新型インフルエンザ国内発生に対する弊社からのお知らせ



新型インフルエンザ国内発生に対する弊社の対応のお知らせ


平素より弊社をご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。 さて標記につきまして、メキシコにおける新型インフルエンザ(H1N1亜型由来豚インフルエンザ)発生と関西方面での感染拡大状況を考えますと、さらに拡大の傾向にあると予想され、国内に置いて感染拡大が沈静化される見込みが無い為、厚生労働省のガイドラインに準拠し、下記の対応をすることになりました。

厚生労働省の通達では、現在「国内感染早期」との判断ですが、弊社での情報収集から判断すると、
第三段階「感染拡大期」に入っていると判断いたしました。

理由は、国の第三段階への判断基準である「発生患者の接触歴が疫学調査で追えない」状況にあると判断した次第です。

第三段階の感染拡大期における国の示すガイドラインは下記の通りです。

都道府県等又は業界団体等に対し、住民や関係者に対して次の要請を行うよ
う依頼し、又は直接要請を行う。
􀂾 住民に対し、可能な限り外出を控えるよう要請する。(厚生労働省)
􀂾 集会主催者、興行施設等の運営者に対し、活動を自粛するよう要請する。
(厚生労働省)
􀂾 学校、通所施設等の設置者に対し、臨時休業及び入学試験の延期等を行
うよう要請する。(文部科学省、厚生労働省)
􀂾 住民、事業所、福祉施設等に対し、マスクの着用、うがい・手洗いを強
く勧奨する。また、事業所に対し、新型インフルエンザ様症状の認めら
れた従業員の出勤停止・受診の勧奨を要請する。(厚生労働省)
􀂾 事業者に対し、不要不急の業務を縮小するよう要請する。(関係省庁)
􀂾 公共交通機関等に対し、利用者へのマスク着用の励行の呼びかけなど適
切な感染防止対策を講ずるよう要請する。(国土交通省、厚生労働省)

今回の新型インフルエンザ(H1N1亜型由来豚インフルエンザ)に関しては、弱毒性であり、上記のガイドラインは強毒性インフルエンザの蔓延も見据えたガイドラインなので過剰な部分もありますが、弊社としては、今後もガイドラインを基本的には遵守した対応を進めて参る所存です。

また、現段階にどのフェーズにあるかの判断は、弊社の基準と判断により行い、国の通達よりも先んじた対応を採る場合もありますのでその点ご留意下さい。



今までの経緯
4月24日夜、メキシコで新型インフルエンザが発生しているとの最初のニュースが流れる。
4月25日、N95マスクとサージカルマスク、消毒液などを準備
5月7日 出張時に公共交通機関(電車・バス)を利用せず、車で出張するように指示
5月10日 従業員の手洗い励行
5月16日 通勤時従業員のサージカルマスクの着用を指示(電車通勤とバス通勤に関してはN95マスクの着用)
5月17日 乙女高原観望会の中止決定
5月17日 関西方面の出張は急用を除き避ける
5月17日 来店のお客様に、手洗いと靴裏の消毒のお願いを店頭に掲示

今後、関東地区での感染拡大が顕著になった段階で、社内でのサージカルマスクの着用を指示。
第三段階の「蔓延期」の通達が厚生労働省から出た段階で、事前連絡なしの来店を避けて頂くようにウエブサイトと店頭にてお願いをする予定です。(家庭内に乳幼児がいる従業員への感染対策です。)

また弊社へ入荷する荷物や出荷する荷物に関しましては、必要に応じて消毒などの対策もして参ります。

今後、国内での感染拡大が起きても、弊社としましては、電話でのご質問や相談、ネットや電話でのご注文には、今までと全く変わりないサービスを提供していく所存です。

感染拡大にともないご不便を出来るだけお掛けしないよう、またお客様の安全と健康を第一に考えたサービス提供を心がけて参りますので、何卒ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

平成21年5月17日
㈱スターライト・コーポレーション 代表取締役社長 大沼 崇

***************************************************************************************
(株)スターライト・コーポレーションはチームマイナス6%に参加しております。
[http://www.team-6.jp/ チームマイナス6%はこちらです]
チーム・マイナス6%は、地球温暖化の一因とされる温室効果ガスを抑制するための日本政府が主導するプロジェクトです。
***************************************************************************************
(株)スターライト・コーポレーションは月探査機かぐや(SELENE)の打上げ及び運用を応援しています。

[http://aerospacebiz.jaxa.jp/kaguya/ 月探査機かぐや応援企業一覧]
[http://www.jaxa.jp/countdown/f13/index_j.html かぐや打上げ特設サイト]
[http://www.selene.jaxa.jp/index_j.htm かぐや(SELENE)プロジェクトサイト]


****************************************************************************************
弊社運営サイト
[http://scopetown.jp/ スコープタウン.jp 本店 初心者用望遠鏡ショップ]
[http://www.astrodea.com/ アストロデア.com]シチズン・アストロデア天体時計直販サイト
[http://www.scopetown.co.jp/ スコープタウン.jp 3号店パーツショップ]

スポンサーサイト



弊社の今期の目標について

弊社の現在までの流れ

2005年3月10に、大沼 崇の個人事業としてはじまったスターライト・コーポレーションは、2007年7月19日に株式会社として登記をし、天文時計販売事業と天体望遠鏡の販売事業を二本の柱として、ネット通販と店舗販売、更には一部商品の卸を行って参りました。またビクセンの季刊科学情報誌「SO-TEN-KEN」の天文情報ページの執筆と図版作成などもしております。
2006会計年度( 2006年 7 月~ 2007年5月)は、おかげさまで黒字決算となり、当初の売上げ目標をほぼ達成するにいたりました。
2006年7月代表取締役社長として大沼崇、専務取締役として中村亮の2名で発足、その後10月に町田市成瀬に事務所を開設。社員を一人採用3人体制となりました。翌2007年5月に更に社員を一人増員し現在4人体制となっております。

2007上半期になにをするか。(望遠鏡事業について)
2006年5月から立ち上げたパーツショップの取扱商品の拡大と5000円代から15000円程度までのトイグレードスコープに高品質な天体望遠鏡を投入します。現在この市場は、ほぼ100%が中国製の粗悪品で占められており、弊社としては、この市場に高品質な「よく見える」望遠鏡を投入することにより、天文趣味人口の拡大を狙っています。

現在、数千円から2万円までの価格帯のエントリースコープ市場は、荒廃を極めています。初心者が最初に手にする天体望遠鏡は、ほとんどが機能不全の粗悪品であり、他の趣味分野と比較しても異常な状態にあります。見えない、動かない望遠鏡が大手を振って売られている現状はを変えるべく、弊社は努力を続けて参りたいと考えています。

 他の趣味分野、たとえば「釣り」に置いても、最初に手にする釣り道具は、ホームセンターなどが多いようですが、魚を釣り上げたとたんに壊れる竿やリールが売られているような事はありえませんが、入門用の天体望遠鏡では、そうした機能不全の粗悪品が大量に乱売されています。そうした望遠鏡を最初に手にした入門者がその後も趣味として星を見る可能性は限りなく低いものと考えます。ホームセンターで売られている、USBカメラ付きの売価17800円の6センチ天体望遠鏡を試用しましたが、私が使用しても架台に致命的な欠陥を抱え、視野内に土星を導入するのに15分もかかり、また光学系の精度が劣悪で土星もまともに見えない天体望遠鏡が売られている状況に大きな憂慮を覚えます。

まずこの状況を少しでも好転させるべく弊社としては最大限の努力をすることをお約束します。

また、弊社としては、弊社のような小さな組織で、また私たちのような若輩者の力だけでは、上記のような状況を改善出来るとは考えていません。天文分野で長年活躍されている皆様のご協力が不可欠と考えております。

どうか皆様のお力やお知恵を貸して頂けるようよろしくお願い申し上げます。

現在試作を進めている入門機3機種

MODEL A

口径50mmF600mmから800mm 倍率は30倍から80倍まで、経緯台、微動なし。三脚付き 対物レンズは日本製分離式アクロマートレンズ(一面コート)、接眼レンズは日本製もしくは品質の良い中国製、鏡筒外国製、最終的な組立調整や内部の艶消しは日本でおこなっています。

現在、試作品があがっていますが、口径なりの解像度は達成しており、木星の表面模様の変化もとらえられる性能を発揮しています。また鏡筒内部の艶消し処理や適切な場所に絞り環を付けた事により、月面などを視野内に入れた場合も極めてしまりの良い視野が得られています。
星の手帖社の「組立天体望遠鏡」の次のステップとして考えています。

予定価格 6480円

MODEL B
口径60mmFL600mmからFL900mm 上下部分微動付きフォーク型経緯台。水平微動はなし。対物レンズは日本製分離式アクロマート(一面コート)30倍から100倍程度、MODEL Aと同じく接眼レンズは日本製もしくは品質の良い中国製、鏡筒外国製、最終的な組立調整や内部の艶消しは日本でおこなう予定です。
カッシーニの空隙が確認出来るレベルの光学系を目指しています。
予定価格 1万5000円

MODEL B DX

口径60mm FL900mm 上下部分微動水平部前周微動付きフォーク型経緯台。水平微動はなし。対物レンズは日本製分離式アクロマート(一面コート)45倍から150 倍程度、MODEL Aと同じく接眼レンズは日本製もしくは品質の良い中国製、鏡筒外国製、最終的な組立調整や内部の艶消しは日本でおこなう予定です。
カッシーニの空隙が確認出来るレベルの光学系を目指しています。 

予定価格 2万円以下

プロフィール

solunarneo

Author:solunarneo
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR