に行われましたので、発売以来ほぼ1年ということでメローペ1才の誕生会もやろうかと考えております。もちろんメインイベントは夜の天体観測会です。

イベントの趣旨、主催なども後日発表いたしますので今しばらくお待ち下さい。

ラプトル60


初夏に発売したラプトル60が大人気です。ラプトル50に比べ、三脚架台をより高い倍率で観測する場合でも、快適に観測できる様により頑丈でスムーズな動きのものにし、三脚も高さの調整が可能な伸縮式のものにしました。
対物レンズも、三点式のスペーサーにしてより手を掛けた仕様になっています。
さらに接眼部も大型化し、金属製とすることで、将来様々な接眼レンズを使用できるようにしております。
ラプトル50とは対物レンズの直径で1センチ大きいのですが、集光力ではラプトル60はラプトル50の1.5倍あり、解像力が向上したことにより、惑星の模様もかなり見やすくなりました。

架台のスムーズさは、特に強調したい点で触った方は皆驚かれます。原型になっている架台の加工や組立の精度を上げて

10月9日から10日の二泊で乙女高原星空観望会






写真は、弊社が富士重工に供給するSUBARU MEROPE 80A天体望遠鏡です。全国のスバルディーラーでお買い求めになれます。






前回から観測場所を学校校庭からそのとなりのキャンプ場に移動しました。
今回、1日目の夜は激しい雨で星空に恵まれませんでしたが星空談義に花が咲き、2日目は見事に晴れ渡り、ほぼ一晩快晴の状態で星空観察を満喫できました。
詳しい報告は、乙女高原星空観望会のWEBサイトで行う予定です。








いつもお世話になっている山の宿「金峰山荘」

弊社WEBサイトもご覧下さい>こちらをクリック!

デントリペアの世界









車が
凹むと板金屋さんに駆け込むのが常でしたが、この10年位から、小さな凹みはデントリペアで直し、大きな凹みは板金屋さんへという人が増えていると言います。新車で買って2週間もたたないうちに、スーパーの駐車場でドアーを当てられ凹みが付いた時には本当に心まで凹んでしまいました。
プレスライン上でデントリペアでは無理、板金塗装で8万だか10万ですと言われ諦めていました(2年以上も放置)。

今回、弊社の専務が、降車する際に歩道のポールに私の車のドアーを強打し、6センチ近い大きな凹みを付けてしまいました(オイオイ!)
そこで、一年前に家内の車のドアーの凹みをきれいに直して頂いた町田のK's Factoryさんに自分の車を持ち込みました。フェンダー2箇所、ドアー2箇所 合計4箇所のデントリペアーです。
特に専務の付けた凹みは酷く、5センチ以上の範囲が凹み、さらに1本折り目が入っているふつうのデントリペア屋さんならちょっと無理かなというレベルのハードな凹みでした。無理なら板金塗装だなと覚悟をしていましたが、山内さんの腕は凄かったです!(福島県からわざわざ来るお客様もいらっしゃるとか!)

ほとんど見えないところまで、直してしまいました。作業の一部を横で見ていましたが、まさに神業でした。色々な職人技がありますが、こんな不思議で神秘的で習得が難しそうな職人技はなかなかありませんね。

詳しくは、下記をご覧ください。


私の車のリペアリポートが、下記(デントマンのリペアブログ)にも出ています。


弊社を記事中でご紹介頂きました。ありがたいことです!

車の凹みだけでなく、心の凹みも直す究極のデントマンの山内さん、車凹ましちゃった時は、是非ご利用くださいね。心の凹みも直ります(笑)

上の写真は山内さんが撮影したものです。


プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR