先週土曜日に行ったミニ観望会の様子


先週は、超ベテラン勢からファミリーまで参加していただき、田園都市線田奈駅まえの田んぼで観望会を行いました。あいにくの天気で、星はちらちら顔を覗かせる程度でしたが、撮影した天体写真の画像を見せながらベテラン勢がミニミニ講習会を開催。あいにくの空模様にも関わらずみなさんまずまず楽しんで頂けたようで、安心しました。
皆さんが帰られた直後には、霧雨となってしまいました。こんごも不定期にはなりますがこのような機会を設けたいと考えております。
みなさまよろしくお願い申し上げます。

弊社運営サイト
[http://www.astrodea.com/ アストロデア.com]シチズン・アストロデア天体時計直販サイト
[http://www.scopetown.co.jp/ スコープタウン.jp 3号店パーツショップ「新規開店」]
[http://www.scopetown.co.jp/tele/ スコープタウン.jp 2号店 初心者用望遠鏡ショップ]初心者向けに機種を絞ったお店
[http://scopetown.jp/ スコープタウン.jp 本店 初心者用望遠鏡ショップ]ある程度紹介機種を広げたお店

スポンサーサイト



みなさんのおかげで会社創立一周年

会社創立一周年

皆様の多大なるご支援のお陰で、株式会社として登記してから一周年を無事迎える事が出来ました。この一年スタッフが力を合わせ文字通り全力疾走で駆け抜けて来た感があります。先日弊社の経営全体を見ていただいている昭和税理法人の古舘氏と白石氏にも、時には立ち止まって地固めをする時間も必要だとの助言を受けました。会社経営者となって私が一番重視してきたのは、素早く的確な経営判断とスピーディーかつ強力な事業展開能力です。私の持論としては、ここのスピードが速ければ速いほど会社の経営者としての能力に優れると考えています。
しかし、色々な面でひずみが出てきたのも事実でした。現在のマンパワーに対して、過重な業務がいくつか出てきてしまっている点です。弊社は一般の販売店と異なり、様々な販売以外の仕事、例えば天文用の入門書の作成や、図版の作成や記事の執筆。産業用の光学機器まで手を広げています。これからも弊社を特色付けるこれらの業務にも更に力を注いでをいくのはもちろんのことですが、その前に、今までに構築したこれらの業務を総点検し、効率化をはかり、地固めをしなさい。というのが会計士の先生方の助言でした。
たった4人しかスタッフがいない会社なのです。弊社に4人目が入ったのが、5月1日、会社設立前からイメージしていた理想的なチームが私の目の前にあります。今一度、ひとりひとりの能力を生かし、これまで通り楽しく働ける職場の環境作りを目指します。
それが結果的には、顧客サービスの質の向上に大きく寄与することは言うまでもありません。大きな会社に居たときの経験から学んだのは、職場のチームワークが良くないところは、提供するサービスの質も大きく低下する。仕事の質も低下する。アイディアも産まれない。売上げも上がらない。という最悪の結果です。

点で仕事をせず面で仕事をする。
(続く)
弊社運営サイト
[http://www.astrodea.com/ アストロデア.com]シチズン・アストロデア天体時計直販サイト
[http://www.scopetown.co.jp/ スコープタウン.jp 3号店パーツショップ「新規開店」]
[http://www.scopetown.co.jp/tele/ スコープタウン.jp 2号店 初心者用望遠鏡ショップ]初心者向けに機種を絞ったお店
[http://scopetown.jp/ スコープタウン.jp 本店 初心者用望遠鏡ショップ]ある程度紹介機種を広げたお店

My First Vixen (私が手にした最初のビクセン製品)


My First Vixen
人間工学(Ergonomic)
エルゴノミクス・デザインが脚光を浴びはじめたのは、コンピューターが普及しはじめたころのため、比較的新しい概念と考えられがちであるが、色々としらべて見たところ、どうも1970年前後からはじまった学問のようです。
現在、バリアフリーとかユニバーサルといった言葉で、あらゆる人々がより人間的な生活のための道具や環境を享受できるような工夫が叫ばれています。そのための研究および活動がさまざまな分野で行われています。
 およそ人間が使用する道具全てに関係する工学で、私たちが日常的に使う筆記用具や台所用品などでもこのエルゴノミクス・デザインのものは沢山目にすることができます。エルゴノミクスという言葉がはやりはじめた頃は、なにを間違ったのか、非常に奇抜なデザインで使用者のことなどなにも考えていない変なものが沢山ありましたが(これがまた使いにくいのです)こうした形だけのエルゴノミクスデザインは最近は影を潜め、最近は筆記用具などでも「おっ!」というものが沢山出てきています。
つい先日ですが、ペンで手紙を書いていて、「なんか今日は字が上手にかけるな。」と感じてさりげなく握ったペンを見てみると、絶妙な重量バランスをもち、軸の部分は手にフィットする絶妙なカーブをもった外国製のボールペンでした。
 前置きが長くなりましたが、写真の虫眼鏡は、私が小学校低学年の頃(いまから30年以上前)昆虫採集に夢中だったころ、母親に買い与えられた虫眼鏡です。ご注目頂きたいのは、絶妙な裏ぞり状態の柄の部分と柄の断面形状です。この頃の虫眼鏡(今でもそうですが)虫眼鏡の軸の断面は円ですが、この虫眼鏡の柄の断面は、簡単にいえば楕円形状でレンズ枠の面から水平に出ているのではなく、裏ぞり状態となっています。握ると手のひらにぴたりとフィットし、まるで自分の手の一部のように使えて大変使いやすい形状なのです。まだエルゴノミクス・デザインの考えが普及する前の大変先進的なデザインの虫眼鏡です。


 この虫眼鏡ですが、数年前に実家で荷物の整理をしていた際に、おもちゃ箱から出てきたのです。何十年ぶりかの再会でしたが、特徴的なデザインにぴたりと目にとまり、自宅に持ち帰ってきてしばし昔の思い出にひたりながら眺めていると、なんとVのロゴが柄の付け根にあるのを発見してしまいました。なんとこの虫眼鏡「ビクセン」の商品だったのです。

小学校高学年になってから、誕生日プレゼントで両親から貰った顕微鏡がMy First SonyならずMy First Vixenだとばかり思っていたので、これはちょっとした驚きでした。その後ビクセンにこの虫眼鏡を持ち込みお話をお聞きしたところ、型から出てきた状態では、柄はレンズ枠に対し水平に出ているものを、なんと職人さんがひとつひとつ使いやすい角度に曲げて作っていたそうです。

この曲線美の虫眼鏡、今は弊社のショーケースに大切に展示されています。ご来店の折には是非ご覧下さいね。

弊社運営サイト
アストロデア.comシチズン・アストロデア天体時計直販サイト
スコープタウン.jp 3号店パーツショップ「新規開店」
スコープタウン.jp 2号店 初心者用望遠鏡ショップ初心者向けに機種を絞ったお店
スコープタウン.jp 本店 初心者用望遠鏡ショップある程度紹介機種を広げたお店

初心者には自動導入の望遠鏡はオススメできません!

自動導入の天体望遠鏡は入門用の最初の一台として向いているのか。

星空の基礎をまだ知らない初心者には自動導入の望遠鏡は向いていません。

星の位置が分からなくても、自動的に視野内に見たい天体を導いてくれるのが「自動導入の天体望遠鏡」だと勘違いをしている初心者が沢山いらっしゃいます。弊社にも自動導入の天体望遠鏡を扱っていないのか?という初心者からの質問電話や質問メールが沢山来ます。
 
 「もちろん、扱っておりますよ。」と返答し、「しかしながら、季節の星座の星の配列と星座の名前や星の名前を知らないと自動導入は使えません。」「自動導入に必要な初期設定を夜空の星を利用して行うことが出来なければコントローラーの十字の矢印のボタンで縦横に望遠鏡を動かし望遠鏡の視野に天体を導入するはめになり、そうした使い方では、自動追尾もしません。モーターは動きもおそく、十字キーで望遠鏡を使うといらいらしますよ。」と言うと、大抵のお客様は、びっくりされます。

また「アルカリ電池を大量に使用し、ランニングコストも馬鹿になりませんから、結局野外用の高価で重たい野外用バッテリーを購入する必要があります。」と説明します。ここまで説明すると、お客様が自動導入の天体望遠鏡を購入する意欲は完全になくなってしまいます。

 販売店としては、自動導入機が売れれば、値段が高価なだけに、売上げがあがりますから、普通はこんなネガティブな説明はしませんね。でも、自動導入の望遠鏡は、星座の配列を知らない初心者にとっては、使いこなしはむずかしく、挫折の大きな原因になってしまっています。

自動導入機のメリットは、肉眼やファインダーでは探しにくい暗い天体の導入です。私も便利に使っていますが、あくまで時間があるときに、じっくり星空を観察できる時に使います。普段の星見はすべて手動の屈折式経緯台です。出動回数が一番多いのは屈折式の手動経緯台なのです。結局のところ、最も使いやすく、最も手軽に使える望遠鏡は、口径10センチまでの屈折望遠鏡で、使いやすい手動経緯台に載ったものがベストなのです。
バッテリーを用意する必要もなく、配線をする必要もなく、面倒な初期設定をする必要もなく、見たい方向にさっと向けられる望遠鏡が一番使いやすく面倒がないのです。

自動導入の望遠鏡を使う手順は、下記の通りです。
まず、望遠鏡を説明書に書いてある方角に向けます。説明書に書いてあるとおりの姿勢にモーターの十字キーを使って望遠鏡の向きを変えるわけです。
次に、基準とする一つの星を表示されるリストより選びます。たとえば夏ならわし座のアルタイルなどを選び、基準となりうる星を視界の中央に導入します。ぴったり中心に導入し、そこで決められたボタンを押し、コントローラー内のコンピューターに視界中央にアルタイルが入った事を教えます。正確に自動導入させるためには、3つの星でそうした作業を繰り返します。それが終わってはじめて正確な自動導入と自動追尾が行えるようになるのです。なれた私でも10分はかかる作業です。目の前に見えている月を導入するにもそうした作業が必要なのです。
季節の星座の代表格を少なくとも数個と、初期設定しやすい星の名前をいくつか知らなければ、出来ないことなのです。

天体観測の最初の一歩は、星座とそれを構成する星の名前を覚えることです。そして、ひとつひとつの星がなんであるのか。どんな星であるのか。それを知ることが楽しいですし、星座のフィギュアのなかのどこにどんな宝石箱(星雲や星団)があるのかを知り、あなたの望遠鏡の筒先を向けてみて、そこにある宝石を発見するのが、天体観測の醍醐味なんですね。

また、見応えのある惑星は、すべて一等星より明るいですから、望遠鏡を使わずとも、星座のどのあたりにあるかが分かっていれば、自動導入で導入するより、手動の使いやすい経緯台で導入する方が早いのです。

星座と星の名前を知っていて初めて使うことができる自動導入の天体望遠鏡ととりあえず、目の前に見える星や月を星座を知らなくてもどんどん導入できる手動の屈折式の天体望遠鏡、どちらが使いやすいか。わかっていただけましたでしょうか。

月や明るい星にどんどん望遠鏡を向けてみて下さい。また季節の星座の代表格を覚えて下さい。そして明るい星に付けられている名前やその由来、性質や星座の神話や物語を本で勉強してください。宇宙空間の広がりやその成り立ちを知って下さい。

あなたの見ている星空は、今は単なる無秩序に散らばる星に見えるでしょうが、理解と星空の知識を吸収するにつれ、物語に満ちた、また奥行きのある、全く違った宇宙が1年後のあなたには理解できるようになるはずですし、そのころには、望遠鏡を使いこなし、さらなるディープスペースを探求するスキルがあなたには備わっているはずです。

弊社運営サイト
[http://www.astrodea.com/ アストロデア.com]シチズン・アストロデア天体時計直販サイト
[http://www.scopetown.co.jp/ スコープタウン.jp 3号店パーツショップ「新規開店」]
[http://www.scopetown.co.jp/tele/ スコープタウン.jp 2号店 初心者用望遠鏡ショップ]初心者向けに機種を絞ったお店
[http://scopetown.jp/ スコープタウン.jp 本店 初心者用望遠鏡ショップ]ある程度紹介機種を広げたお店

弊社の今期の目標について

弊社の現在までの流れ

2005年3月10に、大沼 崇の個人事業としてはじまったスターライト・コーポレーションは、2007年7月19日に株式会社として登記をし、天文時計販売事業と天体望遠鏡の販売事業を二本の柱として、ネット通販と店舗販売、更には一部商品の卸を行って参りました。またビクセンの季刊科学情報誌「SO-TEN-KEN」の天文情報ページの執筆と図版作成などもしております。
2006会計年度( 2006年 7 月~ 2007年5月)は、おかげさまで黒字決算となり、当初の売上げ目標をほぼ達成するにいたりました。
2006年7月代表取締役社長として大沼崇、専務取締役として中村亮の2名で発足、その後10月に町田市成瀬に事務所を開設。社員を一人採用3人体制となりました。翌2007年5月に更に社員を一人増員し現在4人体制となっております。

2007上半期になにをするか。(望遠鏡事業について)
2006年5月から立ち上げたパーツショップの取扱商品の拡大と5000円代から15000円程度までのトイグレードスコープに高品質な天体望遠鏡を投入します。現在この市場は、ほぼ100%が中国製の粗悪品で占められており、弊社としては、この市場に高品質な「よく見える」望遠鏡を投入することにより、天文趣味人口の拡大を狙っています。

現在、数千円から2万円までの価格帯のエントリースコープ市場は、荒廃を極めています。初心者が最初に手にする天体望遠鏡は、ほとんどが機能不全の粗悪品であり、他の趣味分野と比較しても異常な状態にあります。見えない、動かない望遠鏡が大手を振って売られている現状はを変えるべく、弊社は努力を続けて参りたいと考えています。

 他の趣味分野、たとえば「釣り」に置いても、最初に手にする釣り道具は、ホームセンターなどが多いようですが、魚を釣り上げたとたんに壊れる竿やリールが売られているような事はありえませんが、入門用の天体望遠鏡では、そうした機能不全の粗悪品が大量に乱売されています。そうした望遠鏡を最初に手にした入門者がその後も趣味として星を見る可能性は限りなく低いものと考えます。ホームセンターで売られている、USBカメラ付きの売価17800円の6センチ天体望遠鏡を試用しましたが、私が使用しても架台に致命的な欠陥を抱え、視野内に土星を導入するのに15分もかかり、また光学系の精度が劣悪で土星もまともに見えない天体望遠鏡が売られている状況に大きな憂慮を覚えます。

まずこの状況を少しでも好転させるべく弊社としては最大限の努力をすることをお約束します。

また、弊社としては、弊社のような小さな組織で、また私たちのような若輩者の力だけでは、上記のような状況を改善出来るとは考えていません。天文分野で長年活躍されている皆様のご協力が不可欠と考えております。

どうか皆様のお力やお知恵を貸して頂けるようよろしくお願い申し上げます。

現在試作を進めている入門機3機種

MODEL A

口径50mmF600mmから800mm 倍率は30倍から80倍まで、経緯台、微動なし。三脚付き 対物レンズは日本製分離式アクロマートレンズ(一面コート)、接眼レンズは日本製もしくは品質の良い中国製、鏡筒外国製、最終的な組立調整や内部の艶消しは日本でおこなっています。

現在、試作品があがっていますが、口径なりの解像度は達成しており、木星の表面模様の変化もとらえられる性能を発揮しています。また鏡筒内部の艶消し処理や適切な場所に絞り環を付けた事により、月面などを視野内に入れた場合も極めてしまりの良い視野が得られています。
星の手帖社の「組立天体望遠鏡」の次のステップとして考えています。

予定価格 6480円

MODEL B
口径60mmFL600mmからFL900mm 上下部分微動付きフォーク型経緯台。水平微動はなし。対物レンズは日本製分離式アクロマート(一面コート)30倍から100倍程度、MODEL Aと同じく接眼レンズは日本製もしくは品質の良い中国製、鏡筒外国製、最終的な組立調整や内部の艶消しは日本でおこなう予定です。
カッシーニの空隙が確認出来るレベルの光学系を目指しています。
予定価格 1万5000円

MODEL B DX

口径60mm FL900mm 上下部分微動水平部前周微動付きフォーク型経緯台。水平微動はなし。対物レンズは日本製分離式アクロマート(一面コート)45倍から150 倍程度、MODEL Aと同じく接眼レンズは日本製もしくは品質の良い中国製、鏡筒外国製、最終的な組立調整や内部の艶消しは日本でおこなう予定です。
カッシーニの空隙が確認出来るレベルの光学系を目指しています。 

予定価格 2万円以下

宇宙開発関連

国際宇宙ステーション(CG全体像)

ロシア ソユーズ TMA 打ち上げ

デルタロケットオンボードカメラ


ESAアリアン5 1996年初号機打ち上げ失敗


ESAアリアン5 現在の安定したアリアン5






X-15

日本の宇宙開発

小惑星探査機ハヤブサ(日本語字幕)



H2A 地球観測衛星「だいち」の打ち上げまで

今年の夏の天文現象ハイライト「皆既月食」8月28日について


月食は、月に地球の影が起きる事によって起こる現象です。すなわち、太陽→地球→月がほぼ一直線上に並んだ時にしか起こらない現象ですから、満月の時にしか起こりません。でも7月30日の満月を観測して下さい。月食にはなりません。太陽→地球→月が一直線に並んでいないからです。月が地球のまわりを回る軌道が、地球が太陽を回る軌道に対して5.2度傾いているので、満月の度に毎回月食にはならないのです。仮に地球の軌道と月の公転軌道が同一平面上にあったなら、新月の度に日食が起こり、満月の度に月食が起こる事になります。下の図に7月30日の満月と地球の影の位置関係の図がありますので、実際に満月を見ながらどの辺りに地球の影があるのか観察してみましょう。

8月28日は、日本全国で久しぶりに皆既月食が観察できます。太陽が沈むとほぼ同時に東の地平線から満月が昇ってきますが、今回の月食では、既に地球の影が月に映り、欠けた状態で昇ってきます。月が本影と呼ばれる影の一番濃い部分にすっかり飲み込まれるのが、午後6時52分です。完全に見えなくなるのではなく、月が赤黒く染まる様子が観察できます。
なぜ赤黒く染まるか、下の図を見て下さい。地球に大気が無ければ影で太陽光が完全に遮られ、完全に見えなくなってしまうはずなのですが、地球には我々が吸っている大気があります。太陽の光は、大気によって屈折し、また分厚い大気を通ってくる間に太陽の光のうち青い光の成分がちらされます。(空が青く見えるのはそういう理由です。)そして残りの赤い光が月面を照らし出すことにより、美しい赤銅色に月が輝きます。ここ地上で見ていても太陽は日没前になると赤くなり、空は夕焼けに染まりますが、あの夕焼けの光が月面にあたってあの様な色に月が染まるのです。

弊社運営サイト
アストロデア.comシチズン・アストロデア天体時計直販サイト
スコープタウン.jp 3号店パーツショップ「新規開店」
スコープタウン.jp 2号店 初心者用望遠鏡ショップ初心者向けに機種を絞ったお店
スコープタウン.jp 本店 初心者用望遠鏡ショップある程度紹介機種を広げたお店

7/6 平塚七夕祭りにビクセンさんと共同出店しました


有名な平塚七夕祭りにビクセンさんからお誘い頂き共同出展しました。日の入り直前まで晴れていましたが、残念ながら曇ってしまい星を見られずじまいでしたが、弊社で天文情報ページを記事製作と図版製作So-Ten-kenをたくさんの人に配ることができました。

先日ご紹介した、モスグリーンメタリックの8センチ国産鏡筒とポルタ経緯台を組み合わせたSTLー80AMS(口径80mmFL800mm)と、開発中の小望遠鏡の試作機を持ち込み、さらに星の手帖社の組立望遠鏡と「天体望遠鏡で楽しむ星空ガイドブック」を販売しました。

たくさんの子供達が遊びに来ていましたが、星空を見せられなかったのが残念です。

弊社とビクセンさん以外では、国際航業さん、アストロアーツさんが出展しておりました。みなさんまた来年会場で会いましょう!

弊社運営サイト
アストロデア.comシチズン・アストロデア天体時計直販サイト
スコープタウン.jp 3号店パーツショップ「新規開店」
スコープタウン.jp 2号店 初心者用望遠鏡ショップ初心者向けに機種を絞ったお店
スコープタウン.jp 本店 初心者用望遠鏡ショップある程度紹介機種を広げたお店

七夕に星が見えなくなるように夜空をライトアップ!福岡タワー株式会社は....

天の川イメージ、福岡タワーがイルミネーションを試験点灯

http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_07070105.htm

七夕の夜に、わざわざ星が見えないようなライトアップを行うようです。日本も終わってますね。
各自治体で光害(ひかりがい)防止条例が各地で施行される中、知性のなさに脱帽しました。
夏休み中ずーっとやるそうだ。

http://www.fukuokatower.co.jp/index.php


反対意見はこちらへ
http://www.fukuokatower.co.jp/cgi-bin/form/form.cgi
電話などはこちらへ
福岡タワー株式会社
〒814-0001 
福岡市早良区百道浜2-3-26
TEL.092-823-0234
FAX.092-822-4656
E-mail info@fukuokatower.co.jp


wikipedia 光害
http://ja.wikipedia.org/wiki/光害
光害その他
http://www2a.biglobe.ne.jp/~wakaba/
http://astro.magma.ad.jp/hikari/hosizora.htm

ポルタSTL-A80MS モスグリーンメタリック(特注品)


ポルタSTL-A80MS モスグリーンメタリック(特注品)
今週末仕上がってきました特注品です。
女性のお客様からのご注文でした。
望遠鏡にはなかなか無い組み合わせの色だけに、仕上がるまで少しだけ不安でしたが、なかなかポップな感じの望遠鏡に仕上がりました。見慣れてくるとかっこいい!

望遠鏡は、白と黒!がオーソドックスです。わたしも出来上がるまでは何となく不安を感じてしまいましたが、理化学機器臭が消え、アウトドアショップでテントの横においてあっても違和感ないですね。
なにより、難しそう!な雰囲気が消え、私でも扱えそう!な感じになりました。今回、二本ためしで作りました。店頭にしばらく置いておきますので御覧になりたい方はどうぞ。

はじめどきっ!としますが、見れば見る程かっこいいです!

ポルタSTL-A80MS (通常品)は下記リンクを御覧下さい!!
http://scopetown.co.jp/SHOP/HSDX880P.html



弊社運営サイト
アストロデア.comシチズン・アストロデア天体時計直販サイト
スコープタウン.jp 3号店パーツショップ「新規開店」
スコープタウン.jp 2号店 初心者用望遠鏡ショップ初心者向けに機種を絞ったお店
スコープタウン.jp 本店 初心者用望遠鏡ショップある程度紹介機種を広げたお店

コリメーターを受注しました。




弊社では、コリメーターの組立や製作も受注しております。写真は、大手カメラメーカーへ納品するレンズ検査用の高精度コリメーターの組立風景です。レンズの口径は120mmですから、かなり大きな天体望遠鏡といったところです。先々月にも10台程、口径80mmの小型のアポクロマートレンズを使ったコリメーター用望遠鏡を納品しました。光学機器に関することは、望遠鏡に限らず守備範囲を広く、間口を広くして対応していきたいと考えております。


弊社運営サイト
[http://www.astrodea.com/ アストロデア.com]シチズン・アストロデア天体時計直販サイト
[http://www.scopetown.co.jp/ スコープタウン.jp 3号店パーツショップ「新規開店」]
[http://www.scopetown.co.jp/tele/ スコープタウン.jp 2号店 初心者用望遠鏡ショップ]初心者向けに機種を絞ったお店
[http://scopetown.jp/ スコープタウン.jp 本店 初心者用望遠鏡ショップ]ある程度紹介機種を広げたお店

プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR