怒りを覚える(5)~100%嘘で塗り固められた天体望遠鏡


「あきれた付属品、接眼レンズはケルナーの刻印が、でもそれも大嘘だった」

箱を開けて感心したのは、ケルナーの刻印のある接眼レンズ、バローレンズさえ使わなければよく見えるのではないか?と思った。望遠鏡工業会に属するどこぞの一流企業が販売する望遠鏡よりましじゃないかと思ったが、甘かった。
分解してみるとラムスデンだった。しかし対物レンズが虫眼鏡以下の精度でしか磨かれていないので、たとえオルソを使っても全く見えない望遠鏡だと気付いたのは、10分後のことだ。

よくもここまで見えない望遠鏡を生産し、販売したものだ。

明日は、この望遠鏡を売った販売店に電話をかけてみることにします。


この望遠鏡を売っている販売店に電話を掛けてみた。
もちろん望遠鏡の事は、全く知らない。クレームもほとんどなく。普通に売れているとの事。
こちら側で確認した数々の問題点を欠陥箇所を指摘した。
とりあえず在庫もおかしいかいくつか覗いてみるとの事。いったん電話を切って30分経過をしただろうか、再び電話が鳴った。はじめて覗いたが、素人目で見てもよく見えない。比較対象がないので他の望遠鏡を覗いてみたいが何処で覗けるか。との事だったので、本屋で注文すれば買える「組み立て天体望遠鏡」を案内した。
とにかく、悪いものとは知らなくて、店主としてはショックを受けているようだった。買ったお客さんも被害者であるが、店も被害者である。

ため息しか出ませんね!

スポンサーサイト



怒りを覚える(4)~中国製ゴミ望遠鏡の実態


「望遠鏡の心臓部、対物レンズは光学ガラスではなく窓ガラスで作られていた。しかし見え味を著しく損なっている原因は別にあった。」

使用されているレンズは張り合わせ式のアクロマート。レンズのうち一枚は断面が青く見える青板ガラス。光学ガラスではない。日本でも戦前戦後の天体望遠鏡では良く使われていた様です。ピントがどこであっているのか分からない程酷い対物レンズだ。一番の問題はガラスの素材ではなく、光に透かしてみると、同心円状の段が分かる程いい加減に磨かれているのが分かった。

対物レンズの精度は虫眼鏡以下だった。

記事執筆中

怒りを覚える(3)


「水平回転軸は塗料が流れ込み完全に固着していた」
バイスプライヤーとプラスチックハンマーでがんがん叩かないと外れませんでした。本来は滑らかにまわらなければいけない水平回転軸です。これでは望遠鏡の向きを変えるのに三脚ごと向きを変えねばなりません。
何を考え作ったのでしょうか。酷すぎます。


弊社運営サイト
アストロデア.comシチズン・アストロデア天体時計直販サイト
スコープタウン.jp 3号店パーツショップ「新規開店」
スコープタウン.jp 2号店 初心者用望遠鏡ショップ初心者向けに機種を絞ったお店
スコープタウン.jp 本店 初心者用望遠鏡ショップある程度紹介機種を広げたお店

怒りを覚える(2)~水平回転軸固着で不動、上下動もだめ。



「この望遠鏡の架台はフォークの基部が水平軸から破断した状態で持ち込まれた。なぜこんな事に?」

水平回転軸に塗料が入り込み弊社に持ち込まれた時は完全に固着した状態でした。上下動は、微動棒の太さが太すぎ、思いっきり力を加えないと望遠鏡の仰角が変わらない!仰角を変えようとするとゴリゴリという感触とともにやっと動く状態です。

微動環を回転させると、望遠鏡の仰角は微調整が出来たので、この部分だけはKenk○のSkyW@lkerIIIPC(一部伏せ字)よりましといえるか。
子供がこのような操作を何回かしているうちに、フォークの基部が金属疲労により破断した。破断した面はフォーク側、水平軸側ともに鋭利で、下手をすると怪我をしてしまいそうだ。フォーク基部と軸をつなぐ部分の鋳物の厚みは、1.3mm程しかない。

ちなみに固着した水平軸は、バイスプライヤーで挟み込み、プラスチックハンマーでガンガン叩いて無理矢理外しました。


弊社運営サイト
[http://www.astrodea.com/ アストロデア.com]シチズン・アストロデア天体時計直販サイト
[http://www.scopetown.co.jp/ スコープタウン.jp 3号店パーツショップ「新規開店」]
[http://www.scopetown.co.jp/tele/ スコープタウン.jp 2号店 初心者用望遠鏡ショップ]初心者向けに機種を絞ったお店
[http://scopetown.jp/ スコープタウン.jp 本店 初心者用望遠鏡ショップ]ある程度紹介機種を広げたお店

怒りを覚える(1)(大幅加筆)


「写真の中国製天体望遠鏡は、プラネタリウムでの星空解説をきっかけに、宇宙に興味を持った子供の誕生日にご両親がプレゼントしたものです。構造上の欠陥と製造時の問題により、まったくといって良いほど見えず可動部も動かず。購入後間もなくフォークの基部が金属疲労により破断した。子供は落胆し、プレゼントをしたご両親も途方にくれた。」


現在、台数ベースで初心者用天体望遠鏡の販売の約60%は家電量販店やホームセンターが占めている。インターネットやオークションを通して売られているものが約30%位で、天体望遠鏡専門店を通して売られる初心者用望遠鏡はおそらく10%程度だと思われる。

弊社には、こうした望遠鏡を購入してしまった人から頻繁にメールを頂く。買った後にこんなはずはないと思いネットで調べて、弊社のWEBサイトにたどり着き、騙されていたことに気付くのだ。

台数ベースで考えると市場に流通する天体望遠鏡の90%超が粗悪品と言って良いレベルのものだ。過剰な高倍率をうたい、架台はガタガタ、目的の天体に向ける事も難しい、まさに天体望遠鏡の形をした生まれながらの粗大ゴミだ。酷いものになるとピントがどこで合っているか分からない程、酷い対物レンズを使用している。月のクレーターさえまともには見えない。土星の輪なんて夢のまた夢という感じだ。

様々な宇宙や天文関係のニュースが増える中、プラネタリウムの人気も上々で、その年間入場者数はサッカーJリーグの全試合の動員数もしのぐ程という。しかしまともな天体望遠鏡は売れていない。とくに中級機から上級機の望遠鏡の販売が頭打ちだという。天文業界に籍を置く人間なら誰もが分かっている事実なのに、誰も手を打たない。一方、初級者向け望遠鏡はどうか。これはよく売れている。しかし中身が問題だ。初級用に売られている天体望遠鏡の90%超が粗悪品や超粗悪品なのだから。

何が起こっているのかよく考えて頂きたい。老舗天体望遠鏡専門店や信用ある光学機器メーカーや、我々天文ファンがエントリースコープを軽視しているうちに、良心を持たないメーカーや中国のメーカーが初心者市場を食い荒らしているのだ。使ったら一日目で壊れてしまうほど、やわな造りの望遠鏡。天体望遠鏡の筒先を目標の天体に向けクランプを締めて固定しても、カクンと角度にして10度も落ちてしまう望遠鏡の視野に、どうやって星を導入するんだろう? 望遠鏡の視野は角度にして1度しか無いのだ。肝心の上下微動も造りが悪く機能しない。前述したように対物レンズの精度も虫眼鏡を下回る。これは製品とは言わない。欠陥品だ。初心者は望遠鏡とはこんな程度のものかと考え、クレームしようとも思わないだろう。また、クレームしようにもどこにどう言ったらいいか分からない人もいる。初めて天体望遠鏡を使う入門者を騙す商品企画をするメーカー担当者は、犯罪者に近い。

汚れきり腐った大人が利潤の追求だけ考えて作った大人のエゴの固まりの様な望遠鏡を、騙されて買わされた両親の無念さと、それをプレゼントされた子供達の落胆は計り知れない。

立派じゃないけれど、見え方に限界はあるけれど、5000円以下でも値段なりの良質な望遠鏡は作れる。また、1580円でも値段以上によく見え、子どもの夢を広げる天体望遠鏡が作れるという良い見本が、私の大先輩が作った「組立天体望遠鏡」だ。それは子どもの夢を広げよう、天文人口の裾野を広げようという作り手の立派な信念に基づいているのだ。

現在日本で星を見ることを趣味とする人の数は減少している。宇宙への関心は高く、プラネタリウムへ行く人の数は増えているのに。初心者用の天体望遠鏡は良くうれているのに。

機能不全の粗悪な望遠鏡をエントリーユーザーが購入することにより、次々と新人の参入を入り口でブロックしているのだから仕方がない。

釣りを趣味にしようと、入門者がネットやホームセンターで釣り具を購入したとしよう。一匹目の魚を釣ったと同時に竿が折れたらどうだろうか。絶対魚が釣れない釣り針が付いた釣り具セットなど、どこを探しても売っていないだろう。

ここ日本は、初心者が最初に手に取り購入する望遠鏡のほとんどが、魚を釣り上げる前に折れてしまう竿のような望遠鏡であり、絶対に魚が釣れない仕掛けの付いた釣り具セットのようなものなのだ。そんな趣味、どこを見まわしても絶対にない。あたらしく天体観測を始めようとする人が少ない、大きな一因になっていると思う。

望遠鏡業界や天文業界に籍を置くあなたは、胸に手を当てて考えて欲しい。粗悪品を初心者が買ってしまうことの無いように最大限の努力をしなければならないと思う。
自分は騙されないし、そんな機材は関係ないと鷹をくくる天文ファン諸君も同罪である。このまま行くと天文雑誌は一誌もなくなり、専門店も消滅、優秀な望遠鏡を作るメーカーも消えていき、望遠鏡は高価な外国製のみとなるかもしれない。残るは粗悪な品ばかりとならない事を願いたい。

昨日は弊社併設図書室の開館式でした。




弊社の一部を提供し、図書室を準備中なのはこのブログを通して何度か報告させて頂きましたが、昨日遂に開館式を迎える事ができました。ちいさな天文図書館 森久保 原田 記念文庫として川崎天文同好会の大先輩よりご支援頂き、また新旧おりまぜて、沢山の蔵書を立ち上がったばかりの弊社にお預かりさせて頂けることは、私にとって身に余る光栄と感じていると同時に、今後も安定的かつ長期にわたり会社を運営し、貴重な書籍を預かっているという重責をしかと受け止め、この図書館を有効的に活用しながら、天文普及や天文教育や荒廃する理科教育復活の一助となるよう良品の天体望遠鏡普及に努力してゆく所存です。

今後とも、倍旧のご支援賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。          

株式会社 スターライト・コーポレーション 代表取締役社長 大沼 崇

図書館のご利用頂ける時間

開館時間 午前11時から午後18時30分 水曜日は休館とします。店と会社は営業しております。
その他休刊日 会社創立記念日 7月19日 社員旅行、棚卸日、年末年始12/31から1月3日(暫定)その他臨時店休日
貸し出しは現在のところ予定しておりません。


弊社運営サイト
アストロデア.comシチズン・アストロデア天体時計直販サイト
スコープタウン.jp 3号店パーツショップ「新規開店」
スコープタウン.jp 2号店 初心者用望遠鏡ショップ初心者向けに機種を絞ったお店
スコープタウン.jp 本店 初心者用望遠鏡ショップある程度紹介機種を広げたお店

コーティング




レンズが光を通るとレンズ表面で反射する事によって、光量のロスやレンズ内部での反射によるフレア、ゴーストの発生が生じる。これを防ぐために、コーティングを施して不必要な反射を防ぎ、最適なカラーバランスを保つようにしていた。これを単層膜コーティング(モノ・コーティング)という。やがて光学性能の要求の高まりと、蒸着技術の向上ととも1952年に千代田光学精工(後のミノルタ。現・コニカミノルタ)によって世界初の2層コーティングである、”緑のレンズ”とも呼ばれた「アクロマチック・コーティング」が開発され、重層膜コーティングが主流となっていく。そして、旭光学工業(現・ペンタックス)がOCLI社(米)による技術供与により開発、1970年に発表され、当時は驚異的ともいえた最多7層膜、透過率99.8%を実現させた「スーパー・マルチ・コーティング」を端緒とし、現在は多層膜コーティング(マルチ・コーティング)が主流となっている。「Wikipediaよりレンズの項目より抜粋」

コーティングなしの硝子は、約4%の光を反射してしまいます。透過率は96%という事になります。アクロマートレンズを考えてみると、空気との接触面が4面ありますから、アクロマートレンズにコーティングをしていないと、0.96X0.96X0.96X0.96=0.85となり、対物レンズ全系で85%の透過率となってしまう事が分かります。またレンズでの反射が酷くなるので、視界のコントラストも低下してしまう事になります。
アクロマートレンズで、モノコート(単層コート)を空気面全面に施せば、一面あたりの光の透過率は99%にまで向上し、表面での反射は1%になります。0.99X0.99X0.99X0.99=0.96レンズ全系で96%の透過率となり、コーティングしていない望遠鏡と見比べると歴然とした明るさの差が出てきます。

弊社の STL 80A MAXI鏡筒のアクロマートレンズには、透過率99.8%のHTMコーティング(マルチコートの一種)が全面にほどこされており、0.998X0.998X0.998X0.998=0.992 レンズ全系での透過率は99.2%のもなります。

つづく

弊社運営サイト
アストロデア.comシチズン・アストロデア天体時計直販サイト
スコープタウン.jp 3号店パーツショップ「新規開店」
スコープタウン.jp 2号店 初心者用望遠鏡ショップ初心者向けに機種を絞ったお店
スコープタウン.jp 本店 初心者用望遠鏡ショップある程度紹介機種を広げたお店

コーティング前の検査



洗浄後、コーティング前の検査をします。研磨痕や砂目が残っていないか、慎重に検査されます。一枚一枚のレンズをかなりの時間をかけ検査しています。芯取りと同様、外国製レンズではまず望めないことです。日本製アクロマートレンズの品質の安定性はこうした地道な作業にあるのです。

[http://www.scopetown.co.jp/ スコープタウン.jp 3号店パーツショップ「新規開店」]
[http://www.scopetown.co.jp/tele/ スコープタウン.jp 2号店 初心者用望遠鏡ショップ]初心者向けに機種を絞ったお店
[http://scopetown.jp/ スコープタウン.jp 本店 初心者用望遠鏡ショップ]ある程度紹介機種を広げたお店
[http://www.astrodea.com/ アストロデア.com]シチズン・アストロデア天体時計直販サイト

次は洗浄




芯取りが終わると、いくつもの超音波洗浄槽に順番に入り段階的にレンズを洗浄します。レンズ表面に付いた汚れが綺麗に落とされ、最後は沸騰しアルコール蒸気が下から発生する槽で乾燥させます。発生したアルコール蒸気は冷却水で冷やされ再利用されます。出て来たレンズはもちろん拭き跡もなくピカピカの状態です。コーティング前の洗浄が不十分だとコーティング面がちゃんと定着しませんので最新の注意を要する非常に重要な作業なのです。
明日は、コーティング前の検査です。

芯取り





研磨の終わったレンズは、偏心や寸法と精度を良くするため外周を削ります。これを芯取りといいます。元来アクロマートレンズは芯取りされるのが当然ですが、中国製の小口径アクロマートレンズは、芯取りはされていないものもあるため、製品の品質に大きくばらつきのあるものが多数存在します。弊社の天体望遠鏡SD80AMや、80A-MAXI鏡筒をはじめ弊社のオリジナル鏡筒の使用されているアクロマートレンズは全て芯取りをされています。
芯取りが終わると4番目の写真の様に、ステンレスのかごに並べられ洗浄機で洗われます。

8センチアクロマート研磨工場



研磨中のレンズと監視中?の社長です。
弊社のアクロマートレンズの研磨を行っている工場は、干渉計も備えた工場で、大手の光学機器メーカーからも研修に来る程の凄腕の社長が率いる会社です。弊社のアクロマートレンズは、この社長自らが担当していて面精度に関しては特に自信があるとのことでした。訪問前は、ちいさな町工場を想像していましたが、社長以下50人近い人数の従業員を抱えるかなりの規模の工場で、これをたった一代で築き上げたと聞き大変驚きました。
研磨機は数十台を数え、ほぼフル稼働状態。大変活気がありました。アクロマートだけでなく、フローライトやEDなどのアポクロマートも磨いています。干渉計による測定値は驚くべき精度を示しておりました。

明日は、芯取り機です。


弊社の素晴らしい性能のアクロマートレンズを磨く凄腕の仕事師見参!


弊社の80A MAXIの鏡筒は、日本有数のOEMメーカーによって、特別の配慮をもって職人さんの手によりレンズのコバ塗りをはじめ、丁寧なつやけし塗装作業などなど、作業ひとつひとつの積み重ねによって、明るい月を視野内にいれても、すばらしいコントラスト漆黒の闇に浮かぶ月面の像が得られているのです。現在生産されているアポクロマートも含め8センチクラス最上のコントラストの高い天体像が楽しめるのも、OEMメーカー工場長以下、士気の高い職人さん達の作業のお陰なのです。実際、工場内の士気は、以前に比べ格段に上がって来ているといいます。

最初8センチの鏡筒80MAXIを出荷した際、少量ですがやや像の甘い鏡筒が出荷されました。(原因はガラスにありました。ごく一部に本来まざるはずの無い別ロットの硝材が混入し、それがアニール不良だったのです。)
私は、工場長の支援のもと、全品改修、全品検品、再出荷を行いました。検査方法に問題があった事により皆様にご迷惑をお掛けしたのは、今思い出しても苦い経験です。(不良品など出荷しないにこした事はないのですが)公式アナウンス後のこの対応は結果的にお客様の信頼を得るきっかけになりました。
弊社が出荷しお客様の購入した80A MAXI鏡筒や入門機SD80AMやお客さまからの感想は、工場長を通じて職人さん達に直接届いています。
ご使用者のみなさまの感想をこちらのコメント欄や私のメール宛に下さい!このブログ職人さん達も見ています。基本的に弊社は、国産の鏡筒や国産のレンズにこだわり、これからも天体望遠鏡の販売を続けて行きます。なぜなら国産の鏡筒が最もシャープで、コントラストの高い天体像を見せてくれるからです。そして非常に高い意識で仕事をしているのです。
日本の職人さんに乾杯!!

明日は、世界的にも高品質で有名なスコープのアポレンズを磨く職人社長(上の写真 レンズ磨きだけでなく、釣りの腕もかなりのものと想像します。)と研磨工場を見学に行って参ります。もちろん弊社の80A MAXIのアクロマートレンズは、ゴールデンウィーク返上でこの職人社長の手で磨かれています。(だからあんなにみえるんです!)

望遠鏡工場と研磨工場に出張中の大沼でした。


川崎天文同好会資料室(ちいさな天文図書館/森久保・原田記念文庫)



弊社内の一角に設けられたミニ図書室5/20の開所式を経て一般の皆さんにも公開予定。

故原田光次郎先生の蔵書に続き、故森久保茂先生の蔵書22箱が川崎天文同好会の品川氏と渋谷氏の手で弊社内に併設された川崎天文同好会資料室(ちいさな天文図書館/森久保・原田記念文庫)に運び込まれて参りました。故冨田弘一郎先生の蔵書の一部も今後入ってくる予定とのことです。5/20の開設式に向けちゃくちゃくと準備が進んでいます。一般公開図書室としてオープンする訳ですが、このような希少な図書をお預かりするのに重責を感じております。

お店に用事がなくても誰でも気軽に立ち寄れる場所として整備をすすめて参ります。使用細則、開館日、開館時間に関しては、川崎天文同好会側と協議の上、弊社の業務に無理が掛からない範囲で協力させて頂く予定です。

貸し出しに関しては現在のところ資料保全上の理由により予定しておりません。

さて二枚目の写真ですが1965年のスカイ&テレスコープ誌です。裏表紙は一年間すべて日本精光(ユニトロン)の天体望遠鏡の広告です。日本の望遠鏡が今以上に世界市場で燦然と輝いていた時代です。高品質の日本製天体望遠鏡が再び世界市場で返り咲く日が来る様、弊社も微力ながら日本製の優秀な製品の拡販に努めて行きたいと決意を新たにするところです。


新型の究極モバイルスコープ開発中!


新型モバイルスコープ開発中!
手軽な価格で日本製対物レンズを搭載したSD-80AMシリーズ
http://www.scopetown.co.jp/tele/stsd80am5.html
見え味抜群で大好評の80A-MAXI(口径80mm焦点距離1200mm屈折望遠鏡)
http://www.scopetown.co.jp/SHOP/SDX8120.html
を筆頭にラインナップした国産アクロマート鏡筒に続き、
弊社では究極の携帯性を誇るモバイルスコープを開発中です。目下は屈折望遠鏡に比べ悪化しがちな、視界のコントラストを高めるために様々の部分の仕様の検討を試作を繰り返し、行っているところです。
海外旅行にも、出張先にも気軽に持って行ける究極のモバイルサイズ。
所有欲をそそる質感にも留意しながら、スライド式フードや円筒形のモバイルポーチなどの周辺商品の開発も進めています。
また携帯用木製木箱も作ろうかなと考えています。中に望遠鏡本体、小型卓上脚、アイピース三本、天頂プリズムまで格納できれば楽しいかも知れません。

お楽しみに!


[http://www.astrodea.com/ アストロデア.com]シチズン・アストロデア天体時計直販サイト
[http://www.scopetown.co.jp/ スコープタウン.jp 3号店パーツショップ「新規開店」]
[http://www.scopetown.co.jp/tele/ スコープタウン.jp 2号店 初心者用望遠鏡ショップ]初心者向けに機種を絞ったお店
[http://scopetown.jp/ スコープタウン.jp 本店 初心者用望遠鏡ショップ]ある程度紹介機種を広げたお店

Team Starlight


5月より4人体制となった(株)スターライト・コーポレーション~年末年始休暇以外は年中無休で営業します!
前列左:北園  前列右:佐藤
後列左:中村  後列右:大沼

 小さな会社の組織作りは大変です。私や中村が以前勤めていたような上場会社であれば、新規に採用した社員の中にその組織にとって適性のない人物がいても、会社の経営がおかしくなることはないでしょうし、また、たまたま配置した部署で人間関係がうまくいかなくても、人の配置を変える事により調整を掛けることができます。しかしながら、弊社のように小さな組織にとって3人だった社員を4人にすることは、大会社で3千人の社員を突如4千人に増やすのと同じような意味合いがあります。単純に考えれば、月間の売り上げ目標も4/3倍になり大変なリスクを伴うばかりでなく、今いる従業員との相性まで考えて、きちんと一丸となれるチーム作りをしなければならないので本当に大変な事なのです。
 3年前に脱サラするずっと以前から、どんな事業内容にするかは私の頭の中で明確なビジョンとしてイメージが出来上がっていました。もちろん数々の幸運にも恵まれました。ビクセンの出荷するすべての望遠鏡にバンドルされている「天体望遠鏡で楽しむ星空ガイドブック」の製作執筆を請け負えたこと。(株)星の手帖社の阿部社長の仲立ちでシチズンのすばらしい天体時計「アストロデア」の販売と販促プロモーションを行えたこと。ビクセンマーケティング・ニュートン・アストロアーツなどの各社に天体時計を取り扱いして頂けた事。感謝の念に耐えません。
 前にもブログで書いた気もしますが、弊社スタッフの北園は、私が会社を辞める際に「法人化する予定の2年後に迎えに来るから、その時はよろしく頼む」とお願いしていた、サラリーマン時代の私の片腕でした(結果的に迎え入れるのに約2年半かかりましたが……)。
 またこの5月より社員になった佐藤は、まだ事務所が持てなかった2年前の個人事業時代にモバイルオフィスとして利用していた(迷惑な客ですね)ドトールコーヒーに勤めていたスタッフです。サラリーマン時代に多くの人物を見てきた私には彼女が極めて優秀であり、私や北園の弱点を補う仕事をしてくれるだろうという事は一目瞭然で分かりました。
 不思議な事に最後に出会ったのは中村です(中村なくして現在の状況は考えられません)。彼は、脱サラ後、米国の高級聴診器を看護士やドクター相手にネット販売するショップで大成功していた人間です。またケンコーの粗悪な望遠鏡を粗悪と知らず、当時はかなり大量に販売していました。一昨年の10月頃だったでしょうか、私の掲示板で、粗悪な高倍率望遠鏡の販売でさんざん叩かれて弱り切った彼は、私に助けを求めてきました。そこから話が発展し、戦略的な事業パートナーとして彼と組んだのが昨年の5月ごろでした。博打打ちの私と慎重派の中村はよいコンビです。2006年7月19日に、資本金650万円で株式会社化し、10月には成瀬に現在の事務所を移転、11月に北園を社員に登用、そしてこの5月より佐藤を社員として迎え入れました。
 特に弊社のような小さな企業にとって、タレントが重なるような無駄な人事は許されません。四コマのパズルが互いぴっちりきっちり合わさり、お互いがお互いを補完する関係でなくてはならないのです。
現在は5月末の決算に向け、来期の事業計画を練り、新しい事業展開も含め様々な事を準備しているところです。

 この4人のメンバー確定で、私が考えていた第一段階の会社の組織作り(幹の部分)は終わりました。考えうる最良かつ最強のチームが出来たと自負しております。あと一年はこのメンバーでどこまでできるか。挑戦です。

プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR