地球からは絶対見えない角度から撮影した土星のリング


Credit: NASA/JPL/Space Science Institute クリックで拡大します。

3月1日にリリースされたNASA/ESAのカッシーニ・ホイヘンス探査機(現在土星の周囲を周回し探査を行っています。)が撮影した土星のリングを高緯度から撮影した写真です。太陽は環の裏側からあたっています。土星本体にかかる環の影と環に落ちた本体の影が印象的です。
最初見た時は、正に自然の造形美といえる凄い写真に私は息を飲みました。それ以来私のデスクトップを飾っています。現在土星は、日没後に非常に見やすい位置にあります。この写真を見た後に80A-MAXIに240倍で土星を見ました。もちろん僅か8センチの望遠鏡ですから大豆の様な大きさにしか見えませんが、十数億キロ先のあの小さな土星のまわりを、人間が送り込んだ探査機が周回し、あの様な素晴らしい写真を送って来ているかと思うと、望遠鏡を覗きながら年甲斐もなく「じーん」ときて、本当に涙が出そうになりました。(なぜか分かりませんが。)ドラえもんの「ジーンマイク」の様な土星ですね。
ジーンマイクなんか知らないという方は、下記をご覧ください
http://ja.wikipedia.org/wiki/
検索でジーンマイクと入力して下さい。
ジーンマイク外観
http://i.yimg.jp/images/kids/doraemon2006/dougu_main/045.jpg
てんとう虫コミックス9巻『ジ~ンと感動する話』に登場します。

いやいや人間ってくだらない事もしますが、あんな所に探査機送り込んで、こんな写真撮らせてしまうのですから、たいしたものです。お金儲けにもなる訳でなく、2000億円も予算かけて1997年の打ち上げ以来、実に7年半という長い年月をかけて、土星に到着、それ以来3年近く土星のまわりを巡りながら、土星やリングや沢山の衛星を様々な角度から、様々なセンサーやカメラを使って調査を続けている訳です。

凄いことですね。

スポンサーサイト



月の満ち欠けの図版


月の満ち欠けの図版も作ってみました。
今年は、アポロ計画以来最も大型の日本の月探査機が14種類もの科学計測器を積んで旅立ちます。SELENE(セレーネ:SELenological and ENgineering Explorer)計画と呼ばれ、将来の月の探査や有人基地建設に向けて必要なデーターを集めてくるそうです。小型バス程の本体には、ハイビジョンカメラも積まれており、月の上空100kmからの見事な画像をお茶の間に届けてくれそうです。
今年の中秋の名月は、いつもとは違った気分で月を眺めることになるかもしれませんね。

さて今回の話題は、このセレーネ探査機の愛称募集に関するお知らせです。打ち上げが成功すると、日本名で愛称を付けるのがならわしですが、今回、セレーネの愛称を募集しています。
なにか良い名前を思いついた方は、ふるってご応募して下さい。



地球と木星と太陽の違い


上記図版はクリックすると拡大されます。
地球と木星と太陽の違い

三つの星を比べてみると、だいぶ様子が違う事に気付きますね。太陽は水素とヘリウムガスの固まりで、中心部はぎゅうぎゅうに圧縮され核融合反応(水素と水素が結びついてヘリウムになる時に失われるごく僅かな質量が光と熱にかわる反応)で眩しいほどに輝き、また熱を放出している恒星と呼ばれる天体です。
みなさんご存知の星座をかたちづくる星達も非常に遠くにある恒星なのです。

惑星というのは、恒星のまわりをまわる家来のような星で、自らは光を発することはなく。太陽の光を反射して輝いてみえるのです。惑星にも色々な種類があり、太陽系の内側をまわる、金属の核を持つ岩石が中心(水星/金星/地球/火星)巨大なガスの固まりの大きなガス惑星である木星や土星、さらにその外側をまわる、氷の核をもち厚いガスの大気をまとった氷惑星の天王星や海王星に大別されます。

太陽系の全体像が変わりつつあります。


さて、昨年から冥王星が惑星の分類から外れ、ドワーフ・プラネット(ドワーフとは小人の事です。)に分類されるようになり、冥王星の外側に見つかった小天体が冥王星よりやや大きいこともあってドワーフプラネットに分類されることになりました。火星と木星の間に沢山の小天体(小惑星)のなかで、一番大きなセレスもドワーフプラネットに分類されました。
太陽系の外側の空間の観測が進展するにつれ、今までの9個の惑星を太陽系の惑星として来たのですが、色々と不都合な部分も出て来たというわけで、新しくドワーフ・プラネットという新分類が必要になってきたということですね。
ところで、このドワーフプラネットですが、日本語の仮訳として「矮惑星」という事になっていましたが、先月、正式の日本語訳を「準惑星」とする事が決定しました。『矮』は小さいという意味ですが、言葉として一般的でないというのが『矮惑星』を正式な二本語訳とせず、『準惑星』とした理由のようです。
調度、弊社で企画製作執筆をしている、天体望遠鏡メーカーのビクセンさんの「星空ガイドブック」の改訂時期と重なり、書き換えたのが上の図版です。バックが緑のものが新図版です。

エリスが準惑星となった事により、太陽系の図版の範囲が大きく広がりました。今後もこの図版は頻繁に書き換える事にあるでしょうね。

さて、これを機会に、図版では分からない、太陽系の大きさを端的に理解するため、地球を1センチのビー玉の大きさに縮めたとき、太陽までの距離は、どの位になるのかなと計算をしてみました。その結果が下記の通りです。


地球を1センチのビー玉に縮めました。
太陽は109センチの球になります。
木星は11センチのボール大です。

ここで太陽をを直径1センチの地球とを比べると太陽は巨大ですが、
オリオン座の右上の赤い一等星ベテルギウスなんてのは直径1kmに近い大きさ
になりますから驚きです!

直径109センチの太陽を真ん中に据えると、
そこから117.5m先に地球があります。
地球から30センチ離れた軌道をくるくる回る直径2.5mmのお月様

太陽から611m離れたところに直径11センチの木星です。


一応太陽系全部の惑星と準惑星をこの縮尺で計算してみました。 
水星  直径4mm のBB弾 44.65m
金星  直径9.5mmの地球よりほんの少し小さいビー玉 84.6m
地球  地球を1センチのビー玉 117.5m
火星 直径5mmの玉  178m
木星 直径11センチのボール大 611m
土星(輪を含まず) 直径9.4センチ ソフトボールよりやや小さめ 1.1km
天王星 直径3.9センチゴルフボール 2.3km
海王星 直径4.0センチゴルフボール 3.5km
冥王星 直径2mmのまち針の頭 4.6km
エリス 直径2mmのまち針の頭 8km


校庭で模型を作るには、かなり厳しいですね。
地球を直径1mmの砂粒大にして計算しなおし!という感じです。

太陽系の大きさは、太陽の重力が及ぶ、オールトの雲のところまでです。
この縮尺で11750km先です。

一番近い恒星までは約4.3光年ですから31977km先です。
おいおい!

で銀河系の直径は10万光年ですから、この縮尺でも直径7億4360万キロの巨大なものになります。
太陽から地球までの距離が1億5000万kmですから。

直径1万2千キロの地球を1センチに縮めた程度では、銀河系の模型を作っても地球上に置く事は不可能ですねぇ。

宇宙は縮めてもでかいです。

スコープタウン.jp 3号店パーツショップ「新規開店」
スコープタウン.jp 2号店 初心者用望遠鏡ショップ初心者向けに機種を絞ったお店
スコープタウン.jp 本店 初心者用望遠鏡ショップある程度紹介機種を広げたお店
アストロデア.comシチズン・アストロデア天体時計直販サイト

プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR