スポンサーサイト



相模原市立博物館ではやぶさの再突入カプセルが公開








JAXA相模原キャンパスの特別公開に合わせ、隣接している相模原市立博物館では、本日から明日まで小惑星探査機はやぶさの再突入カプセルの展示が行われています。
上の写真は、本日私の家内がカプセルを見に行った時に撮影したものです。カプセルやパラシュートなどメインの展示は、撮影禁止だったので写すことはできませんでしたが、カプセルを見に来た人の行列は開館直後にも関わらず2500人を超え、カプセルを見るのに1時間半も並んだそうです。

カプセルを見終わって出て来たら更に行列は伸びていたそうです。本日朝、私はフジテレビの目覚ましテレビにちょっとだけ出させて頂きましたが、エントリークラスの望遠鏡が今売れています。はやぶさをきっかけに沢山の人が星空に関心をもったためでしょう。

しかしながら、今までと変わらず、ホームセンターやスーパーの粗悪望遠鏡の販売も伸びているようで、
また今年の夏も、よく見えない望遠鏡を買ってしまう家族が居るのかと考えると、弊社もますますがんばらねばと考えております。

NHK BS2 22時から、はやぶさがテレビに登場します。

熱中スタジアム「宇宙ロマン(前編)&きき水」

川口プロマネもコメンテーターとして出演します!お見逃し無く!


めざましテレビ 午前7時前後にたぶん登場します。

一昨日、JAXAの小惑星探査機「はやぶさ」のからみで取材の依頼がありました。
本日9時半から、取材を受けまして滞りなく終了しました。

30秒か1分か、はたまた映らないのか分かりませんが、
今日(7月30日)


のフジテレビ系列「めざましテレビ」の朝7時前後(大雨で災害などが起きると翌日になるようです)で紹介されると思います。

お時間のある方は、ぜひご覧下さい。うちがでなくても探査機はやぶさの紹介がありますので!


7月18日田奈星空観望会


田奈の田んぼの農道でほぼ月に一回行われている星空観望会ですが、連休中日だったので参加人数は少人数を予想していたところ、農道が埋まるほどの参加を頂きました。一晩中天気にも恵まれ小口径から大口径まで様々な望遠鏡で沢山の天体を観測できました。一部の参加者は、日の出を見てから帰宅準備をするほどでした。

まだ横浜にあれだけの環境が残っていることは、本当に嬉しいことですね。横浜は明るいと言いながらも、青葉区や緑区はまだマシな環境が残されています。

回を重ねるごとに参加人数も増えてきました。それ自体は嬉しいことですが、場所的に限界の人数に近づいて来ているようです。


朝焼け~田奈星空観望会フィナーレ

7月18日田奈星空観望会

田奈の田んぼの農道でほぼ月に一回行われている星空観望会ですが、連休中日だったので参加人数は少人数を予想していたところ、農道が埋まるほどの参加を頂きました。一晩中天気にも恵まれ小口径から大口径まで様々な望遠鏡で沢山の天体を観測できました。一部の参加者は、日の出を見てから帰宅準備をするほどでした。

まだ横浜にあれだけの環境が残っていることは、本当に嬉しいことですね。横浜は明るいと言いながらも、青葉区や緑区はまだマシな環境が残されています。

回を重ねるごとに参加人数も増えてきました。それ自体は嬉しいことですが、場所的に限界の人数に近づいて来ているようです。


朝焼け~田奈星空観望会フィナーレ

今年の夏の星空



↑星図はクリックすると拡大できます。




主な天文現象
今年の夏は、日没後の西空に惑星が集結します。また夜半前には、東から木星が上がってきます。木星のすぐ近くに天王星がいます。海王星も木星と天王星よりやや東よりに見えているので、8月初旬であれば夜半まえに、水星から海王星まで全ての惑星を観察することも可能です。

8月半ばには、有名なペルセウス座流星群が観察できます。夜半過ぎにペルセウス座が北東の空高く上がってくる時間帯がもっとも沢山の流れ星を観察できるでしょう。今年は、月が新月に近いので月明かりに邪魔されることもなく絶好の条件でペルセウス座流星群流れ星の観察ができます。





天文現象詳細
7月
15日 月が金星の南を通る
16日 月が火星の南を通る
17日 月が土星の南を通る
24日 木星の動きが一時止まる(留)
28日 この前後数日 土星と火星が近づいて見える。
31日 この前後数日間、水星と金星と火星と土星が夕方の西空で集まって見えます。

8月
3日 下弦の半月 深夜に東の地平線から上ってくる。観測のおすすめ時間帯は午前2時区位から。
5日 プレアデス星団(すばる)と月が明け方の空で近づいて見えます。
7日 水星が太陽の東側に最も離れて見える(東方最大離角)日没後の西空低空で比較的観測しやすい。

8日 日没後の西空で土星と金星が見かけ上近づいて見えます。明るい金星を目印に土星を見つけてみましょう。
10日 新月(月が太陽方向にあり観測出来ない)
12日 三日月が日没後に見えてます。日没後太陽を追っかける様に沈んでしまうので、早めに観察してください。

深夜から13日明け方にかけて、ペルセウス座流星群が極大(最も流れ星が流れる)前後二から三日は、夜半過ぎから沢山の流れ星が見えるので、お見逃し無く。

17日 上弦の半月 日没の時南中(南の空で一番高い位置に来ます)月の観測のおすすめ時間帯は日没から夜9時位まで。地平線に近くならないうちに見ましょう。

25日 満月 (日没時に東の地平線からのぼってきます。)
そろそろ夏休みの宿題を片付けましょう。これ以上遅くなると間に合わなくなりますよ。

「ラプトル50」のアッパーグレード「ラプトル60」を新発売!


新型入門機ラプトル60を新発売しました。

ラプトル50のコンセプト「扱いやすさと低価格」を生かして、より洗練と改良を施した入門機です。ターゲットとしているユーザーの立場に立ち、改めて各部の仕様を厳密に洗いなおして追求し、「ただのスケールアップではないもの」を求めました。


プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR