ビクセン新型鏡筒のAX103Sで撮影したスバル星団


上記の写真は、ビクセンのSMD氏が、新型鏡筒AX103Sで撮影したものです。ビクセンの伝説のフローライト鏡筒FLシリーズを大幅に上回る鏡筒とのことです。

ため息が出るほど美しい写真ですね!
スポンサーサイト



後日談追加!世界天文年2009にも繰り返される愚行(乱売される粗悪な天体望遠鏡)




日本経済新聞3月14日27面朝刊掲載の記事を見て欲しい。新聞販売店に行けば今でも手に入れることができます。

このブログ自体に記事を出すことに関しては、もちろん日本経済新聞社には許可を得ていないので、内容が読めない程度にモザイクをかけた状態での写真掲載としました。これでも著作権に抵触する可能性はあるかもしれません。

内容は、今年は世界天文年で天体望遠鏡が昨年の1.5倍売れているというめでたい記事。その中心は、2万円前後のこれまで少なかった低価格の入門機とある。入門機を中心に品揃えが増え、これまで天体望遠鏡を手にしたことの無い人にどんどん売れているというのだ。ここまでは良しとしよう。

記事はその後も続く、「売れ筋はケンコーのスカイウォーカー SW2PC 実勢価格17800円。」粗悪品の代表格であり、問題になっている製品そのものだ。弊社で売っている星の手帖社35倍、組立天体望遠鏡2880円より解像力のない粗悪品である。

日本経済新聞社の記事でもこんなものか。取材し記事を書いた記者には、ジャーナリズムとはなにかと問いたい。不勉強にも程がある。

天文現象や天文イベントの度に長年繰り返されて来た良心のかけらもないメーカーと、不勉強な無教養な記者による無責任な記事、アマチュア天文家の大部分が見て見ぬ振りをしてきた粗悪望遠鏡の存在。そんな状況下で繰り返されてきた粗悪望遠鏡の乱売。なんの進歩もない入門用望遠鏡の品質改善、最悪の状況に幻滅を覚える。

また、沢山の子どもや入門者が騙され、星空の美しさを卑しい人の心から産まれた最悪の望遠鏡が汚している。

この記事に対するクレームは、新聞販売店で新聞を買われてからにしてください。
日本経済新聞社
東京 03-3270-0251
大阪 06-6943-7111

さらにみなさんにお願いしたいことがあります。皆さんのブログやネットの掲示板、WEBサイトで粗悪望遠鏡の警告を今一度告知して欲しいのです。


「後日談追加」
今回の新聞記事の件に関しては、世界天文年日本委員会へ親しくしている担当者レベルでの報告を行いました。
世界天文年の紹介と併せてこのような問題商品が新聞記事として紹介されるのは、非常に大きな問題であるとの認識で、なんらかの対処を考えて行かないといけないとの共通認識を持つことができました。
私からは、メディアからの取材やプレスリリースを出す際には、取材記者に対して粗悪望遠鏡に対する情報を流すように提案をしておきました。
ますます増えると思われる「世界天文年」に絡んだ報道で、粗悪品が世の中に広まる事態だけは避けないといけません。

店内にちいさな黒板とてるてる坊主を設置


店内にちいさな黒板とてるてる坊主を設置しました。
黒板は、イベントのスケジュールを書き込む事にしました。最近雨ばっかりだねという電話が多いのですが、会話の中でじゃあうちでてるてる坊主を作りますよという話になり、弊社の女性従業員に、業務命令で、てるてる坊主を作らせました。男が作ってもこんなかわいいのは出来ませんね。

プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR