国立天文台三鷹公開日 番外編


「弊社ブース前で歓談」左から渡部潤一国立天文台助教授 ゆきのふさん アストロデア設計者シチズン・アクティブ 上原秀夫氏 
渡部先生は、熱烈なコスモサインとアストロデアの愛用者です。ありがとうございます。(^^)


その1

今回、弊社ブースを訪れて頂いた笠井トレーディングさんの笠井社長御夫妻ありがとうございます。今回が笠井社長とお話するのは初めてでしたが、最後に笠井社長が右手を差し出されがっちりとした握手をして頂いたのが印象的でした。私も学生時代でしたが、外国の大学に籍を置いていたので握手には慣れていますが、思い返してみると握手という行為自体日本の生活ではとんとご無沙汰していた気がします。
笠井社長の握手には、なにか根本的な信頼感と天文事業での成功者としての迫力を感じました。

そういえば、外国にいた時は握手から色々なサインを感じとってたなぁ。と思い出しました。握る強さや感触など、握手って色々伝わるのです。不思議ですね。

いやぁ握手っていいですねぇ!

その2
三鷹光機の専務さんより三鷹光器のもの作りに関して大変ためになるお話をお聞きする事ができました。三鷹光機は、高精度の医療用光学機器メーカーとして世界的に著名ですが、そのベースは天体望遠鏡の製造によって培われているとの事でした。

その3
飲み会!
今回、メーカーさんのお誘いを頂き、三鷹公開日のイベント終了後、星ナビの「うかちゃん」と弊社の3人が打ち上げ(飲み会)に誘って頂きました。弊社の販売に関して沢山の助言を頂き、また店舗運営に関する貴重なアドバイスを頂きました。猪突猛進型経営者である私には、眼の覚めるアドバイスで今後の会社運営に関して大きな力となる事でしょう。ありがとうございます。



酔っぱらい
私は車の運転がありますから一滴のアルコールも飲みませんでしたが、弊社側で泥酔者が出ました。ちどり足以上の出来上がりかたで、メーカーの課長となにやら激論をしているうちに大量のアルコールを摂取したようです。監督不行き届きご迷惑おかけいたしました。(^^;

結局家にたどり着いたのは朝の4時過ぎでした。

充実した一日でした。
スポンサーサイト



国立天文台三鷹キャンパス特別公開日で組立天体望遠鏡が100本完売!



昨日は、国立天文台特別公開日でした。
弊社スターライト・コーポレーションは、今回初めて観望会協力でブースを出させて頂きました。8センチ鏡筒二本と、組立望遠鏡三本を三鷹光器製の社会教育用50センチ望遠鏡ドームの横に並べての観望会協力となりました。
印象に残ったのは家族ずれの多さとちびっ子の数です。沢山の子供達が、組立天体望遠鏡をのぞきに来ました。
今回は雲間からでしたが、月が出て沢山の子供達が月を覗いて歓声をあげていました。見せ道楽(星を見せるのが大好きの意味)の私としては、大変充実した一日でした。

今回弊社ブースでは、組立望遠鏡は販売せず、国立天文台内の東大生協さんの売店に納入された組立天体望遠鏡の販売支援をしました。実際にみなさんに組立天体望遠鏡を覗いて頂いて、「こちらの組立天体望遠鏡は生協レストラン内の売店で販売しております。どうぞよろしく!」とご案内をしました。この望遠鏡を考案した(株)星の手帖社の阿部社長や神田さんも販売支援に訪れ、また中のガイドブックをまとめられ、望遠鏡光学系仕様を策定した川村晶氏もいらっしゃていました。監修者の国立天文台の渡部潤一助教授も弊社ブースにいらして頂きました。まさに総力戦での販売支援でしたが、見事納品分100本を完売。外の屋台系販売店で売られていたフランクフルトソーセージに次ぐ販売本数となったわけです。

星の手帖社のもとには、学校教材で使用する注文で300本の注文も入っているようで、まずはこの組立天体望遠鏡の絶好調の売り上げに万歳三唱をしたいです!

五藤光学の某氏によれば、今全国のプラネタリウムの先生方の机の上には、サンプル購入された「組立天体望遠鏡」がかなりの数あるそうで、科学館やプラネタリウムでの教材使用での需要も今後多いに増えることでしょう。

この望遠鏡開発にあたった関係各位様に、また弊社画像掲示板で改造機を披露され、盛り上げに一役かって頂いている掲示板参加者のみなさん!本当にありがとうございます。
創立20周年記念価格とはいえ、信じられない様な薄利でこのきわめて優秀なキット望遠鏡を発売した、大手出版社の河出書房新社の元副社長さんであり、星の手帖社を創立した阿部昭社長の太っ腹には脱帽です!

粗悪望遠鏡を次々と製品化しホームセンターで乱売するメーカーには、少しは見習えよと言いたいですね。

さあうちもがんばって売りますぞ!ということで販売サイトは下記です!

組立望遠鏡のお買い上げは、ここをCLICK!!
弊社画像掲示板は、ここをCLICK!!
弊社サイトここをCLICK!!

組立天体望遠鏡を微動雲台に載せてみた。


上の写真は、先に紹介した組立望遠鏡キットを少々改造したものです。
接眼部分を24.5mmの差込径のアイピースが入る様に改造。微動雲台に載せてみた。
オルソ6mm 45.5倍でも快適な観測が可能に成りました。初心者がメインになるかと
思っていたが、なぜか結構星見歴が長いユーザーに売れています。
基本性能が非常にしっかりしている為で、改造しても楽しい。

本来は、望遠鏡に興味はあるが高くて踏み込めない初心者に特にオススメしたいですね。
小学生でも簡単に組み立てられます。
組立天体望遠鏡のお買い上げは、[http://www.scopetown.jp/kit.html ここをCLICK!!]
弊社画像掲示板は、[http://0bbs.jp/sofmap2/ ここをCLICK!!]
弊社サイト[http://www.scopetown.jp/ ここをCLICK!!]

組立天体望遠鏡がブレーク


弊社の掲示板で紹介して1週間足らずで50本完売した商品です。そのまま組み立ててもよし、写真下の様に改造したりして楽しむ方もいらっしゃいます。望遠鏡の構造を理解しやすい縦割りの構造に成っているため組み立てながら楽しく望遠鏡の構造と仕組みが理解できます。またガイドブックも付いていますから、天体観測の基礎を理解する手助けになるでしょう。
特筆すべきは、この望遠鏡の性能です。このレベルのキット望遠鏡にはなかった、専用設計の対物レンズとケルナータイプの接眼レンズは色収差の少ないシャープな見え味です。改造して46倍で見ても双眼鏡レンズを流用した他社キットに比べずっとシャープな像で観察できます。
お買い上げは、ここをCLICK!!
弊社画像掲示板は、ここをCLICK!!

事務机や事務椅子片方届きました。


少しずつ準備が進む成瀬のオフィスです。11月から今まで川越に拠点を構えていたロジスティック(物流)部門が成瀬に移ってきます。店舗の準備はロジ部の機能移転が終わってからです。開放的なオフィスにする予定です。光学機器はホコリを嫌います。ダイソンの高性能掃除機も届きました。この掃除機は排気が一般的な部屋の空気より150倍も綺麗というイギリスの掃除機です。空気清浄機も強力なものを投入予定です。仕事の合間に着々と準備を進めています。

事務所兼店舗着々準備中


準備中にもかかわらず、さっそく訪れてくださる方が増えています。
見学は随時受付中ですが、前もって連絡を頂けると幸いです(買い出し等で事務所に誰もいない時がありますので)。

最寄り駅はJR横浜線成瀬駅の南口です。
改札を出て右に進んで頂き、エレベーターに乗ってください。
エレベーターから10歩程左手へ歩くと、横浜信用金庫の入っているビルがあります。
そのビルの4階奥になります。
成瀬駅は、町田駅から一駅です。JR横浜線・東急田園都市線の長津田駅からも一駅です。


写真は、昨日夕方の準備作業の様子です。作業机が届きました。来週は事務机など搬入予定です。

冬の星空マップが完成しました。


さて、朝方になると一足早く冬の星座が夜空をかざっています。冬の星空マップを制作しましたので、皆さんプリントアウトしてお使いくださいね。クリックすると超拡大画像がでますのでそれをプリントすると綺麗にプリントできます。商用での利用は厳禁です。学校でのご使用や個人で楽しんで頂くのは全く問題ありません。
右下に日時が入っていますが、例えば10月15日にこの星図と同じ星空を見ようとすると、午前4時30分に起きなければなりません。
冬の星空はご覧のとおり、散開星団が沢山あり、そのうちいくつかは都会の空でも望遠鏡や双眼鏡で大変良く見えます。星空の楽しみ方の基本は、まず星座と星の名前をいくつか覚えて、基本的な星の並びを覚えたら、双眼鏡や望遠鏡で詳しく観察してみると良いですね。

秋から冬は天体観測に最適な季節です。楽しんでくださいね。

プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR