考えた事

こちらもまだ書きかけです。

スターライト・コーポレーションを昨年の7月19日に株式会社化してから8ヶ月が経過しました。現在のところ、皆さんのご支援のお陰で経営的にも非常に順調です。
株式会社ソフマップ(東証2部)を退職してからは、早くも3年になります。当時三十半ばだった私も、今年の5月で39になります。
今日会社にお客様が1951年の『天文と気象』のコピーを持って来て下さいました。その中に当時の天文分野を引っ張る様々な人物が紹介されていました。
中野繁氏 33歳
原恵氏 24歳
小嶋修介氏 
小林 栄道氏 45歳 日本精光研究所 創業社長
草下 英明氏 24歳
などなど現在のさまざまな天文分野の礎とも言える人々がずらり!と並んでいました。小林社長の40代をのぞき皆さん今の私より若いのです。いまから55年も前なのですが、本当に驚きを禁じ得ませんでした。
その年齢で既に立派な足跡を残していらっしゃるのです。
 家に戻り、祖父が亡くなる数年前に書き残した自身の人生を振り返った手記を読み返してみました。1952年は、一昨年に亡くなった私の祖父も当時、戦争で一度閉めた貿易商社を戦後間もなく復活させ、事業的にも大成功を収めていた頃の話です。いち早く高級陶磁器などの軽工業製品を欧米諸国に輸出し、東京と神戸に支社を出すまでになったのはそれから間もなくの事でした。

 最初読んだ時は、サラリーマンをやっていた時ですから今一ピンとこない部分もありました。凄さも理解が浅かったですね。今読み返してみて、私なんてまだまだ甘いなと猛烈に反省しております。
スポンサーサイト



ニコン、ペンタックス、フジノン、コーワ




日本の光学機器のトップをリードする企業のブースNikonは、モナークの新機種を展示しておりました。
小さい方が従来の8X42です。大きいのが10倍56mm大きさの割に非常に軽量なので、びっくりします。
さすがにとなりに並んでいたHGLシリーズにはかないませんが、よく見える双眼鏡です。

NIKONの10X42HGを所有していますが、新型のHGLはマグネシウムボディーとなり、非常に軽くなりました。今年もブース内で持ってみて軽さに愕然としていたところ、ニコンの方に「買い替えましょうよ。」と言われてしまいました。で驚くべき事にその方は、昨年も私がニコンブースに来てHGLを持って愕然としていたのを覚えていたそうです。

さてペンタックスさんです。望遠鏡の展示は15センチ屈折だけでしたが、いつ見ても思いますが所有欲をくすぐる外観してます。塗装も綺麗だし、デザインも美しい!HOYAとマージしましたが、益々のご発展お祈りします。

FUJINONと KOWAをブース出展していました。来年はウィリアムオプティクスも来るみたいですね。今年はボーグさんも高橋製作所さんも出展を見合わせたようですが、一般客の関心は望遠鏡コーナーが会場出入り口正面だったこともあり、お客さんは凄く多かった印象です。各メーカーより意欲的な入門機の登場を祈りましょう。

新製品SXD赤道儀見参!


ベースモデルのSXW赤道儀より2キロ重いだけですが、不動点から25センチで15キロの搭載が可能なSXD赤道儀。設計には苦心したと思われますが、こういった事が可能なのもベースモデルの基本的な構造が優れている事の証明でしょう。組立担当者曰く、ビクセンの歴代赤道儀で最も組みやすいとの事、優れた構造と、優れた精度で作られている証ですね。スターブックのソフトウェアーもSXD用の最新版で彗星の軌道要素などが直接打ち込みできるようになったり、スターブック自体の熟成も順調にすすんで居る様です。
デザイン的には、SXWの方がアクセントがあり素敵ですが魅力ある一台です。(もう少し何とかならんかのう)

SXWもSXDもそうですが、GP2やGPD2に比べ、バランスウェイトが小さなもので済むので同じ鏡筒を載せても、SXWやSXDは全体重量がかなり軽くなります。

たとえば、ED103Sの場合、SXW(モーター内蔵)とのセットで21.8キロ SXD(モーター内蔵)で23.8キロ GPD2(モーター付き)で26キロ超です。この点でもSXDやSXWの設計の優秀さを感じて頂きたいところです。これは、赤緯軸の回転中心から鏡筒取り付け部までの距離を短く設計し、二つのモーターを赤緯軸の鏡筒と反対側に内蔵させたことにより、バランスウェイトの重量が大幅に少なくて済むのです。結果的に望遠鏡を搭載した状態での全体重量が軽い訳ですね。

外国製の赤道儀は、こうした設計はなされておらず、同じ様な鏡筒を載せていても!!!な程重いものもありますので、軽量なのも性能のうちですから望遠鏡を買うときは、価格やカタログ上のスペックだけに気を取られると失敗する事もあります。

日本で販売する予定は今のところ無いそうですが...



ビクセンのポルタミニ経緯台です。VMC95(スパイダー3本)もさりげなく参考出品になっておりました。基本構造はポルタを踏襲したデザインと使い勝手でした。8センチの短めの鏡筒なら問題なく搭載出来そうです。ヘッド部分が小さいので持ち運びも楽そうです。

日本で販売する予定は今のところ無いそうですが...


ビクセンのポルタミニ経緯台です。VMC95(スパイダー3本)もさりげなく参考出品になっておりました。基本構造はポルタを踏襲したデザインと使い勝手でした。8センチの短めの鏡筒なら問題なく搭載出来そうです。ヘッド部分が小さいので持ち運びも楽そうです。

新製品が沢山展示されています。



カナリア諸島のとある天文台に4台だか5台が納入されたというビクセン最大の赤道儀であるGAIAX赤道機です。おそらくは自動捜天用だと思いますが、近い将来GAIAXが新天体を見つける事になるのでしょう。非常に楽しみです。
ビクセンのSMD氏(巨体)と比べればGAIAXの巨大さが分かる事でしょう。今回の新カタログに初めて正式に掲載されたこともあり、日本の代表的な大型赤道儀のひとつになる事でしょう。

PIE/2007フォトイメージングエキスポ@東京ビッグサイト(カメラや光学機器の見本市)その1



今回は、フォトイメージングエキスポの期間中にSO-TEN-KEN(ビクセンの科学情報フリーペーパー)の企画内容の締め切りがあり、フォトイメージングエキスポの会場で編集会議をする事になりました。ビクセンももちろんブースを出展しているのですが、驚いたのはその場所でした。会場内のメインゲートの真正面、赤を基調としたビクセンブースの目立ち方は半端ではありませんでした。
例年端の方に望遠鏡工業会の関連企業のブースがこじんまりあるのですが、会場に入ってまず目に入るのがビクセンの赤ロゴというのはかなり強烈なインパクトがあります。なんだか嬉しくなってしまいました。アジア最大の光学機器やカメラの祭典で望遠鏡メーカーが一番目立つブースというのもなんだか不思議な感じがしますが、結構なことですね。

川崎天文同好会と共同でちいさな天文図書室を弊社内に準備中です。


まだ準備中なので、大々的に公開という事にはならないのですが、弊社ショールーム内にスペースを取り、川崎天文同好会のご協力のもと、「ちいさな天文図書館」を準備中です。まだ準備中なので、詳細未定。閲覧は、今現在私の蔵書以外できませんが、資料室・天文図書室として資料や本を充実させる予定です。川崎天文同好会のみなさんが中心となって現在着々と準備を進めております。
川崎天文同好会資料室としての、開設記念式を行った上での一般公開となり、さまざまな事柄の詳細も決まっていませんので、私の蔵書以外の資料閲覧は今しばらくお待ち頂く事になります。詳細決定しましたらまたご報告いたします。

弊社はスペースと本棚や机、椅子の一部、天文書籍の一部を提供しております。
いずれは、ネット端末とホワイトボード、プロジェクターなどの設置を考えております。


[http://www.scopetown.co.jp/ スコープタウン.jp 3号店パーツショップ「新規開店」]
[http://www.scopetown.co.jp/tele/ スコープタウン.jp 2号店 初心者用望遠鏡ショップ]初心者向けに機種を絞ったお店
[http://scopetown.jp/ スコープタウン.jp 本店 初心者用望遠鏡ショップ]ある程度紹介機種を広げたお店
[http://www.astrodea.com/ アストロデア.com]シチズン・アストロデア天体時計直販サイト

写真撮影




とある天体観測入門書用に用意しなければならない写真の撮影を昨日行いました。
失敗ショットですが掲載します。風が強く冬の寒さ、春の装いで撮影。3月に入ってから、寒さがぶり返し学校ではインフルエンザが流行しているそうです。今年の夏はどんな夏になるのでしょうか?桜の開花予想はどうなってしまったのでしょうか?今日あたりが東京での開花予想だった気がしますが.......。


接眼レンズ


クリックすると高解像度です。壁紙にもどうぞ。
接眼レンズの断面図作成しました。
解説は後ほど。

球面収差とは、ボケ!の事ですね。




先週売り出したSTL-80A MAXIの一部に不良品が混入してしまいました。これを機会に球面収差に関してお話します。

球面収差はレンズの周辺部と中心部分を通った光の焦点が一致しないために、天体望遠鏡を覗いたとき、視界中央の星が点像とならずぼけてしまう乱れのことです。(一番上の図版の左を参照)

具体的には、解像力の低下を招き、月を見ても陰影のエッジが立たず、なんとなく眠い見え方になります。惑星の模様も解像力が低下し細かい部分が見えなくなります。
シンチレーションが安定しない日ですとそれが球面収差による解像力の低下なのか、シンチレーションの悪さによって解像力が低下しているのか判別がつきにくいのですが......

その下の図は、望遠鏡の焦点付近の光束を横から見た時のシミュレーション画像です。上が過修正の球面収差 真ん中が球面収差が皆無の場合、下が負修正の球面収差の様子です。球面収差以外にも、望遠鏡の像を乱す要因である色々な収差があります。

球面収差は、低倍率ではあまり問題になりませんが、高倍率で月や惑星を観測する場合は、解像力の低下の原因になり、惑星表面の模様のコントラストも著しく低下します。先にお話しましたが、シンチレーションの悪い時には見分けが付きがたいものなのです。

一番分かるのは焦点像と焦点内外像のチェックです。焦点像でのチェックはシンチレーションの影響を受けやすいので、内像外像でチェックすれば、その望遠鏡の球面収差がどのような傾向にあるかが、チェックできます。

一番下の図を参考に様々な望遠鏡を覗いてみてチェックしてみると良いでしょう。球面収差が0であれば、真ん中の様に、焦点内像と外像が完全に対象になります。過修正の場合は上、負修正の場合は下の様になります。球面収差が皆無の光学系はありませんから、真ん中の図はあくまで参考と考えてください。

また屈折望遠鏡は、内像と外像のリングの色の着き方は当然異なります。

色々な違う種類の屈折望遠鏡の内外像をチェックしてみると、どれひとつとして同じものはなく非常に個性的です。また完璧に内外像が対象な光学系はないことにも気づかれることと思います。一般的に内像に比べ外像は乱れ気味傾向なことにも気づかる事と思います。

また、どの位まで許されるかは、その望遠鏡の使用倍率によって違います。短焦点の星雲星団様低倍率のアクロマート屈折ではほとんど問題にはならないのですから。

また球面収差がたくさんある光学系は、例えば負修正の球面収差の場合、焦点内像のリングは、球面収差0の光学系より、かえってはっきり見えるようになります。過修正の球面収差の場合は、焦点外像のリングが球面収差0の光学系以上に濃く見えることになります。

高倍率で使用する望遠鏡で、内像もしくは外像のリングが見えないようですと、これは問題です。今回弊社で一次ロットの一番目の出荷の望遠鏡は、解像力に影響を与える程度の球面収差がある鏡筒が出荷物の一部に混入してしまいました。一本も規格外の鏡筒の出荷をしたくないと考えたので、全品回収を基本に返品業務をしてきました。問題のある鏡筒は、ほぼ回収されました。一部お待たせしておりますが、それらの方にも、数日内に、異常のないものに関しては再度お客様宅へ配達、異常のあったものはまるごと新品交換の上に正常品をお届けできると考えておりますので、今暫くお待ち下さい。

今回の基本的に全品回収の方針に関しましては、弊社からの出荷物に不良が少数でも市場に流れる事を、私自身が望まなかったためです。回収物と工場側と店舗側の再度の全品検査の結果、球面収差が基準外の鏡筒は、最終的な集計はまだですが、90%以上の回収が済んだ今現在、全体の約6パーセントであった事をご報告いたします。そのうち実際に出荷された球面収差が基準外の鏡筒は、現在のところ3本だけに留まっております。

いずれにしましても、今回このようなことになり、お客様には大変なご迷惑をお掛けした事と深くお詫びを申し上げる次第です。

検査をすり抜けた原因に関しては後日改めてご報告いたしますが、現在全ての鏡筒は、適切な検査方法で厳重にチェックがなされており、二次出荷以降での不良品はございませんのでどうかご安心頂きますようよろしくお願い申し上げます。


STL-80A MAXIの商品説明とスコープタウン.JP 三号店 パーツショップ 開店準備中!


対物レンズ
口径 80mm
焦点距離 1200mm
4面マルチコーティング (HTM コーティング )  最大透過率 99.9 %以上(一面・実測値/ d 線 587nm 平均透過率 400nm~700nm 99.8% 以上)
対物レンズ艶消しコバ塗り
鏡筒
鏡筒外径  80mm
ファインダー  6X30 付き
専用鏡筒バンドおよびビクセンアタッチメントプレート付き(ポルタ経緯台等に接続可能)
遮光環 鏡筒部2枚 接眼部1枚
内部艶消し塗料  2度吹き
接眼部
普及品タイプ  31.7mm アメリカンサイズ専用(内径 37mm )ドローチューブ、繰り出し機構 ラック&ピニオン式。
初回ロット
35本
商品コンセプト
この8センチ F15 長焦点アクロマート鏡筒復活までの道のりをご紹介しましょう。
最近見掛けなくなった長焦点のアクロマート屈折望遠鏡。復活させる事は出来ないかと考えたきっかけは、とあるリサイクルショップで見つけたミザール「カイザー」を手に入れたことでした。

その8センチの屈折望遠鏡は37年前に製造されたもので、アクロマートレンズの性能を引き出すために、F15・1200mmという長い焦点距離で設計された巨大な望遠鏡でした。販売当時、口径8センチの天体望遠鏡は上級機でしたが、レンズにカビが生え、オーバーホールを必要としていたので、駄目もとでミザールに持ち込み、レンズのオーバーホールをお願いしました。

結果、奇跡的に蘇った「カイザー」を星空に向けてみたところ、その視界は想像以上にクリアーで、短焦点アポクロマート鏡筒を最上のものと考えていた私には衝撃的なものでした。(確かに色収差という点ではアポクロマートは極めて優秀ですし、ある程度の焦点距離があるアポクロマートは、解像力を損なう球面収差も少なく良く見えます。)

最近は口径比が7を切るような外国製のアポクロマート鏡筒が人気を集めていますが、組立調整が甘く性能には大きなバラツキがあります。また二枚玉のアポクロマートでは、収差が取りきれず、色収差や球面収差が非常に目立つものも沢山あります。そうしたアポクロマートに比べ、驚くべき事に8センチのアクロマートを搭載したカイザーはよっぽど良く見えるのです。

アクロマートは、特殊な硝子を使うアポクロマートに比べ製作にかかる費用が圧倒的に安く、また硝子材の品質も安定しているのが特徴です。しかし8センチ F15 焦点距離 1200mm のアクロマートレンズは、もう優に 30 年近く作られていないのです。恐らくは、その巨大さゆえに需要を失ってしまったのでしょう。しかし、屈折望遠鏡は同一形式の対物レンズで比べた場合、焦点距離が長くなればなるほど、色収差が激減し、球面収差も小さくなるものです。私が焦点距離 1200mm にこだわった理由は、そこにあります。

今現在作られている8センチのアクロマートレンズは、入門機用の焦点距離 900mm 程度のものです。中国製品の台頭で、それさえ日本のレンズ工場では磨かれなくなって居るのが現状です。 30 年以上前に生産が終わった口径 80mm 焦点距離 1200mm の対物レンズを磨ける研磨皿が残っているかが問題でした。どこを探してもないのです。研磨皿さえ見つかれば再生産が可能なのです。逆に研磨皿が無ければ、研磨皿を作成しなければならず、数万のオーダーでの発注をしなければコスト的に見合うものでなく、小さな日本市場に置いて、ある意味古典的なこの望遠鏡がそんなに沢山売れるもので無いのは良く分かっています。すなわち8センチ F15 の鏡筒を今後再生産する事は不可能な事を意味するのです。

そんな中、昨年秋に後生大事に 1200mm 用研磨皿を保存していた会社がありました。レンズの研磨ではかなり有名な会社です。詳しい経緯はまたの機会に書く事にしますが、 21 世紀に8センチ F15 の長焦点アクロマートを復活させる路ができたのです。

今回、100 枚のレンズが研磨を終えています。その内 50 個にコーティングを施し、望遠鏡として組立てたので、最初の入荷は 50 です。おそらくこの100枚が、今世紀最初で最後の研磨となるでしょう。次の 100 枚を磨いても初回販売に比べたら勢いが落ちる事は明白です。だれも長期にわたり在庫を抱える事はできないのです。

試作と仕様変更を繰り返し、予定を大幅に遅延しましたが、 80AL-MAXI がようやく登場しました。見え味に影響する部分に徹底的にコストを投入しました。内面の艶消しやレンズのコバ塗りなどコントラストを低下させる原因となる部分は特に気を使い高級機並みの仕様とし、特に対物レンズ4面に施されたコーティングは、研磨工場とは別会社に依頼し従来の天体望遠鏡にはなかなか無いレベルのマルチコート HTM コーティングが施され比類ない高透過率を誇ります。

しかし見え味に影響しない部分は普及品タイプのドローチューブを採用したり、対物レンズのセルは光軸修正装置の無いものを採用するなど、徹底したコストダウン策をとり、お求めやすい価格で最高レベルの見え味を実現すべくがんばりました。

さらに私は、今回、この望遠鏡の生産を通してある事を学びました。きちんと研磨され、芯取りされ、組付けられたレンズの見え味は、最近はやりの口径が大きいだけのウドの大木より、ずっとシャープで良く見えると言う事を… 。

シンチレーションの良い日に、実視による星像テストを行いました。国産品のアクロマートでしか実現し得ない「針で付いたような星像」が、このレンズを磨いた K 光学の技術力の高さを物語っていました。

また、同様に好シンチレーションの日にプロトタイプ機でお客様と土星を観察する機会がありました。その際には、口径 mm 3倍に当たる 240 倍で、他のアポクロマートレンズを搭載した高級鏡筒と比べても、像の崩れが少なく極めて優秀な光学系である事が証明されました。

2万円代で、比類なき高性能と言いきれる 80AL-MAXI 。 8 センチなんて小口径と馬鹿にする方もいるかもしれませんが、ひとたび覗いてみれば侮れない高性能な望遠鏡である事を分かって頂けると考えております。


スコープタウン.jp 3号店パーツショップの開店準備を進めています。
ここ数日は、写真撮影や商品解説文作成に忙しかったです。専務の中村も土日返上でサイト構築にあたっています。

既存の弊社の運営する下記サイトともども宜しくお願い申し上げます。
スコープタウン.jp 2号店 初心者用望遠鏡ショップ初心者向けに機種を絞ったお店
スコープタウン.jp 本店 初心者用望遠鏡ショップある程度紹介機種を広げたお店
アストロデア.comシチズン・アストロデア天体時計直販サイト

これで都合4店舗目の通販サイトとなります。

実店舗の方は、本棚やショーケースを搬入。コミュニティースペースを構築中。自由に閲覧出来る大量の蔵書は、川崎天文同好会資料室として、訪問者に開放する予定です。全ての作業を同時に行っているため社内は大変な混乱をきたしております(笑)

北園右往左往、大沼右往左往、中村徘徊、佐藤ぐるぐる、岡田いないいないば~でしょうか。(笑)
社員3人+アルバイト1名+ヘルプ1名の小所帯だから大変なのです。このうちマルチタスクで仕事出来るのは、影絵写真の佐藤だけです。私をふくめ男連中はみんなだめ、シングルタスクですね。ひとつの事すると他に注意が行かなくなる。

今後は食料品(嗜好品)にも進出する事を考えています。(半分弱冗談ですが半分以上本気で検討中)通販手段を持たない生産者と消費者を弊社が仲立ちになりつなぎます。デパートで買うのは高いので....好きな人は沢山いても、なかなか手に入れにくい食材です。

ビクセンさんの「天体望遠鏡で楽しむ星空ガイドブック」のみならず、SO-TEN-KENの天文ページの記事執筆と図版の作成も弊社、星座早見盤や作業途中の月面図などなど、人数少ないですががんばります!

望遠鏡販売して、天体時計販売や卸をして、初心者サポートして、ミニ天文図書館運営して、記事かいて、図版つくって、教材開発もして、パーツも売って、観望会やって、星空教室もやって、なんでもやって、星空に目を向ける人が一人でも増える様がんばります。

みなさん今後ともどうかご支援の程、宜しくお願い申し上げます。(^^)

プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR