ペンション スターパーティのPVを作成中


長野方面に出張に行くとほとんど必ず立寄る宿があります。木村オーナーが口径40センチのミード製シュミットカセグレン(フォーク式赤道儀)で色々な天体を楽しく案内してくれます。
八ヶ岳方面に旅行することがありましたら、ぜひご利用ください!


スポンサーサイト



太田市こども館のPVを作成


2010年5月5日に開館した、群馬県太田市の太田市こども館のPVを作成しました。素人でもMacBookのiMovieを使うと手間は掛かりますが簡単に出来てしまいます。マニュアルやヘルプなど一切参照せずに使えるのがApple社の製品の凄いところですね。iPhone,iPod,iMacと立て続けにヒットを連発し、アップル社の年間売り上げは、東芝を超え、SonyやPanasonicに迫る勢いだそうです。
独創的でイノベーティブな製品開発は、他の追随を許しません。スティーブ ジョブスの能力にあやかりたいものです(無理ですが)


怪我にご注意下さい・その2




天体観測中に突然折り畳み椅子椅子のパイプが折れ、椅子がつぶれ、その結果お客さまが頭を強打する事故があった事を先日のブログで報告しましたが、お客さまから折り畳み椅子のパイプの折れた部分の写真を送付頂いたので掲載させて頂きます。
お客様は、椅子から落下し頭を強打、奥様が揺するまで失神していたそうです。

溶接部分がいい加減で壊れたのかと考えていましたが、パイプがあたかも切断されたかのように折れています。断面があまりにも綺麗です。

また二本のパイプが、ほぼ同じ位置で同じ様に折れているのです。現在、販社側は世界中にワーニングを流しているそうです。なぜこのような事が起きたのか、報告が待たれます。

生産国は、中華人民共和国とのこと。弊社でもここのメーカーの家具や書架を使用しているのでちょっと怖くなりました。

みなさんも生産国に関わらず、天体観測中に使う椅子は雨露などで腐食しやすいとも思いますし、今一度点検して下さい。

メーカーのリコール情報ページには現在のところ掲載は無いようです。
調査中ということでしょう。またこの件がリコールになるかも分かりません。
この製品個体固有の問題である場合はリコールにはなりません。
他に何件か同じ様な事故報告がある、もしくはある一定の割合で欠陥品が混入し
危険であるという判断がなされた場合、きちんとしたメーカーはリコールをします。
http://www.ikea.com/ms/ja_JP/about_ikea/press/product_recalls/index.html

念のため申して起きますが、リコールや自主回収は恥ずべきことではありません。
問題となるのはリコール隠しです。

怪我にご注意下さい!


↑ 上の病院画像は、「素材ダス」 http://sozaidas.com/index.htmlよりご提供頂いております。

※先日、弊社のお客さまから天体観測中の事故の報告がありました。

以前、他のお客様でも中国製のパイプ椅子の溶接部分が突如外れたことにより同様の事故があり、その時は大事には至らなかったものの今回の事故はより深刻なものでした。(その際は低いパイプ椅子だったのと、芝生の上だったので尻餅をついた程度でした)

※今回の事故に関しては、今のところパイプ椅子の製造国は不明です。

弊社の屈折望遠鏡のっぽさんで天体観測を楽しんでいた時、観測に使用していたスチールパイプ椅子が突然に壊れ、
まともに後ろに転倒された際に後頭部を強打され、脳震盪で気絶してしまったとのこと。さらに、約10キロある弊社の屈折望遠鏡のっぽさんが倒れた時に引っ掛り、お客様の上へ倒れ込み、望遠鏡も壊れました。

本当に命に関わる可能性もあった重大事故です。今一度、お客様自身で観測に使っている椅子や机を点検してください。また新たに購入される場合は、できるだけがっちりした信頼性の高いものを選択してください。

暗闇で望遠鏡を覗いていると、私も平衡感覚を失いちょっとしたことでよろめくことがあります。ましてや体を預けている椅子や支えが突然こわれたら転倒の原因になります。

※ネットで調べてみたところ、椅子や家具などで溶接部分の不具合などによりホームセンターなどでもトラブルが発生しているようです。


※私もこれから点検をしてみます。

金星探査機あかつきに搭載される記念プレート


宇宙航空研究開発機構が明日早朝に打ち上げる予定の金星探査機「あかつき」に、弊社がスバル用品(株)に供給し、全国スバルディーラーを通して売られている天体望遠鏡SUBARU Merope 80Aの記念プレートが搭載されます。
富士重工、スバル用品、弊社(スターライト・コーポレーション)、他数社の名前と開発に関わったスタッフの記念写真がアルミ板にエッチングされたものです。金星探査機の外面に貼り付けられています。

始めは縮刷だと思っていましたが、JAXAの阪本先生の取り計らいでフルプレート(12センチX8センチ)もある大きなプレートで取り付けて頂けることになりました。

写真左がスバル用品板橋部長、その右隣が小林マシナリーの小林さん、真ん中が私、私の右がビクセンの都築部長、その左がカートピアの中村さん、一番右がスバル用品石藤顧問(撮影当時社長)です。

プレートのレイアウトは私がやりました。

このプレートが宇宙空間を飛び、金星の周回軌道に投入されると思うと感激してしまいます!

明日の打ち上げ成功を祈念しております!

新製品の発売予定!

http://www.youtube-nocookie.com/v/qjayROnVL1Q&hl=ja_JP&fs=1&color1=0xe1600f&color2=0xfebd01&border=1
↑望遠鏡工場の様子 三脚用パイプの切断と塗装ブース


天体望遠鏡のオプションパーツで思いついたアイディア商品がありました。近日発売予定の製品です。弊社の望遠鏡を製造委託をしている花巻の大一光学さんの不稼働在庫品のカメラアダプターがあるのですが、それをなんとか売って欲しいと頼まれたのです。
31.7mmのスリーブに対応した一眼レフ用の拡大撮影用カメラアダプターなのですが、一眼レフを細いスリーブで接眼レンズの固定ネジで支えるのはなんとも心許ない感じの製品です。高価な一眼レフカメラが落下したらと考えるとちょっと怖くて使えない製品なのです。某メーカーの依頼によって作ったものですが、そうした訳で売れなくてカタログから外れてしまったようです。で工場には在庫の山が残った訳です。

弊社としても、一眼レフが落下してしまう可能性のある製品を売るわけには行きませんし、どうしようかと考えていたところ、私の頭で閃いたものがありました。カメラアダプターのパーツを利用し全く違う用途に使うアイディア商品です。

うちの会社に良くいらっしゃるお客様にそれを見せると意外や意外!良い反応が得られました。作ったらぜひ欲しいとのこと。さて製作に取りかかろうと工場側と段取りを取り試作を依頼した後に、あるお客様から、「○×で同じようなのがあるよ!」とのご指摘!

このまま作って売ったら、デッドコピー商品ではないですが、完全なるコピー商品になってしまいます。私としては、それは「良くない!」と。

で、本日、そのメーカーに連絡し経緯を説明しました。アイディア的には、誰でも思いつくものだから、作って売っても良いですよとのこと。なんとおおらかな。でもわたしとしては、ライセンス料のようなものを決め、お支払いしたいと、少なくとも日本ではそれを作っているところは、そこだけですし、氏のアイディア商品ですし。ということで、弊社では、売り上げ個数に応じて、その商品に対してアイディア料を支払うことにしました。

6月以降に発売開始の予定です。乞うご期待!

今後の新製品発売予定
Scopetech ラプトル60 ラプトル50の三脚と架台を大幅強化した、ラプトル50のアッパーモデルです。
Scopetech 60A MAXI 60mm FL1000mm 4面マルチコート 金属セル仕様 鏡筒バンド、アタッチメントプレート付き  7月
Scopetech 40A mini(ちぴ/望遠鏡) 三脚付き/三脚なし
6月か7月には
Scopetech 40A solscope(みかん/太陽望遠鏡) 三脚付き/三脚なし
6月か7月には
Scopetech 40A DUAL (ちびとみかん) 三脚付き/三脚なし
6月か7月には
望遠鏡機能パーツ


双眼鏡新製品 OEM供給予定 一時試作完了

双眼鏡ストラップ 現在試作中 
(株)モビーディック共同開発品


新製品ラッシュとなります。

出張で滞在した気仙沼市内の星空



東北の地方都市の星空は、思ったよりずっと美しいものでした。もちろん光害(ひかりがい/人工の灯火により夜空が明るくなり星が見えなくなったり、作物や植物の生育を阻害する要因になる)はありますが、気仙沼の市の中心部から数キロの地点(宿)から天の川が見えました。横浜や町田近辺でも、せめてこのくらいの星空があればとうらやましく思った次第です。

後日紹介しますが、今回取材で訪れた一戸市観光天文台の星空はすばらしく、天頂付近は、スカイクオリティーメーターでの測定では、モンゴルの大平原並みの22等という値が出たそうです。

街路灯などを減らす事はできませんが、照明の効率をあげることにより、街路の明るさはより明るく、星空は暗く、消費電力を押さえる方法はたくさんあります。

そうした照明の普及が進むと良いですね。私の地元の横浜市緑区周辺には、まだ沢山の水田がありますが、実る米の粒は普通我々が目にするものよりかなり米粒が小さいのですが、その理由の一つに、夜になっても十分暗くならないという光害の影響があるそうです。そういえば、弊社の望遠鏡を生産する工場がある花巻市は、「ひとめぼれ」の生産地ですが、一度田んぼの農道に迷い込んだ時、本当に真っ暗で目が慣れるまでしばらく足下も見えなかったことを思い出します。

出張から戻りました!


↑ドライスーツ/ウェットスーツのトップメーカー 株式会社モビーディックの本社社屋 建物自体のデザインが「グッドデザイン賞」を受賞しているそうです。

今回は、さまざまな新製品の企画、試作、改良などがあり、あちらこちらの関係先を飛び回りました。望遠鏡業界だけではなく、商品の機能性を高めるために今までこの業界内では、考えられない企業とのコラボレーションも始まります。
具体的には、新型60mm屈折経緯台、60mm超長焦点屈折、40mm出張持参用ポータブル卓上屈折、他機能バーツ、機能製品などなどです。
 
そのうちの一つの製品が、私が昔、ヨットに夢中だったころドライスーツやウェットスーツでお世話になっていた、世界的なウェットスーツ、ドライスーツのメーカーである「MOBBY DICK INC./株式会社モビーディック」にお願いしているものです。
海上保安庁のレスキュー部隊のウェットスーツも、ここで隊員の体格に合わせひとつひとつオーダーメイドで作られています。今年の二月に初めてアポイントを取り、私の長年温め来たアイディアをお話し、試作品の制作をお願いしました。
私のアイディアは極めて初歩的なもので、それを彼らの知恵で具体化したのです。高度な職人の技を駆使し作られ、試作品とは思えない程の驚くべき完成度を誇っていました。

前回初めて行った時にも議題にしたのですが、今回の試作した機能商品は、そのまま市場に出したのでは確実にコピー商品が出てきてしまうという問題がありました。弊社の協力工場の製品を、中国の工場にそのまま持って行き、そのままコピーを作らせ、平気な顔をして量販店で売っている会社がある程ですし、ビクセンさんのGP赤道機のまんまコピー商品をカメラショーの会場でそのまま展示してしまう会社もあるほどの無法状態であるということをすべて説明したのです。

中国で不正なコピーを作らせないようにすることはおそらく不可能ですが、先に述べたような事が起こらないように準備や対策は抜かりなく行いたいと考えています。そして世界の有名ブランドのOEM製品を供給する会社の知恵と協力を得ながら、今はまず製品の完成度を高めて行きたいと考えています。



今回の出張は走行距離1900キロを超えました。省燃費な車で出張しました。高速道路/一般道比率は、55対45、16.5km/lの燃費となりました。

今回の出張ルート



写真は、太田市こども館に10台設置された、弊社がスバル用品にお納めしている天体望遠鏡SUBARU MEROPE80Aです。一昨日5月5日に開館式が行われた時の様子です。

今回の出張の一番はじめの目的地が、群馬県太田市のこども館でした。
今回の出張ルートです。こちら

目的地は、群馬県太田市、望遠鏡工場、一戸観光天文台、石巻メーカー、滝根村の天文台他数カ所です。総走行距離は約1600km程になります。東北地方を周回するルートです。

新製品の企画関連や修理品の配送、お客様サポート、取材二件、星空観望会の下見、開館記念行事出席など内容は盛りだくさんです。
低燃費、安全運転を心がけて、帰宅は12日の予定です!

プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR